スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第865話「就活をこなすための3つの方法」

どうも、テキトーにしかやってこれなかったルイナです。

え?いつもテキトーじゃないかって?いやまあそうなんだけども。
マジメにやるべきところではちゃんとやらんとあかんけど、そこでもちゃんとやれなかったり。

…と、テキトーな前説はここまでで本題。

就活でやることなんて、たったの3つしかない 「一詩人の最初の歌」

就活についてのエントリー。
就活において、実際にやるべき事を3つに絞って語った記事です。

以下ではここで書かれている3つについて、私の感覚も交えて書き連ねるとします。
私もなかなかに要領の良い方ではなかったため、失敗談としてみるのが吉でしょう。





・手段を探す前に目的を明確化すべき

就活の目的と聞くと、目先には内定をゲットすることになりますが、
内定さえ取れればいいのかというと必ずしもそういうわけではありません。
ひとつ次元を上げると、「自分は何がしたいのか?」ってことになりますね。

ちなみに私の場合、特にコレがやりたいんだ!というモノが無かった
(それこそ生まれてこの方感じたことがほとんど無い)ために、非常に苦労しました。
そんなんだから社会不適合者なんだよな…

私のようにやりたい事がほとんど無い、一歩間違えたらニートまっしぐらな人間というのは
たくさんいるようで実のところそんなに多くなく、何かしらやりたい事ってあるものです。
そういうモノを、就活情報誌やサイト、2ちゃん(※これは諸刃の剣)を漁りまくって
方向性を決めてかかる方が良いのではないかと。

まあ今はかなりの氷河な時代ですので、兎にも角にも内定を得ないと路頭に迷う事にも
なっちゃいますので、そうはいってもなかなか…ってなものでもありますが。


・自己分析なんてするヒマがあったらブログを書いたらいい

私が就活において最も苦しめられたのがコレ。
分析すればするほど自分がダメ人間であることがどんどん浮き彫りにされてしまい、
もはやどないもこないもしようがないみたいなことに陥りましたよ。

で、自らの強みを考えても、良く言えばオールマイティー、悪く言えば中途半端な
能力しか無かったため、世の中で求められる「個性」というものに欠けまくっていて、
どう考えても社会にとって需要のない人間だなぁと何度やっても分析されたのでした。

まあそんな私のダメ人間っぷりをカミングアウトしまくってもしょうがないわけですが、
自己分析はそれなりに必要ですが、どんどん説明会とか受けまくった方が良いと思いますね。
自分のことなんて深く分析せんでもだいたい分かるものですし。


・面接官とは対等に

自己分析もさることながら、面接も相当に苦手なわたくしルイナさん。
そもそもトーク自体が苦手なものですから、わかることを質問されても
しどろもどろになってしまうのが歯がゆくてしょうがなかった思い出が。
まあそれは今でもですが。

まあ私のダメ人間(ry これもまあ場数だと思います。
はじめての面接はド緊張して目も当てられない状態になりましたし。
そんな私でも何度かやってくると慣れてきましたし。

「対等に」っつっても、人事のヒトなんてたいがい妙齢のオッチャンであることが多いし、
なかなか同格に思うのは難しいところではあります。
しかし、その場限りの関係でもありますので、ぶっちゃけた話若干失礼な感じになっても
問題なかったりします。通るときは通るし、落ちるときは落ちる。

相手をダイコンだと思えばいいんですよ。…ってそれは舞台に上がった役者の話か。





以上、こんな時期に書いても後出し極まりないエントリーでした。
なんか自分がいかにダメ人間であるかを発言してただけのような気が…



次回予告ッ!
ワールドカップを見ながら更新するとまったく集中出来ず
文章のノリが悪すぎる結果となってしまった管理人!
中途半端さはこんなところにもあらわれるのであった!!!
次回、「リダクション・スタンピード」! ちょっとだけ暴走?

テーマ : 就職活動 - ジャンル : 就職・お仕事

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。