スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第921話「スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LOAD OF ELEMENTAL クリア!」

ええーい寄るな寄るな、寄らば斬る! …というわけで本日のテンションは3倍のルイナです。

ついにクリアしたぞー!!!
ってことで、軽い感想を書いてみました。
レビューなんて大層なものではありませんので、話半分にテキトーに見ると気が楽かも。
てゆーか真剣に吟味された日には涙目。
多分にネタバレを含んでおりますので、追記にて。


追記が本編である関係上、次回予告をこの時点で行います。
それでは、またお会いいたしましょう。




次回予告ッ!
ようやく落ち着いてきたが、余韻はまだ高い管理人!
調子にのって饒舌になっていたら使ってはいけない言葉まで使ってしまうのであった!
次回、「レギュレイト・ワード・ワールド」! 触れさせないことは正義なのか。




…というわけで、なんかここのところスパロボの感想ばかり書いている気がしますが、
本日は「スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LOAD OF ELEMENTAL」の感想です。
新作「L」の発表に合わせてやったトカそうでないトカ…

…以下、全部「スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神 THE LOAD OF ELEMENTAL」で
行こうかと思いましたが、実際にやってみるとうっとうしいことこの上なかったので、
以下では「魔装機神」と略します。


「OG」のシリーズとして、「OG3」が出るよりも先駆けて登場したこの作品。
元々はスーファミのリメイクで、どっちかって言うと「コンプリートボックスシリーズ」と
関わりが深い作品なのですが、リメイクにあたり「スーパーロボット大戦OGサーガ」という
冠名がつけられ、正式に「OG」と繋がりのある作品になりました。

ちなみに私はオリジナル版が出た当時はスパロボのスの字も知らなかったので、
当然プレイしておらず、今回のリメイクはなかなか楽しみでしたね。


ストーリーとしては「第2次スパロボ(OG1)」よりも前の時系列を描く第1部と、
「スパロボEX」の後の時系列の話である第2部に分かれた構成となっています。

ここで問題なのは、「OG」は現時点で「OG2.5」までしか話が進んでおらず、
「OG2.5」はコンプリートボックスシリーズで言うところの
「第3次スパロボ」のラストまでを描いているに留まっているので、
今作「魔装機神」は「OG」シリーズとしては「OG2.5」と「魔装機神第2部」との間に
空白の期間(「EX」の話が「OG」で再現されていない)が出来てしまっています。

まあ今作が発表された時点で「どーなんの?」と懸念された部分ですし、
実際、「EX」の話は過去の回想という形で補完していますが、
やはりどうにもブツ切り感が否めない構成になっています。

リューネやミオは突然出てきて既に仲間になってるし、
第1部で出てきたキャラが第2部では既に退場してたりするし、
なんかこう、ぽっかりと穴が開いたような展開だと感じましたね。

さらに言えば、どうもこの作品はこれで完結というわけではなさそうで、
いくつか謎が残されたまま終わってますので(例えばサイバスターのポゼッションとか)、
この作品単体で見るとものすごい不完全な感じのするストーリーだったと思いました。
ラスボスも、ゲームの締めとしてはちょっと弱いといいますか、
「こいつがラスボス!」という感じはしてこなかったですし。


また、今作は非常に分岐が多いです。
いつものスパロボのような「ここで分岐がある」という感じではなく、
ゆうに半分以上のステージに、マップ上の行動による変化があって、
非常に細かく分岐が設定されています。さすがに全部は見きれませんでしたね。多すぎて。
また、第2部ではストーリーが大きく3つに分岐しますので、
すなわちラスボスが3パターンあるということになります。

シナリオ自体は簡潔に済ましているので、非常にテンポよく進みます。
マップ上の敵ユニットの数も、いつものスパロボに比べると段違いに少ないですので、
もうほんとにサクサク進みますね。詰まりそうなところもそんなにないし。
周回プレイの特典の資金で改造して進めたら、第1部なんて1日あれば終わりますよ。

…まあ敵が少ないということは、それだけ仲間のレベルを上げる機会が
少ないということにもなりますけど。


システムとしては、昔のスパロボにあったような仕様が採用されてて、
昔のスパロボを知ってる身としては密かなニヤニヤポイントだったりしますね。
例えば精神コマンド「幸運」が資金と経験値の両方を2倍にする仕様だったり、
マップクリア時の残り精神ポイントの2倍が経験値として還元されたりといった、
今のスパロボでは見られなくなった要素が点在しています。

操作性は巷でも挙げられることが多かったですが、かなりレスポンスがもっさりしています。
まあ昔のゲームに比べたらマシな部類だとは思いますが、
「スパロボW」や「スパロボK」の操作性が良くて反応もバツグンだったこともあって、
その反動からか、かなり反応がニブいと感じられてしまいましたね。


また、いつものスパロボにはない要素として、「ユニットの向き」と「ユニットの高低差」、
そして「ユニットの属性」、「ゾーンオブエフェクト」が採用されています。

…まあ、スパロボという観点からするとこれらは他の作品では見られない要素として
新鮮味があるともいえますが、シミュレーションRPGとして考えると、
ほとんどのSRPGに搭載されている要素でもありますので、
そう考えると別段新鮮味は感じられないかなといったところですね。



こんなところでしょうか。

というわけで、私の個人的ランクは「B+」です。

なんというか、実際にプレイしてみての正直な感想は、
「ふつうのシミュレーションRPGだったなー」という感じですね。
まあそうは言っても十分楽しめる出来にはなっています。

…十分楽しめるんですが…でもやっぱり、誰がターゲットかと言われると、
「コンプリートボックスシリーズを通してプレイしたスパロボ歴の長い人」かなぁ…
少なくとも「EX」はフォローしておかないと…って感じですかね。

そういう意味では、「スーパーロボット大戦OGサーガ」でありながら、
「OG」からスパロボに入った人にはオススメしにくい作品になっている
という、
かなり本末転倒な感じになってしまっていますね…

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。