スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第835話「CONFLICT OF TRUMP CARD」

どうも、いろんな意味で更新に手がつかないルイナです。

こんな日にテキスト更新とかきがくるってるとしか思えないですが、
予告してしまったものはしょうがない!やるしかない!



…え?予告と別モノの更新もしてるじゃないかって?
だまらっしゃい!そこは気分の問題だ!


…さて、本日のネタはこちら。

ワイルドカード的なキャラがいると物語に緊張感が生まれるよね、という話(前)
ワイルドカード的なキャラがいると物語に緊張感が生まれるよね、という話(後)
「プリン味サワー」

漫画における「ワイルドカード」なキャラクターのお話。

「ワイルドカード」とはメジャーリーグにおいてプレーオフに進める最後の1チームのことで、
各地区の2位のチームの中で最も勝率の高いチームが選ばれる…

…って、これは今回の話とは全然関係なかった!

「ワイルドカード」とはカードゲームにおいて他のカードの代用が可能な万能カードのことで、
いわゆるジョーカーを指す言葉ですね。

で、元記事においてはこの「ワイルドカード」を漫画のキャラクターに準えて、
「敵にも味方にもなり得るキャラクター」について語っておられます。
どんな役割もこなせるということで、味方役にも敵役にもなるキャラを紐解いています。

こういうキャラクターというのは元記事でも言われていますが、
漫画のストーリーにおいて緊張感を生み出させやすいんですよね。
どっちに転ぶかわからないというのもあるし、急展開を起こさせやすい。
何を考えてるのかわからないという要素もありますね。

言ってしまえば、作者にとって、ストーリーテラーにとって、
ジョーカーなキャラクターというのは非常に使い勝手が良いキャラなのです。
ある意味で「自由の利くキャラクター」ですね。
ストーリーを紡いでいくにあたり、「何をやらかすかわからない」キャラということは、
逆に言えば「何をやらかしてもいい」キャラでもあるわけです。



さて、ここで本題なのですが、元記事の前半部分について。

こちらでは「ワイルドカード・ジョーカーなキャラクター」というよりは、
「寝返る可能性のあるキャラクター」について語られていますね。
「獅子身中の虫」的なキャラとでも言いましょうか。
で、主人公がそうなる場合とか、ヒロインがそうなる場合とかいった形で、
漫画を題材にあげて語られています。


この中で私が思ったのは、

「主人公はワイルドカード・ジョーカーにはなり得ないんじゃないか?」

ってことですね。
いやこれは私がそう思っただけで元記事が違うなんてことは無いですが。


これは私が昔から主張してることでもあるのですが、
主人公というのはストーリーの中心たる存在です。漫画においてもゲームにおいても。
物語は主人公を中心に紡がれていき、主人公が物語を紡いでいくのです。
主人公をほったらかしにするようなストーリーはワンピースを10000回読み直せと言いたくなるほどに。

そして、「敵にも味方にもなり得るキャラクター」ということは、
「敵」と「味方」という2つの概念があるわけです。
すなわち、「2つ以上の勢力があり、それらのいずれかに主人公が所属している」のですね。

「敵」「味方」の判断をどこでつけるかというと、
「視点がどちらかの勢力にあり、その視点から見て判断している」ということなのです。
そして、主人公が中心であるということは、
「主人公がいる側が味方側」として見られるということなのです。

ということは、ですね。

「主人公が敵側に回る」なんていうことは基本的にはありえないのです。

そりゃ一時的に離反することはあるでしょうが、恒久的に「敵」になることはありえない。
主人公が中心であり、主人公が物語を紡ぐ以上、
主人公を切り離してストーリーを進めることは本来不可能なことなのです。
それをやっちゃうともはやそのキャラは主人公ではなくなるのです。



…と、ここまで書いて急に話が変わりますが、逆に考えてみて、
「長期間連載された漫画で、所属する側が180度変化した主人公」っているんでしょうか?
全40巻の漫画なら、前半の20巻と後半の20巻で所属する側が正反対になるみたいな。
途中で敵味方の視点が180度転換する漫画と言い換えてもいいかもしれない。

例に挙げるなら「NARUTO」のサスケみたいなキャラですね。
サスケは(一応)主人公ではないですが、こんなタイプの主人公はいないのかな?

まあ漫画の歴史は長く深いですからね。
私が知らないだけで、既にあったり今現在にも存在しているのかもしれませんが。




次回予告ッ!
考察記事なのにかなり片手間に書いた感が否めない管理人!
そんなことでは深い考察など出来ようはずも無かった!!!
次回、「帰ってきたルインズメモリィ」! どこにも行ってないけど。

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。