スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第792話「グローランサー(PSP) クリア!」

ティピちゃーんキィーック!!! …というわけでルイナです。

ついにクリアしたぞー!!!
ってことで、軽い感想を書いてみました。
レビューなんて大層なものではありませんので、話半分にテキトーに見ると気が楽かも。
てゆーか真剣に吟味された日には涙目。
多分にネタバレを含んでおりますので、追記にて。


追記が本編である関係上、次回予告をこの時点で行います。
それでは、またお会いいたしましょう。




次回予告ッ!…って、巡回してなかった!!!
予告はお休みです。(´Д⊂グスン 




というわけで、初代グローランサーのPSPリメイクをクリアしました。
PS2で6をプレイしながらPSPで1をプレイするという二刀流状態だったのです。
最新ナンバリングタイトルの6と最初である1を同時プレイするという、
ある意味時代を感じさせるようなプレイでしたね。


私は「グローランサー」シリーズは1の続編にして半分ファンディスク状態の
2から入ったのです。1やってないのに2をやるという珍しい入り方でした。
で、3から6までプレイしたのですが、1は手を付けないままでした。
まあ理由は単にこのシリーズをPS2からやり始めたってだけで、
PS1のソフトである1を手に入れなかっただけなのですが。
で、ついにリメイクされたので満を持してプレイしたというわけでした。


インターフェイスやシステム周りはさすがに初代ということで、
最新の6とかに比べると若干操作しにくいですね。
これはまあシリーズ物としてどうしようもない部分であるし、
こういうのはシリーズを重ねるごとにブラッシュアップされていくものですからね。

戦闘では、オートが突撃しかないのでもうちょっとどうにかならんもんかと思いましたね。
難易度的にはそれほど苦労する場面はありませんでしたが、
オート戦闘にすると後衛もガリガリ前に出るので、ザコ相手に後衛キャラ(ルイセとか)が
やられたりすることがままありましたね。後は攻撃魔法が6などと比べると使いやすいです。
後半「風神の杖」を手に入れた後はトルネード祭りで屠りまくりでしたw


ストーリー面では、なかなかよく練られているといった感じです。
行ったり来たりが結構多いですが、世界を回るという点では実にRPGらしい構成となってます。
また、ワープ魔法「テレポート」がストーリーにガンガン絡んでくるのも特徴ですね。
例えば「ドラクエ5」などでもイベントでワープ魔法を使ったりしますが、
この作品では頻繁に使用することになりますね。
それと中盤のボスキャラはRPG歴の長い私ですら「マジか!?」と思いましたよ。あの人。

また、PSP版では終盤に差し掛かろうとするときに分岐があって、
通常のオリジナルルートとPSP版新規ルートの2つに分かれます。

オリジナルルートでは序盤から中盤にかけて散りばめられた伏線を拾い集めていく流れと、
味方側の打つ手が潰されていく流れがなかなか見事でしたね。
絶望と希望の振れ幅というか、メリハリが上手くきいていましたね。

新規ルートでは、PSP版で新たに増えた新キャラが中心になったストーリーが展開されていきます。
オリジナル版とは全く違う流れになります。だってオリジナル版のラスボスが(以下ネタバレ略
ボイスが新規収録されているせいか、昔に収録した声と若干差異が感じ取れましたね。
まあオリジナルから10年の歳月が経っているんですからしょうがないですが。
あと、続編である2との整合性を取るために若干ムチャな展開になったりもしましたね。
ベルガー隊長の扱いが違いすぎたりとか、「グローランサー(光の救世主)」の称号は
主人公(カーマイン)じゃなくてルイセに与えられるべきだよなーとか思ったり。


エンディングは当然のごとくマルチエンド。今作のエンディング相手は自分で選ぶことができず、
好感度の高いキャラひとりが話しかけてくるのに応えることでエンディングが決定します。
なので好感度をあらかじめ操作していかないと思い通りにエンディングを見れないので
ちょっとやりにくかったなーと思います。



こんなところでしょうか。

というわけで、私の個人的ランクは「A」です。

非常に良くまとまったRPGだと思います。
シリーズで最高傑作と評されることが多いのも頷ける内容だと思いました。

しかしまーなんですねぇ、コレやったらなんだか2をプレイしたくなってきますよ。
1を知ってる状態で2をプレイしたら、ニヤニヤポイントが多いんだろうなぁ。

テーマ : レビュー・感想 - ジャンル : ゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。