スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第777話「Lingua furanca.に鎮魂歌を。」

どうもこんにちは、ルイナでございます。

今回は777話です。7のゾロ目ということでちょっと小話を。



かなり初期にも書いたのですが、私は昔からぽつぽつインターネットを巡っていたのですが、
そのときは漠然と面白いなーと思う程度で、自分のブログを持とうと思ったことなど
まったくありませんでした。もちろんニュースサイトもほとんど知りませんでした。
てゆーかニュースサイトという言葉を知らなかった。

そんな折、どこでどう引っかかったかもう覚えていませんが、
「Lingua furanca.」というサイトに巡りあったのです。

「Lingua furanca.」(以下りんふら)とはどのようなサイトかというと、

何人かの管理人が集まって、それぞれ自分らで決めたお題について色々語るためのブログです。

ということで、お題を出されてそれに対する答えを発表するテキストサイトです。

そこに辿りついてのほほんと見ていましたが、これがまた凄く面白かったんですよ。
同じ話題でも中の人によってぜんぜん異なる回答になる。
自分の思ったことが数ある意見の内の1つでしかないことがまざまざと表れるのです。

私が見始めたのは第6回か7回かそれくらいの頃ではっきりとは覚えていませんが、
すぐに第1回のネタから見ていきましたね。
そして、参加者の個人サイトを見たりしているうちに、私の心の内に
「こういうの(ニュースサイトやテキストブログ)をやってみたいなー」という思いが生まれたのです。

で、やりたいなーと思いつつも踏ん切りがつかず時が過ぎてゆき、
2007年の12月にようやく始めた頃にはもうラスト2回になっていたわけですが、
りんふらは私に多大なる影響を与えたサイトでした。
現在、私のブログがニュースやテキストがごちゃ混ぜ状態になっているのも、
りんふらと各管理人に影響を受けたところが大きいのです。





前置きが凄く長くなりましたが(いつもの悪いクセ)、ってゆーかこれ実は
第77話「Linguafuranca.に花束を。」の冒頭をほとんど丸コピペしただけなんですが。

第77話では閲覧者の視点でどんなサイトだったか、感想をつらつらと述べていきましたが、
同じことを焼き直してもどうせ似たような文章にしかならないので、
今回はちょっと「チャレンジ」してみます。

それは、

「りんふらで出されたお題全18回に回答する」

というもの。
一応ルールとしては、掲載されている文章には極力目を通さないでやります。

はたして全てに答えることが出来るかどうか!?
それではどうぞ。







第1回:「サイトをやって得たもの」


いきなり難しいのが来たなぁ…(;´∀`)
だいぶ前にこういう内容についてテキスト書いたけど、あの時はなんて書いたかな?
…まあいいか。

こんな私でも現時点で2年とちょっと続けてきていますので、
そりゃあ得たものはそれなりにいろいろあるわけです。
もちろんそれと共に失ったものもそこそこあるわけですが。

ここで「アウトプットの場」とか「サイト閲覧者」とか「繋がり」なんて書いても
もはやそれはテンプレートみたいなもので、わざわざ私が言わなくても
他の大多数の人が同じようなことを書いているでしょう。

…とはいえ、そういった一般的な回答を外していくとなると、
なかなかヒネた回答になってしまい、「それはないやろ…」ってツッコまれます。

というわけで、今回は第1回ということで、カブリを恐れずに書いてみます。

私が得たもの。それは、


「世界」です。


…別に世界征服をしたわけじゃないぞ!
有り体に言うなら「広がり」ってヤツです。

広大なネットワールドの一端にしかいないとはいえ、
始める前にはそんな「世界」があることすら認知していなかった。
そこに暮らす「ヒト」がいることさえ気づかなかった。

そんな「世界」を知ることができた。
「知ること」は「得ること」なのです。


知識と認識の泉の底は果て無く深いのですよ。







第2回:「今のサイトを作った理由」


ちょっとマテwww

これ、第77話を引用すれば事足りてしまうwww

このお題に回答するのって、ものすごいネジれたことにならんかな…

しょうがないので今回は別の角度から語ってみましょうか。

面白そうだと思って始めたことには変わりないのですが、
始めるに至ったのは若干ネガティブな理由もあるんですよね。

それは「自分の周りに趣味を語れる人間がほとんどいない」というところ。

やっぱね、いわゆる「ヲタク趣味」ってのは世間では認められていないんですよ。
認められていないというか、それを仄めかした時点で地位が最下層に来るんですよ。
どんな理由をつけようとも、「そういうモノだから」の一言で一蹴されるのです。

一度付けられたレッテルを剥がすことは相当困難なものです。
それが最下層を約束する「ヲタク趣味」という名のレッテルだとなおさら。
貼られた時点で人間関係に序列が出来るのです。空気という名の上下関係が。

最下層に来ることが確定的であるのに、わざわざそれをカミングアウトする人間は殆どいません。
それが「隠れ愛好者」がたくさんいるはずなのに表には全然いないように見えるマジックなのです。

上記はリアル世界の話ですが、ネットではそれがかなり緩和されているのです。
それはなぜかというといろいろな要素があるのですが、挙げ連ねていくと、

・ネット自体がヲタク趣味と同等の扱いを受けている
・それを知りつつ飛び込んでいる人間は、そういう趣味に対して理解がある
・面と向かって語るのは直接的で憚れるが、ネットというキャリアを通すことで間接的になる


あたりかな。

要するに、「リアルで趣味について語るとただの痛いヒトにされるけど、
ネットで趣味について語る分には特に痛手はない」という感覚でしょうか。
賛同者が現れやすい(反論者もだけど)というのもありますかね。







第3回:「あなたの選ぶ「この3冊」」


これ…やっぱ小説を指してるよね…

私ってばあまり小説を読まないからこのお題は地味にキビシイw


基本的にファンタジーとか推理小説しか読まないから挙げていくのは難しいな…
挙げるなら、

・「魍魎の匣」
・「化物語(上)(下)」


…コレくらいしか浮かばんかった…化物語で2冊稼ぐというヒキョー技w

いや、京極堂シリーズは結構読んでるけど、
その中でも「魍魎の匣」が私の中では一番良く出来てたと思います。

ちなみに「グイン・サーガ」は130冊以上もある続き物なのでどれかなんて選べない。







第4回:「あなたの考える○○愛」


問題。(デデデッデン!)

広辞苑に載っている言葉の中で、「〇〇愛」という単語、5つ挙げよ!


・「家族愛」

・「兄弟愛」

・「郷土愛」

・「親子愛」

・「」…


ドッカーン!!!


ゲームオーバー!

第4問は40ポイント!


回答は他にも、「自己愛」「同性愛」「隣人愛」など。



…こんなお茶をにごしまくった回答で申し訳ない(ノ∀`) 完全に「ネプリーグ」のパクリw
本当は総計で何個あるのかも載せたかったけど、どうやって調べればいいのかわからんかった。







第5回:「新しい法律を一つ作ってください」


政府はこの度「イケメン税」を制定した。

この法律はリア充など、現実世界を我が物顔で謳歌し、周囲の人間からチヤホヤされることが
確定的である者に対し税を課す法律である。

「イケメン税」は顔面偏差値が高くなるに従い、課税率が高くなるシステムを導入。
また、ルックスがよろしくないブサメンに代表される非モテ人間には課されない。

与党「プリンスメモリィ」代表のルイナ殿下は、

「これまでブサメンは出会って0.1秒で論外扱いされ、なにか行動に出ようものなら
 『身の程を知れ』と言われるなど、辛酸を舐め続けてきた。
 一方イケメンは何かしても何もしなくても人が寄り付き褒め讃えられる。
 こんな不平等を捨て置くことなど出来はしなかった。」

と新法律の制定理由を述べている。

この新法律の世間の評判は、ほぼ二分化している模様。
賛成派は「ついにおれたちの時代がやってきた」「イケメンは( ゚Д゚)<氏ね!」
「世の中ゼニや!」などと声をあげ、
否定派は「同じ人間なのに!差別助長!」「モテたことなんて一度も無いのに、その上税金まで…」
などと語り、賛否両論あるようだ。

また、「カネがなくてもモテる方が断然いいだろ」「モテたいけどおカネを取られるのは…」
といった中間の意見も寄せられている。


まさに「※ただしイケメンに限る」法律となった今回の新法。
はたして行く末や如何に。







第6回:「あなたはボケ?それともツッコミ?」


どうも、天然ボケのルイナです。

私の周りにいる友人たちからは「天然ボケでツッコミどころ満載」などとよく言われます。
自分ではそんなつもりは全然ないんですけどね(ノ∀`)

むしろ自分ではツッコミだと思っているんですよ。
周りの出来事に対して時にどストレートになんでやねんと言い、
時に変化球的にボソッと普通の人には浮かばないようなウィットに富んだツッコミをかます。
そういう人間だと思うんですけどねー。

そうと思っていなければ、コメント型ニュースサイトなんてなかなか出来ませんよ。
アレなんてまさに「採り上げた記事に対するツッコミ大会」みたいなもんですからね。

ニュースサイトやってると、採り上げた記事がかぶることなんて非常によくあることです。
そこで、他のニュースサイトと一線を画すような会心のコメントを残せると
非常に気持ちがいいものです。
逆に言えば、普通のコメントしか残せなかったときに他のニュースサイトで
機知に富んだ見事なコメントを見るとものすごい悔しいですね。







第7回:「墓まで持っていきたい音楽CDと本は何ですか?」


若干第3回とかぶり気味だけど、これは第3回よりも答えづらい!
なんせ私は音楽をほとんど聞かないものでね…

それどころか、なんと私は音楽CDを購入したことがないのです。
いやマジで。音楽を聞こうと思ったときは全てレンタルです。
ゲームのサウンドトラックですら。

…あ、ひとつだけあった。

「ワイルドアームズXF」のサントラは買いましたよ。
なんせどこにもレンタルで置いてなかったし。聞くためには買うしかなかった。
コレしかないのでコレしか墓場まで持っていけないです。

本は「グイン・サーガ」の第130巻を持っていって、あの世で続きを読みますよ。







第8回:「サイト更新の際に気をつけている事は?」


サイトポリシーのことかしら?

私はこれでもかってくらいに手キトーにしかやってませんので、
特に気を付けていることなんてないんですよね。

強いて言うなら、

・他人に対しては基本的に敬称(「さん」とか)をつける
・二重表現をできるだけ避ける
・改行操作をして、文章を見やすいように構成する
・できるだけ(ヲタ系)ネタに偏らないようにする(時事ニュースを採り上げる)
・否定的なことはあまり言わない
・政治ネタはあまり採り上げない
・エロネタもあまり採り上げない


あたりかな。下の3つに関してはあくまで「あまり」なので、
「絶対」というわけではありません。そこまで統制出来ないですよ。

いつか言ったことがありますが、私は特化系スペシャリスト型ニュースサイトよりも、
平凡系オールマイティー型ニュースサイトを目標にしています。

特化系は威力充分ですが、どうしても視野が狭くなるような気がするんですよね。
だからこそ、威力はなくても広く見れる平凡系で行きたいのです。







第9回:「リアルとサイトについて」


私にとってリアルとサイトは「完全に分け隔てているモノ」ですね。


私は「るいんずめもりぃ」というニュースサイト兼テキストブログをやっていますが、
リアル世界で「るいんずめもりぃ」をやっていると漏らしたことは一度もないし、
誰にも言ったことはありません(オフ会で直接会った人は除く)。
家族にすら未だに言ってませんからね。バレてる可能性はあるけども。

たまにリアルの友人との話題の中に、ネットで流行っているような物事が
挙がることがあるんですが、その時だって私は知らないフリをしますからね。
ネット世界の私は、そういう話題は巡回などで既に知ってるけど、
リアル世界の私は、その時始めてその話題を知ったみたいな感じで。

この二重生活を続けていると、たまに苦しむ時があるんですよね。

それは、「休日とかヒマなときとか、何やってんの?」という質問です。
これが答えにくいったらありゃしない。

サイトやってるなんてクチが裂けても言えないわけですが、
そうするとヒマな時間に何もしてない人間になってしまうのです。

だいたいこういう時は「地元の友人と外に遊びに行ってる」なんて言い訳をするんですが。
てゆーかこれくらいしか答えようがないわけです。
ヲタ系趣味をカミングアウトすると人生オワタになりますし。

今、一番恐れているのは、いつかボロを出さないかってところですね…







第10回:「で、オマイラ。次は何するよ?」

※補足
次はこういうことをやるつもり、という現実性の高いものから
こういうことができたらいいなぁ、という妄想レベルのものまで、
今後ネットを通じて、あるいは、サイト運営を通じて
やっていきたいことを書いてみてください。



次か…今やってることが楽しいしやめるつもりもないですが、
仮に、今やってるニュースサイトをやめた場合のことを考えてみますか。


たぶん、ニュースサイトやらなくなったら本気で「ゲーム感想」のカテゴリーを
充実させにかかるでしょうね。

今でこそルインズメモリィ隠しコンテンツのひとつ程度の扱いですが、
ゆくゆくはデータベースを完全なものとし、私がこれまでやってきた全てのゲーム
(ファミコン時代から全て)に対して感想と評価をつけてやろうと思います。

てゆーか今でもこれはやりたいと思ってるんですが、スパロボでしか出来てないんですよね。
個人的ランク「S」以上のゲームは私の脳内で既にリストアップされてます。

…まあ、日の目をみることはおそらくないでしょうね。







第11回:「60歳になったとき、誰かと見たい映画3本」


本、音楽CDときて、次は映画か…

ウチの親が映画好きなため、それにつられて私もそれなりに映画を見てはいますが、
なかなか「これは外せない!」っていうような感想を持つものってないですよね。

まあそれでも本や音楽よりは挙げやすいですが。
それでは選んでみますか。

・「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ(3部作)
・「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ(3部作)
・「マーズ・アタック」

上2つは普通にオススメ。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は見事すぎる構成でいつ見ても何度見ても楽しめる傑作です。
「ロード・オブ・ザ・リング」も見応え抜群です。

「マーズ・アタック」は個人的に大好きなB級映画ですw
恐ろしいほどにくだらない内容と、今思えばすごい俳優や女優をふんだんに起用しているのが
ヒジョーに奇妙な化学反応を発生させていますw







第12回:「貴方が憧れるヒーロー」


ヒーローというと、まずは戦隊モノとか仮面ライダーとかタツノコプロとか
アメコミなどが浮かびますね。
こういったものはとにかく「カッコ(・∀・)イイ!!」のです。
「ヒーロー」イコール「カッコいい存在」といえるでしょう。

そう、ヒーローとはすなわち「憧れの象徴」なのです。

カッコ(・∀・)イイ!!と思える対象、それが「ヒーロー」。
それは先立って挙げたライダーとかのみならず、
スポーツ選手や俳優などもその対象となるのです。

お題の「憧れるヒーロー」とは、自分が最もカッコ(・∀・)イイ!!と思う存在なのです。


ここまで前置き。

私の場合ですが、特に飛び抜けてコイツだ!っていうのはないんですよね。
というわけで、演出がカッコよかったものを。

それは、「ワイルドアームズ2nd」のラストバトル。

要約すると、主人公が「剣」を抜いて名実ともに「英雄」となり、
これまでの旅路で出会ってきた全てのヒトの想いを重ねて束ね、
ラスボスを打ち倒す…というものですが、
この演出が実に見事でした。







第13回:「インターネットが無くなるとき」


それは困る!!!

楽しみがなくなるではないか!!!


…いきなりでスイマセンw

まあ本音をいうと、実は趣味という点ではそれほど痛手ではないのです。
ネットがなくなったら、たまっているゲームや漫画などといった別の趣味に
かける時間を増やすだけですし。
そういう意味では所詮ネットも趣味のひとつでしかないのです。

何が一番困るって、「情報を収集出来ないこと」ですね。

別にこれはニュースサイトが出来ないというわけではありません。
生活している中で、ちょっとした情報を知りたいときとか、調べ物をしたいときとかに
ネットを利用するのって便利なんですよね。

それが無くなるとなると非常に不便な事になりますよ。
人間って便利になるとそれがデフォルトになって、「あって当然」になっちゃいますからね。
昔はネットなんて使わずに生活していたのにね…







第14回:「あなたが誇れるところ」


誇れるところ、すなわち自慢出来るところということですね。

困った…こういうお題はニガ手ですよ。
なんかあれですね、就職活動してたときにエントリーシート書きましたが、
それの「自分の長所」の欄みたいですね。

私は根がネガティブなもので、他人よりここがイケているっていう感覚を
なかなか得られないんですよね。
他人より劣っていると思われるようなところは簡単に気付けるのに、
他人より優っていると思われるようなところはなかなか気付けない。
まあ、これは就活生の多くが直面する悩みかもしれませんが。


挙げるのが難しいと思う中で、ムリヤリに挙げるなら、

「一点集中でひとつのことに没頭出来る」ってところですか。

…なんかこれもエントリーシートの常套文句のような気がしないでもないですが。

周囲の人からの評価で、「オマエすげーなー」って言われるようなことというと、
私はこれなんですよね。それが単純作業であってもエンドレスで続けられる。

もともとルーチンワークが得意なのかもしれませんね。
考えてみればサイトの更新だってルーチンワークみたいなものだし。







第15回:「過去のLingua furanca.記事にトラックバック」


これ今回の記事だと無理難題やろ…w

だって、この記事は今まさに書いてるんですし。

ほんの数時間前に書いたものに対してさらにコメントを付けるなんて
そんなモッサリしたこと非常にやりにくいッス。

しょうがないので、ちょっと読み返してみるとしますか。


(数分後)


今思ったんですが、私の回答パターンが見えてきている気がしますね。

私ってば、けっこう直球派かもしれない。
ネタに走ったのは第4回と第5回の2回だけですし。

りんふらメンバーの中には、ほぼ毎回ストーリー立てた小説のような読み物の体を成して
回答をしている人もおられますが、私にはそういった才能は無いようです。

まあもともとが、その場その場で文章を書いている超絶行き当たりばったりタイプですから
物語を構成するのは私の手に負えないということでしょうね。

で、ネタに走った2回ですが、これは単純にマトモな文章が浮かばなかったんですよね。
しょうがないからどうにかこうにかしたら、あんなネタが生まれてしまったということです。
もちろん温めていたネタというわけではなく、その場でムリヤリ捻り出したものです。

ネタに走るのは、決まれば読み物としては最も楽しいものなんですけどね。なんつーか難しい。







第16回:「コメントとトラックバックについて」


これはまたおもいっきりサイト論ですね。

私の場合は、どちらもあまり活用していませんね。自分のサイトでは解放してますけど。
よほどのことが無い限り、どこかにコメントやトラックバックを残したりはしません。

逆に言えば、私からコメントやトラックバックが来たなら、それはすごいレアケースです。
誇ってよいぞ!!!(←うぬぼれ)


はてなスターを設置しているサイトの場合、記事を見て何か感じたときには、
引用スターを付けてますね。一番ググッときた一文を引用しています。

これについても、引用ではないただのスターを付けることは私の中ではレアケースです。
この場合、記事全体がグウの音も出ないほど素晴らしいものであると判断したということになります。
誇ってよいぞ!!!(←えらそう)







第17回:「他の管理人の現在・過去・未来を勝手に決めた上で、追悼文を書く」


みな、散っていった―


帝国「Lingua furanca.」命も風前の灯。

「サイト閉鎖」という名の戦略兵器を携えた相手に対し、成す術なく倒れていく帝国民。

各地の支部も既に攻略され、残るは本丸のみ。

帝王を中心とした18名の幹部も、相手の勢いを止めること敵わず。

デッドラインはとうに越えられた。

ひとり、またひとりと斃れ、ついに帝国の喉元に刃が届く。


しかし、残りし幹部の瞳に光は未だ絶えぬ。

帝国の終焉は避けられぬとも、最期にその存在を華々しく咲かすため。

そして約束の時はやってきた。

黒き翼を羽ばたかせ、妖しげな月が映る水面に銀の橋を架け、

雄叫びが木霊する時、明日の朝を掴むため、帝王の子は死地に赴く。


そして―






そして、最終回の更新を終えて呑み屋に集うりんふらメンバーの姿が!







第18回:「Lingua furanca.のお題を1順して」


りんふら最終回。
私の場合は、今回のエントリーでりんふらのお題を全て巡ったので、その感想を。

今思えば、第17回のお題は次回が最終回ということを受けてのお題だったのかもしれませんね。

さて、ここまで17回のお題に一気に答えてきて、
やりやすかったものとやりにくかったものを選抜しましょうか。


答えやすかったのは、実は第17回なんですよね。

これはこのお題が発表されたタイミングでウチのサイトを開始したという経緯がありまして、
実はいっぺん外部からの参加者として投稿しようと思っていたんですよ。

しかし始めた当初は他のサイトとの交流なんて全くなかったわけですし、
そんな生まれたてサイトが「他のサイトの管理人を始末する」お題に答えるなんて
ムチャもいいところだと思ったんですよねー。

で、一応ネタを考えていたんですけど、結局お披露目することはありませんでした。
今回書いた第17回のネタは、その時に描いていたモノのリファインなんですよ。
元ネタがあったから、それをなぞればよかったのでやりやすかったですね。

反対に、やりにくかったのは第5回です。

第5回は「法律」という、見るからに固くて難しそうなお題でしたので、
真面目に書こうにもどう料理したものかわからなかったし、
かといってネタにもしにくいお題でしたし、かなり悩みました。







つ…つかれた…

そりゃまぁそうか…当時やってた人たちは9ヶ月かけてやってたものを
わずか1日でやったんだから、そりゃ疲れるわ…


書き始めたのが12時(この時点で普段の更新時間を遅刻してますがw)で、
書き終えたのが20時過ぎになったもんなぁ…

まあ、いつの日かやりたかったことだったので、
書き終えたった感はかなりありますね。


現時点で、りんふらの復活の兆しはありませんし、それに準ずるサイトも生まれていませんが、
こういう試みは面白いものだと思います。

このサイトが1777話まで続いたら、私が復活させたろうか!





…すいません、7777話にしてください。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。