スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第85話「ワッフルするヒト手の鳴るほうへ」

こんにちはルイナです。

今日はこんなネタでお茶を濁したいと思います。

はてブで取り上げられるにはどうすればいいのか誰か教えてください 「代々木blog」

以下、はてなについてほとんど理解の無い私が語ってみる。



他にも同じようなシステムはあるのにもかかわらず、
「はてなブックマーク」(以下はてブ)は巷で凄い人気を誇ります。
今やはてブされることは人気記事への登竜門みたいになっていますね。



さて、はてブされるにはどうしたらいいのか?

まあとりあえずはてなを使いましょう。だって「はてなブックマーク」だもん。
そりゃはてな使ってる人がはてブされやすいでしょう。
「はてなブックマークする」ボタンでポチッとやれるのも大きいです。お手軽感に勝るものなし!
(まあボタンに関しては設定しだいでどうとでもなる)

…って、そんなことはわかりきってるか。



それでは、どんな記事がはてブされやすいのか?

私が思うのは、「興味を惹く記事」だと思うのです。
ここで、興味を惹く記事とは必ずしも「面白い・いい記事」ではないと考えています。
なぜなら、どんなにいい記事を書いたところで、
そのネタに興味が無ければスルーするのみです。ブックマークしないでしょう。
例えばIT系の凄い、ためになる素晴らしい記事を書いたとしても、
ITに興味の無い人からすると「どーでもいい」話なのです。

逆に言えば、たいしたことない(失礼)記事であっても、ある程度の興味を惹けば、
とりあえずはてブしとこかーみたいなカンジでブックマークされるでしょう。
所詮、ブックマークなんて数回ボタン押すだけです。(コメント付けるとなるとアレですが)
ITに興味を持っている人ならば、IT系の記事であればそれなりのクオリティでも
はてブするのではないかと思います。
「いい記事・凄い記事」を書くことは絶対条件ではないと思っています。
まあ、いい記事を書くに越したことはありませんけども。
いい記事であればあるほどはてブされる可能性は上がるでしょう。ここはもう確率論です。

どうすればいい記事が書けるのかといわれても、「ガンガレ」としか言いようが無いです。
とりあえず書いてみないと始まらないとは思ってますが。

注目エントリーの流れを見て、どんなカテゴリーの記事がはてブされやすいかを
考えてみるのもいいかもしれませんね。



ところで、例えいい記事を書いたとしても、
なかなかはてブされないよーという声はよく耳にするところです。
特にはてな以外のブログサービスを使っている人にこの傾向があるように思えます。
だからさっきからはてなを使えと(ry

はてブされるには、いい記事を書くだけではまだ足りないのです。
はてブされるように仕向けることが重要になってくるのです。

では、その方法は?

「はてなをつか…もういいかコレは。


「(超)人気エントリーにトラックバックを送る」

ホットな話題に乗っかりましょう。てか目に留まらないと始まりません。
ただしぜんぜん関係ないところに送ってはいけませんよ。

…って、当たり前すぎることを言ってしまったので、ここは他の方法をば。


「(個人)ニュースサイトに取り挙げられる」

なんていうのはどうでしょうか?

ニュースサイトに取り挙げられると、ある程度のアクセス(人)が流れてきます。
そこで「これはいい記事だ」と思わせることができれば、
結構ブックマークされるのではないかと思います。
3つはてブを得ることができれば晴れて注目エントリーに名を連ねます。
そしてはてブ中心に活動されてる人の目に留まり、さらにはてブされてゆく。
こうしてゆくゆくは人気記事の仲間入り!…みたいな流れにもなるのではないでしょうか。

…まあ、こう書くと「どーやったらニュースサイトに取り挙げてもらえるのか」という話になって、
議論がループしてしまいますが。



なんだか薄っぺらいですが、

   ・興味を惹かれる記事を書きましょう。デキの良さは(たぶん)2番目!

   ・どんな記事が興味を持たれているか考えてみよう。

   ・誰かの目に留まらないと始まりません!

ということではないでしょうか。あ、あと、

   ・たぶん「はてなダイアリー」が便利。っていうか有利。

これも。




…てなカンジで、はてブされることに頓着の無い私が語ってみましたが、
一般論もしくは平々凡々な内容にしかならなかった!

結局、道を示すことなどぜんぜんできなかった門外漢ルイナでした。


まあでも、自分の好きなようにやるのが一番楽しいと思いますよ。
はてブに取り挙げられることがすべてじゃないんですよ。




以下、私の数段上をゆかれる皆様の関連記事です。

はてブされるにはどうしたら良いだろうか。 「304 Not Modified」
「まなめはうす」様も参照)
だれだよわっふるわっふる言ったやつは!あの御方のお手を煩わせるとは!!!

…失礼しました。
はてブする人の側にたって、その考えをプロファイリングすると、
どういった記事がはてブされやすいのかわかるかもしれませんね。
あと、上記でもループしてしまってそこで思ったのですが、
結局ニュースサイト論と同じことなんですよね。選ぶ人が1人か大勢かの差だけで。

でもやっぱりいい記事書かはるなあ…やっぱりまなめはうすサ(ry
関連(というか続き):
ニュースサイトの財産 「304 Not Modified」
微妙に今回のネタと趣旨はズレますが、ワッフルとかサイコーとか言いよったモンがおるから!

…えと、ほんとすみません。
誰だって人に言えないヒミツを持っているものです。
そこに個性が凝縮されているといっても過言ではないと思います。
ちなみに、私にニュースサイトとしての切り札はありません。そこまでレベル高くない…


はてブで取り上げられる為に、はてブタグのrssを使って情報収集をしよう 「煩悩是道場」
どんな内容の記事がはてブされているのか調べるひとつの方法ですね。
いろいろなキーワードで調べてみると、どんなカテゴリーが好まれるかもわかると思います。
はてブの流れを掴むのにもいいですよね。


はてなブックマークに取り上げてもらう3つの方法
「北の大地から送る物欲日記」
自分で自分の記事をブックマークするという手もあるのですね。
第3者から見てもいい記事だと思えるような出来でないと
なかなか使いにくいワザであるとも思いますが、
もしそれくらい自信がある記事が書けたら、使ってみるのもいいかもしれませんね。


はてブされたら良いなぁとは思うけれどそれを意図した文章は書きたくない
「明日は明日の風が吹く」
私もこちらの考えと同じです。ていうか今まで(今でも)ほとんど意識したこと無いですね。
まあ人それぞれであるとも思っていますが、
私としてはそれを目的にブログやってるわけではないですから。
上でも書きましたが、自分の好きなようにやるのが一番楽しいと思っています。


「ブログのネタ」は考えない 「エッセイ的な何か」
私は、ブログは「がんばってやるもの」じゃないと思ってます。
別にがんばってやることを否定したりは決してしませんし、
そうでなかったら今回の記事だって書きませんよ。
でも、私としてはブログなんて気の赴くまま、自然な感じでやっていく方が
肩の力が抜けていいんじゃないかと思いますよ。

というわけで、私も「ブログのネタ」を探したりは今のところしてないです。
ニュースサイトで記事を掲載してますけど、
あくまで巡回してるときに私が面白いと思った記事を載せているんであって、
ニュースサイトのネタを探して巡回しているわけではないんですよ。


「はてブ」にブックマークされるためには(まとめ) 「大人のためのブログ入門」
…というわけで、まとめです。
煎じ詰めればまとまることには私も気づいてましたが…書いてしまった。



…ところで…

今回の記事タイトル…内容とぜんっぜん関係ないな…





次回予告ッ!
既に語り尽くされていることを劣化して垂れ流しただけの管理人。
結局自分にはカンケーないからとか言ってそのへんをブラブラしていたそのとき、
新たなる戦いの戦鐘(ゴング)が鳴らされたのだった!!!
次回、「ツンデレ VS ドジッ娘 VS 妹」開戦ッ!!!

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。