スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第89話「ネットの海に釣り針を垂らす事」

こんにちは。ルイナです。

今回のタイトルは「ニュースサイトを釣り上げろ!」か「メンターム?いいえ、メントールです」
にしようかどうか迷いましたが、結局こんなタイトルになりました。
実は以前にもほぼ同じタイトルを使ったのですが、
内容的にもちょうどいいかと思い再利用してみました。



とまあ、そんなどーでもいい話はここまでにして…



第85話にて巷で大人気の「はてブ」に採り上げられるための方法を考えてみたのですが、
その結果が「個人ニュースサイトに採り上げられる」に行き着いてしまいました。
第85話ではそこで話を終えてしまいまして、
「それじゃ不十分だろヴォケ!」「わっふるわっふる」という2種類の天のお告げが
高らかに響いてきた(ような気がした)のです。

というわけで、個人ニュースサイトに採り上げられる方法を考えてみることにあいなりました。

※一応言っておきますが、やれと言われたからやった的なネガティブな考えではないですよ。
  ネタ提供トンクス的な考えです。



まずは個人ニュースサイトがどこから記事を調達してくるか考えてみましょうか。

私の雑感では、個人ニュースサイトの中の人は「はてブ」が好きな人が多いような気がしますので、
「はてブ」されやすい記事を書くことが掲載の近道になるでしょう!

…ってアホか!!!ループしとるわ!!!



というわけで別の視点から。てゆーかここからが本番です。



とりあえずは、個人ニュースサイトがどんな記事を採り上げているか、です。

一番多いと思われるマンガやゲーム、2chなどサブカル系の記事を採り上げるところ、
サイト論などの議論・考察系の記事が多いところ、
時事ニュースを自分なりの視点から掲載するところ、
はたまた面白ければジャンル問わずに採用するところ…

上で挙げたタイプはごく一部で、まだまだたくさんタイプはあります。
ひとくちに個人ニュースサイトといってもいろいろタイプがあるのです。


というわけで、まずは個人ニュースサイトがどんな記事を掲載しているか、
どんな記事が好みなのかを見極めましょう。

見極めるのはそんなに難しいことではないと思います。
半年ROMれとはよく言われますが、そこまでしなくても傾向くらいは掴めます。
だって毎回毎回更新するたびに「おれはこんなネタが大好きだー!」って
叫んでいるようなものですから。1~2週間ほど観察していればだいたい掴めるでしょう。
ついでにあまり採り上げない、苦手なネタもわかると思います。

まあもちろん半年もROMってれば好みとかタイプとかほぼ把握できるでしょうし、
その半年の間記事を書いていればそれだけ文章スキルも伸びますが、
そこまで時間をかけて観察しててもしょうがないような気がします。

そして、自分のサイト・ブログの記事のタイプを考えて、
タイプが合致する個人ニュースサイトをターゲットにしましょう。



次に、記事の質です。

これは言わば確率論です。
良い記事ほど採り上げられやすく、出来が悪いと採り上げられにくいということです。
いろんなサイト・ブログ論に出てくる「良い記事を書け」というのは、
「良い記事ほど注目される可能性が高くなる」ということなんですよ。

だから、採り上げてほしいのなら出来の良い記事を書こうね!という流れになるのです。


え?良い記事の書き方教えれ?そんなん私が知りたいわ!

…まあ私のことはともかくとして、良い記事・良い文章を書きたいなら
長い期間、たくさん書くことです。量をこなすのです。
ブログ始めてあまり期間が経ってないのに良い文章を書ける人もおりますが、
そんな人はブログやる前からそれなりに文章書いてたとか、本を読むのが好きだったとか、
そういった下地があるからだと思ってます。

スポーツとか勉強などと一緒です。一朝一夕で身につくものじゃないと思ってます。
上手くなりたいのなら、練習あるのみです。
まあ上記の観察うんぬんではそこまで時間かけなくてもみたいなこと言いましたが、
そこらへんは折り合いのつけ方ですよ。



ところが、ただ記事を書いてるだけでは反応は薄いのです。
そりゃそうです。認知されてなければ採り上げようがないですから。

というわけで、知ってもらうためにも努力しないといけません。
知ってもらうためにはどうするか?

トラックバックやコメントを付けるとか、アクセス解析などで足跡つけるとか…

これも様々な方法があるかと思いますが、
要は何らかの方法で「自分のブログの痕跡(存在証明)を残す」ことです。
もちろん痕跡残しは1回だけじゃなくて、何回も繰り返しましょう。
やりすぎると鬱陶しくなっちゃいますが。まあそうならない程度に。

そして、個人ニュースサイト管理人に自分のサイトを覗きに来させるのです。
そこで趣味・嗜好が合えば印象に残るでしょう。



後は、個人ニュースサイトのめがねに叶って記事を紹介してくれることを期待しましょう!



言ってみれば、個人ニュースサイトの中の人も「読者の1人」なのです。
読者の視点に立って…というプロファイリングは個人ニュースサイトにも当然通用します。
むしろわかりやすい方だと思いますよ。
個人ニュースサイト管理人は、自分の好みを目にわかるように
発表してくれている読者だと考えればいいのです。

常連さんにしてしまえばしめたものです。
採り上げられる可能性はグンと上昇するでしょう。



たとえるならば、ブロガーは釣り人で、ニュースサイトは魚。

釣り人といっても、釣り糸を垂らして後はのんびりまったりと過ごす人もいるでしょう。
また、魚を釣り上げることを目的にする人もいるでしょう。


魚たる個人ニュースサイトを釣り上げようとするならば、

まず、魚がどんなエサを好むか調べましょう。
次に、おいしいエサを釣り針につけましょう。
そして、魚にエサ(針)を喰わせるように誘導しましょう。

後は釣り上げる技術、すなわち、努力しだいです。



…と、こんな努力をぜんぜんしていないわたくしルイナさんの駄文でした。お目汚し失礼。
たとえ話が蛇足のような気がしてしょうがない。

ニュースサイトの気持ちはニュースサイトをやればなんとなくわかるというのは
そのとおりで、実際なんとなくわかるのですが、
それを文章にアウトプットすることの難しさったらないですねホント。





次回予告ッ!
春の訪れを今か今かと待ち構える寒がりな管理人。
しかし春の蠢動は管理人の恐怖体験を思い起こさせるに十分だった!!!
次回、「Trauma!」だ!管理人の身の毛もよだつ体験が今明かされる…のか!!?

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ニュースサイトはマグロだ!

先に言っておきますが、性的な意味ではないです。 回遊魚的な意味です。断じて。 ◆ネットの海に釣り針を垂らす事 (るいんずめもりぃさん)言ってみれば、個人ニュースサイトの中の人も「読者の1人」なのです。 読者の視点に立って…というプロファイリングは個人ニュース...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。