スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第933話「Twitterを十分に楽しめる人」

Twitterを存分に楽しめる人…その条件は「孤独なヒト」だッ!!!



…さて、とんでもない結論(暴論?)から始まりました今回のルインズメモリィ。
本日のネタは言わずもがな、最近メディアでも取り上げられることが多くなったような気が
しないでもない「Twitter」についてでございます

それにしても、リアル生活範囲でついったーやってる人間って見たことないんだけどな…
アレか?隠れユーザーか?まあ確かに私も言いふらしてないから隠れですけれども。

まあそれはともかく、ツールなんてもんは合う合わないってのがありますので、
どっぷりハマってそれこそ24時間待機してるんじゃないかと思えるほどに
発言しまくるような人もいれば、ロム専で発言数は少なめの人とか、
やっぱ性に合わないってな感じで去っていく人もいますね。

ちなみに私はあまり発言しませんが他の人の発言を見るのが好きなロム専タイプですね。
…とはいうものの関西アニメ実況がやたらと多くなってきてるんですけど。
まあそんなこんなでそれなりに使っていて、それなりに楽しんでますね。


話は変わって、サイト・ブログでついったーについて語った記事がいろいろとありますね。
「おすすめするアカウント」とか「ミニブログ的な使い方うんぬん」とか、
まあいろいろあります。ググればそれこそズラっと出てくるでしょう。

で、私もついったーについて思うところがあって、
それが今回の記事の冒頭の暴投…ゴホン、冒頭の結論なんですよ。

あの結論の、想起の部分に当たるのが、
「こんな人はついったーをやってみたらいいんじゃないかな?」というところなのですよ。

で、「孤独なヒト」とかゆうてかなり失礼な言い方をしてますが、
要するに「一人暮らし」をしているような人に対して、
ついったーはオススメなんじゃないのかなーと思うのですよ。

一人暮らしの人って、家に帰ったら基本的にひとりなわけじゃないですか。
食事したりテレビ見たりするのもひとりでやるわけで、会話というものがないわけです。
ひとりで会話してたらオカルトの疑いアリですよ。

そこでついったーの出番ですよ。
ある程度フォローしたりされたりが必要ですが、なんやかんやで同じような行動をとっている人
(同じテレビ番組見てたりとか)って結構いるのですね。
そんな人達と、一緒に楽しむことができるわけですよ。
そうじゃなくても、適当につぶやいていたら返信したりRTしたりして
話がつながることもあったりで、独りではなかなか味わえないような感覚があるわけです。

例えるなら、公園の広場に人が集まっているようなものですかね。
何か興味がそそられることがあったらそこにカラミに行ってもいいし、
そうでなくても周りではワイワイガヤガヤしててそれなりに賑わっているみたいな感じですか。


そんなこんなで、1日にひとりで過ごす時間が結構あるような人は
ついったーを使ってみたらどうでしょうか?というだけのエントリーでしたとさ。




次回予告ッ!
なんかわかったようなわからんような事をつらつらと並べ立てただけの管理人!
言葉の美しさなどもはや微塵も感じられないのであった!!!
次回、「セブンティーン・パリンドローム」! るいんずめもりぃといえば…

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。