スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第849話「ピラミッド・パワー」

どうも、神秘なるチカラの持ち主ではないルイナです。

むしろ呪われている…!?


…と、非常にどうでもいい前説はこの程度にして、本題に。

といっても、単体記事用にストックしていた記事が底を尽きかけているため、
今回はよそからの引用なしのオリジナル記事となります。


いつだったか、「ニュースサイトやテキストブログなんて知名度が全てだー!」みたいなことを
書きましたが、これって別にサイト・ブログに限ったことではなくて、
いろんな業界でも連綿として存在するものだと思うのですよ。
例を挙げると、テレビなんか見てたら特にそう感じるわけです。

テレビを見てると、俳優やら女優やら芸人やらアイドルやら、
実に様々なヒトがタレントとして出ているわけですが、
「『冠』『看板』として名前が出る人」は昔から変わってないような気がするのです。
すなわち、「頂点」に君臨している人は昔から一緒ということです。

特に、お笑い芸人なんかはまさにこの構図で。
三角形の頂上部分はまったく微動だにせず、中間地点はやや安定するも油断はできず、
下層地帯はコアなお笑い好き以外からは見向きもされず。

たまに下層部分にいる芸人が何らかの目立つ行為をもって(ギャグがウケたりとか)
中間位置まで引っ張られ注目されることもありますが、それも恒久的なものではありません。
そこで確固たる地位を築くことが出来なければ、すなわち飽きられたらすぐにポイです。

そうして、「新たな芸人」が出てきては消え、出てきては消え…
その光景は「使い捨て」と揶揄されるほどに激しい撹拌を見せています。
そして、当然の如く上位陣は脅かされるはずもなく。

新陳代謝が進んでいるように見えて、その実は代謝しているのは下層部のみ。
全体の撹拌はされず、層構造は水と油の如くしっかりと分離されているのです。


さて、この構図をサイト・ブログにも当てはめてみても、たいして変わらないのですよ。

ニュースサイトで考えると、三角形の頂点にいるサイトって、
もう全くと言っていいほど変わってないでしょう。
私がこの世界(?)に飛び込む前から全然変わってないんだし。
少なくとも3年以上は完全に上位の存在に変動はありません。
もちろん、中間の存在もほとんど変わっておらず、
ある意味では下層部分を除き完全に「住み分け」が完成された世界になっています。

で、私を含めて、ここ数年でも数多のサイト・ブログが生み出されましたが、
そのほとんどが三角形の底辺部分すら脱出出来ず、
今も地を這いつくばっているか、既に雲散霧消したのです。

たまに頂点部分から、地獄に垂れ流された蜘蛛の糸のごとく抽出されて
一瞬おもいっきり注目されることもありますが、本当に一瞬のみ。
その光景は突然ブレイクしたお笑い芸人の如くに。

で、お笑いと同じで新陳代謝と呼べるような現象は起こることなどありません。
もはや「頂点にいる人の気まぐれ」が無い限り上に登ることなど出来ないのです。

そして、気まぐれで注目されている一瞬の間に、
「下層の存在だと思ってたけど中間の存在よりも面白い、凄い」
ということを徹底的に周知させない限り、ランクアップは望めません。
まあそんなこと、普通は時間をかけて行わないと出来ないことなので、
それこそ余程のことがない限り成功することはありませんが。


結局のところ、言いたいことは「ピラミッド構造が覆ることは殆どない」ということ。
芸人やサイトに限らず、漫画雑誌とかでも似たようなものはあるのです。

忘れてはならないのは、頂点に君臨するまでには当然のように下積みやら爆発やらあって、
君臨するに値するだけのポテンシャルやセンスをいかんなく発揮してきたからです。
そこから目を離すのはなかなかどうしてアンフェアではあります。

しかし現状では、それと同等程度のポテンシャルやセンスを持っていたとしても、
「既に君臨している」という期間の差で篩い落されるのです。
となると、それをも超えるポテンシャルやセンスをもって挑まねばならないのですが、
まあそんな簡単にいくはずもありませんね。

となると、どうすれば頂点に立つことが出来るのか?

その答えは至ってシンプル。


「上位にいる存在が消滅する」


これです。これが一番手っ取り早い。
無くなればその席は空位となるので、後はそこに座るだけだから。


かつてナインティナインの岡村さんが明石家さんまさんに対して、
面と向かって「死ねばいいのに!」と言い放ったようにw




次回予告ッ!
世の中には危険がつきものであり、それに対して注意を払いつつ生活するのであるが、
いくら注意していたとしても危機に遭遇することもある。
しかし、時にはとんでもない方向から危険が訪れることもあるのであった!!!
次回、「THE CAUSE OF THE ACCIDENT」! あまりにもまさかの理由w

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。