スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9話「コラム…? いいえ、駄文です。」

皆様おはようございます。RUINAです。

昨日の更新で、30巻ルールの話について調子に乗ってコメントしていると、
なんかアホみたいに長くなってしまったので、コラムとして再編集してみました。
幼稚な発想かつ稚拙な文章極まりないですが、ここに掲載してみようと思います。



本題は漫画の長期化による雑誌の力の減衰です。

人気作は人気を継続させるために新展開や新キャラクターを登場させます。
そうして高い人気を保ったまま長続きさせようとします。
特にキャラクターは使い回しさせやすいです。話の展開もキャラの分だけ多様化できますし。
マンネリからの脱却という観点からもよく取られる手法です。

しかしその弊害として、展開がどんどん遅くなり中だるみを感じてしまうことがあります。

昨今の長編作品はこの中だるみ感が色濃く出てしまい、
人気作であっても「どうせまた話進まないんだろう」「同じことの繰り返しじゃないか」と感じ、
雑誌で読み続けることが疲れてしまうため、一気に読めるコミックスに読者が流れ、
雑誌本体の部数が伸びてこないということがあるのかもしれません。

この状況を改善するには、1話あたりの内容を濃密にすることで、雑誌上で読むことの充足感を
満たすことです。…まあ、そう簡単にはいきませんが。


ここで唐突かもしれませんが、私の考えとしましては、最近の長編漫画の中だるみ感の原因の
ひとつとして、登場キャラクターの多さにあるのではないかと感じます。敵味方含めて。

魅力あるキャラが多いことはその作品の良さだといえますが、
相対的に主人公の魅力や活躍の場が減少してしまいます。
これは私としては、よろしくないことなのではないかと考えています。
特にバトル漫画では、主人公があずかり知らないところで仲間が戦い続けるという
ストーリー展開がよく見受けられますが、これをやりすぎるとしんどいと感じます。

主人公はその漫画の主役です。代表です。看板です。中心であるべきなのです。

多くのキャラクターが登場し、彼らがみな魅力あふれるのはすばらしいことですが、
究極のところ脇役なのです。主人公を盛り立たせるために生み出され存在しているのです。
主人公の出番をまるまる食ってしまうのは本末転倒といえます。

世界観の広がりや作者の描きたいこと・やりたいこと、読者の要求など諸々の事情が
あるかとも思いますが、漫画は主人公を中心に話が展開していくものだと私は考えています。

主人公が動くと、物話自体も動きます。しかし主人公が動かずに周囲ばかりが動いても、
それは「お膳立て」にしかならないと考えます。物語の芯は動きません。

主人公が絡まないところで話が展開してゆくのであれば、できる限り無駄な描写を省いてゆく。
私の感覚のみで言いますと1~2話でカタをつけることです。続いても3話が限度。
それ以上は正直キツイ。


私は、キャラクターが多くなるのは仕方が無いとして、できる限り少しでも主人公と絡ませることが
重要ではないかと考えています。主人公がちょっとでも動く。主人公が動くとストーリーも動く。

そしてストーリーが動くということは中身が濃くなるということにつながると思います。
これが出来れば、話が停滞していることに感じる中だるみ感が薄まり、
1話ごとが面白い、すなわち先の展開が気になる漫画になると思います。

結果、無理に引き伸ばされることもなく、ちょうどいい巻数で終われるのではないかと思います。



とまあここまでいってなんですが、メリハリも大切です。
流れを抑えるべきところは抑えることも重要です。難しいですね。

私個人としましては、20~40巻がストーリー漫画における「ちょうどいい巻数」であると
思ってます。ってか広いな。
というより、ストーリー物で40巻を超えるとやはり多いなぁと感じてしまいますね。

まあ、内容が濃くて中だるみをあまり感じない、クオリティの高い漫画を
ずーーっと続けることができるのであれば、長く続いてもいいと思っています。理想ですが。



というわけでいかがだったでしょうか?勢いに任せて書きなぐったコラム(のような駄文)でした。
私は私自身の文章力と構成力の無さと内容の薄っぺらさに辟易しております。
しっかりした文章を書ける人って素晴らしい!

精進することを心に刻みつつお別れいたします。だれもみてないけど。


次回予告ッ!
記念すべき10回目の更新を迎えた管理人は、10つながりという安直な発想のもとに
巷ではやりの「今年の10大ニュース」を選出しようとするが、記憶力がすこぶる悪い管理人は
今年の出来事のほとんどが忘却の彼方にいざなわれていたのであった!
次回、「『今年の出来事について何か一言を』『記憶にございません』」だ!無いものは無いッ!!!

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。