スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第748話「悲しみの理由」

罪には罰を、罰には赦しを、悲しみには慰めを…ルイナです。

この一文はどこかにあるやつの引用とかそんな要素は一切なく、まったくの無駄な文です。
意味も全くといっていいほどありません。


もはやわかりにくいギャグを解説するかのごとき極寒の空気をかもし出してきましたので本題。

いつまでこのwebサイトを運営するんだろう 「ねたミシュランを作る人のネタ帳」

この世のいかなる存在であれども必ず訪れる絶対たる運命、それは「終焉」。
それは生命であろうと天体であろうとウェブサイトであろうと同じこと。

…というわけで、「サイトのやめ時」についての記事です。

基本的に好きでやってる(ハズの)サイト・ブログですが、
永遠に続けていけるわけでは当然無くて、いつの日か更新をしなくなる日が訪れますね。
すなわち「閉鎖」というやつです。

そのタイミングというのもまあいろいろあって、よくある理由としては
「時間が無くなる」とか「興味が無くなる」などですね。
前者は物理的理由、後者は精神的理由といったところでしょうか。


先日の更新でも言いましたが、

「自分がやりたいときにやりゃあいいし、やりたくないならやらないでいい。
 個人サイトなんてそんなもんなので、裏切るも何も無い」


というわけで、更新をするもしないも管理人の自由なのです。
裏切るうんぬんは「into the crimson」さん(元「不浄なる大聖堂 II」さん)で
そういう話が挙がったから付け加えたのですが。
上の言葉に補足するなら「(物理的に)出来ないときにも無理してやることはない」あたりですか。


まあ、ここまでは管理人側の心情ですね。
次は訪問者側の心情を紐解いてみましょうか。

…とは言っても、私個人の意見としては元記事ですでにズバリと言われています。

他の人はどうか知らないが自分は諸々の理由で鬱に入ってサイトやめたくなる感情が一定のスパンで訪れる。
それとは違い色々思うところあってのガチ閉鎖がそろそろかな、と思っている。
こういう事を言うと「いつも見てます!」「頑張ってください!」と返されるのだがその後に文を繋げるとしたら

「僕の毎日の楽しみが減ってしまいます。やめるのはやめてください」

といったところか。


この「僕の毎日の楽しみが減ってしまいます。やめるのはやめてください」
私にとってまさしくその通りなのです。

閉鎖してしまい、2度と…とは言い切れないまでも、更新がそれ以降見られなくなるのは、
訪問者側からするとただただ「楽しみが減ってしまう」の一言なんですよね。
漫画で喩えるなら、好きな連載が打ち切りに遭うってところかしら?

身勝手なことこの上ないわけです。管理人の感覚そっちのけ。
まあ、ある意味では正しい反応だとも思っているんですけどね。
ホラ、人間ってゲンキンなものだから。



…ちなみに私の場合、ニュースサイトなんてやってるもんだから、
よく見ているサイト・ブログが閉鎖なんてされてしまうと、巡回先が減ってしまい
採り上げる記事のラインナップと個数に影響を与えてきます。

なのでサイト・ブログをやめよっかなと思っている管理人たちへ!
やめるのはやめてください! 私のために!(←ただの自己チュー)




次回予告ッ!
ドラクエ3の名を挙げるまでも無く、古今東西3部作というものの3作目は
過去に遡る傾向にあると感じている管理人!
というわけで、自らのサイトでも遡ってみたのであった!!!
次回、「第0次スーパーるいんず大戦アルファ」! 第2次の次は第0次に戻っちゃった!?

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。