第726話「ルインズメモリィ大掃除2009」

今年もあと8時間! というわけでルイナでございます。

本日が正真正銘2009年ラストの更新となります。
とはいえ、別にでっかいネタを用意しているというわけではありません。

そこで、本日は年末に行う行動のひとつである大掃除にかけまして、
このブログをちょっと整理したいと思います。
要は、今年書いてきたテキストのまとめを行おうといった魂胆です。

まとめといえば、第710話第712話第723話で行ってきましたが、
第710話は時事ニュースを中心に選びましたし、第712話でブログ記事を振り返っていますが、
かなりネタに特化してしまってます。また第723話は3つに厳選して選別していますね。
どうせならマトモな振り返りを行ってみようというのが今回のネタです。

それではどうぞ。







第388話「ニュースサイトは発掘者?」
第390話「ニュースサイト・リレー」
サイト・ブログ論です。テキスト書きにとっての都市伝説(?)のひとつ、
「良い記事を書けば必ず拾われて注目される」ということに対して思うところを書いた記事です。
テキストサイト側から考えると、いくら良い記事を書いたところで周知されようとしなければ
注目される可能性は決して高くはないですし、ニュースサイト側から考えても
アピールしてもらわなければなかなか見つけられないというところなんですよね。
まあ結局の所、紹介する側もされる側も知名度が全てみたいなところがあるってことですかね。


第398話「取り上げる?採り上げる?」
私のブログをすみからすみまでチェキラゥしているヒト(いるのか?)なら
もしかしたら気づいているかもしれませんが、ニュースを紹介するときに
「とりあげる」という言葉を使いますが、私はこれに「採り上げる」という漢字を当てているのです。
普通は「取り上げる」という漢字を当てる(他のサイトでもたいがいこっち)のですが、
私は「採用する」という意味を込めて「採り上げる」を使っています。
まあそういったことを書いた言葉遊びエントリーでした。


第400話「すくっとみうみうさん危機一髪!」
400話記念ネタ。スク水に特化した個人ニュースサイト「すくぅうみうぎ」さんのマスコットキャラクター
「すくっとみうみうさん」を勝手に拉致…もとい、拝借して書いた妄想ストーリー第3弾。
ビミョーに第100話第187話からの続き物風味に仕上げてもいます。
ちなみに内容は第100話、第187話とフォーマットが全く同じ。小ネタも使い回しw


第406話「クイズ番組がおバカさん製造番組になった3つの理由」
はてなブックマークで人気が出そうな感じのタイトルにしたこの記事。
内容は最近のクイズ番組の傾向を考察してみた記事となっております。
「クイズ!ヘキサゴン2」などに代表されるような、いわゆる「おバカ」な回答者が
出演している状況について、製作者側と視聴者側の心理を推察してみました。
私がこのブログで人間心理を語る場合、たいがい「ヒトも動物の一種」という
結論に落ち着くのですが。要は、人の業が垣間見えるってことが言いたいのでしょうか。


第416話「そろそろ大手ニュースサイトに一言いっとくか。」
「個人ニュースサイト界隈で最も「情報元」になっているサイトTop30」という記事がありまして、
ここに挙げられている30個のニュースサイトに対してコメントを付けるというのが
一時期流行りまして、その流れに遅ればせながら私も乗っかったという記事です。
30個のニュースサイトのうち、私が普段から巡回しているサイトは半分にも満たなかったので
コメントなんかつけられるもんなんかなーと思いながらやりましたが、
それなりになんとかなりました。


第436話「レトロスペクティブ・ゲーム」
第723話のベスト3のうちのひとつ。
昔のゲームと今のゲームについて、私の思うところを書き綴った記事です。
「昔のほうが良かった。今はビミョー」という意見は果たしてマジョリティなんでしょうか?
そこについては今後新しく記事を書くかもしれません。


第438話「ネタバレが怖くてニュースサイターやってられっか!」
ニュースサイト論です。おもいっきり要約すると「ネタバレがなんぼのもんじゃい!」という内容w
…これだけではアレですのでもうちょっと説明すると、
ネタバレっていってもそれはただの情報でしかないわけなのです。
情報を知ったところでそれを実際に目の当たりにしたわけでも体験したわけでもないのです。
まあまったく前知識がない状態でそれに遭遇するというサプライズな感覚は
多少無くなるかもしれませんが、それでも「百聞は一見に如かず」なのです。


第442話「THE CORRECT COLLECT」
第446話「THE USED USER」
第448話「THE COPYRIGHT WRITER」
コラムっぽいものを三連続でお送りしました。
内容は「不正ダウンロード」に端を発するものなのですが、本当にやりたかったのは実はタイトルで、
「似たような発音の言葉を並べたタイトル」で揃えたかっただけというネタだったのです。
1つ目は「コレクト・コレクト」で完全なる同音異義語ですし、
2つ目は「ユーズド・ユーザー」、3つ目は「(コピー)ライト・ライター」ってな感じで。
それでいて内容もある程度揃えるというのは実は結構難しかったですね。


第454話「ファイナルファンタジーⅣ DS クリア!」
ルインズメモリィ隠しコンテンツのひとつ「ゲーム感想」のエントリー。
DS版「FF4」をクリアして、スーファミ版との違いを中心にした感想を書いてみました。
DS版「FF4」はかなり難しいとの評判ですが、まあスーファミの頃から結構難しいゲームでしたし、
個人的には新要素も含めてかなり楽しめましたね。
まあところどころありえないくらいの難易度になっている場面もありましたが。


第464話「常識と非常識の境界」
第466話「常識と専門と。」
ヒトのもつ「常識」とはなんぞやというところに焦点を当てて書いてみた考察記事です。
専門的になればなるほど、「常識」の範疇が狭まってくるというような内容です。
別に研究分野に限らず、ネットにどっぷり浸かっているような状態にも
当てはまってくる感覚だと思っています。


第800話「ウソ8000000」
4/1のエイプリルフール用特別記事。
タイトルはもちろん「ウソ800」と「八百万(やおよろず)」をかけたもの。
当日はニュース更新だったのですが、エイプリルフールのネタが全然浮かばなかったので、
苦肉の策として「紹介記事とコメントをバラバラにした」というネタにしました。
パッと見では、記事に対するコメントが全く関係無いみたいな感じですね。
ちなみに第467話第468話で後日譚みたいな感じで
各地のエイプリルフールネタ更新と私のネタの解説(?)をやってます。


第470話「置き土産の積み重ね」
第723話のベスト3のうちのひとつ。
内容はニュースサイト論です。厳密に言うとアクセス論ですね。
たまに「(大手)ニュースサイトに紹介されてアクセスが山のように来ても、
数日経てばまた元通りに戻ってしまうから意味なんて無いんだよ!」みたいな意見を見かけますが、
元通りに戻るなんてことはないんじゃないの?と思ったところから書いた記事です。
大きな数字を見てしまうと、小さな数字には目が行きにくくなってしまうものなのですね。
生活レベルが上がってしまうと、低いレベルの生活に戻れなくなってしまうという
話にも繋がるかもしれません。今度そのネタで記事書いてみようかな?


第490話「ネガティブインパクト」
ネガティブな要素というのは人間の頭に残りやすいといった趣旨の記事です。
それが有名なものであればあるほど、ダメな要素が目につきやすいといったことも書いてます。
上にも書きましたけど、人間って「便利になったり、収入が増えたり、生活が良くなったり、
有名になったりといった、『レベル』が上がると、上がった状態が『通常』になる」のですね。
だもんで、そこから少しでも下がると、元々よりも高い位置にいてたとしても
不満が出てきてしまうのです。人間ってゲンキンなものですね。


第492話「喫煙コミュニケーション」
この頃、とにかく悪者として槍玉に挙げられている「タバコ」ですが、
隅に追いやられてしまった結果、その場所が同好の士を集める「フィールド」になって、
コミュニケーションをはかりやすい「場」になっているんじゃないのかなーと思って
書いてみた記事です。デメリットばかりではなくメリットもあるよということが
言いたかったのかもしれません。

…本音としては、巡回してて「嫌煙家」の声がちょっと行き過ぎてるんじゃないかと
感じたところもありますね。「タバコ吸ってる奴なんかありえん」とか
「公害でしか無い」とか、ひどいときにはヒトの尊厳を冒してるんじゃないかと思えるような
発言も飛び出したりするんですよね。
行き着くところは「マナーを守って分煙しましょう」で済むはずなのに。
ま、それが出来ないヒトが一部ですけど両方にいるからそうなってしまうんでしょうけど。


第494話「静止摩擦の如き行動力」
何かをやろうと思ったとき、「それをやり始めるとき」が最もエネルギーというか
意志の力が必要だということを書いたエントリーです。
実体験として、私がブログを始めるときに半年悶々としていたということを挙げていますがw
何事においても、やってしまえばたいしたことはないというものばかりなんですよね。
やり始める時の閾値が一番高いのです。
物理においても、静止摩擦力は動摩擦力よりも大きいですし、
化学においても、活性化エネルギーを超えるエネルギーを与えないと反応が始まらないのです。


第500話「妹VS姉VS幼馴染」
500話記念記事です。
タイトルだけを見るとギャルゲーのヒロインはどれが良いかみたいな内容に
見えるかもしれませんが(見えるか?)、実際はそんな生易しいものではなかった。
…というわけで、久しぶりにアレについて語った記事であり、
久しぶりに大暴走をかましてしまった記事でしたw


第525話「SUKUMIU VS RUINA」
スク水に特化した個人ニュースサイト「すくぅうみうぎ」さんとこの企画記事で、
「『すくぅうみうぎ』に記事を掲載する」というものがあったのですが、
何を血迷ったのか、マスコットキャラクターを慰み者にしようとするあの変態悪漢ネタを
投稿してしまうという暴挙に出てしまったわたくしルイナさん。
「すくぅうみうぎ」さんとこにはあのシリーズ(?)の4作目が今でも掲載されていますw
ちなみに、第529話で反省会を開いております。正直やりすぎた。

…てゆーか、今読み返してみると相当ヒドい内容やな…


第543話「リピート・プレイ」
ゲームの「反復」について語った記事です。
元ネタとしては「反復があるゲーム」か、「反復の無いゲーム」のどちらが好まれるのか?
といった内容だったのですが、私の記事はそれら両方の良いところを語ってみたというものです。
反復することなく順調に進めるのも爽快で良いですし、反復を繰り返すことによって
クリア出来なかったものがクリアできるようになるというのもなかなか快感ですよ。


第553話「ニュースサイト・インプレッション」
ニュースサイト論です。
ニュースサイトについて語っている内容に乗っかっただけの記事です。
私のニュースサイト更新のやり方を交えて雑感を語ったという感じですね。


第571話「こんかつ!」
去年あたりから巷で話題になっている「婚活」について語った記事です。
「婚活」について男性と女性で意識の違いがあるんじゃないかという内容のはずだったんですが、
結局の所、「婚活パーティー」なるイベントにおける「男性の費用が高いから」という、
ものすごいヤラしい結論に落ち着いてしまったという内容でした。


第573話「インペリシャブル・ニュースサイト」
第575話「アヴォイディング・ニュースサイト」
第577話「クローリング・ニュースサイト」
第579話「ヴァリアブル・ニュースサイト」
ニュースサイト論4連発。これも実のところ、本当にやりたかったのはタイトルで、
「形容詞+ニュースサイト」というネーミングで揃えたかっただけというエントリー達でした。
しかも本当の本当にやりたかったのは1つ目の「インペリシャブル」(永遠・不滅)だけでした。


第581話「『わたしは必ず舞い戻る!』」
漫画でよくある展開のひとつ「死んだと思ってたキャラクターが、実は死んでなかった」という
流れに対して、私の思いをブチ撒けたエントリーとなっております。
個人的にはこういう展開はあまり好きではないのです。
ストーリープロットにおける「キャラクターの死」は一発限りの切り札だと思うんですよね。
後戻りが出来ない展開だからこそ演出が映えるというのに、
後で復活したら「あの演出はなんやってん!」ってなっちゃうんですよ。

また、大技を撃つ際の予告として「その技を撃ったら死んでしまうぞ!」と警告される
展開もよくありますが、これなんか本当に大ッ嫌いです。
こういう展開になるとまず確実にその技を放ちますし、放ったあとに倒れてしまっても
なんやかんやで結局死なない展開になることがほとんどです。
それを見ると「なんやねん、結局死なんのかい!」と肩透かしを食らった気分になってしまいます。


第605話「アンダーグラウンド・ワールド」
「マジコン」という、ROMデータを用いてDSのゲームが出来るツールがあるのですが、
これを使っている99%以上のヒトはDSのROMデータをネットから不正にダウンロードして
ゲームをしているという現状であり、訴訟問題にも発展しております。
もちろんそういう使い方をするのは絶対に良くないことなのですが、
この問題に対してコメントを付けているヒトの意見がちょっと過激すぎるんじゃないかと
思うことがままあります。「マジコン許すまじ」くらいならまだマシですが、
「マジコン使っている人間など人間にあらず」くらいの勢いで、
人間の尊厳すら完全否定するほどの烈火の如き怒りを叩きつけているのをよく見かけるんですよ。

また、そんな風に激烈な怒りを表明している理由というのがどうも腑に落ちないんですよね。
「本当にそれが理由で怒っているの?」と思いたくなるようなものなんです。
もうひとつ言うと、不正利用に怒るのはわかるんですけど、
その対象が「マジコン『のみ』」なんですよね。
例えば「Winnyつこうた」とか「Shareつこうた」とかいった事例があるんですけど、
それらに対して「マジコン」に向けていた怒髪天を衝くかの如き怒りを表明しているのかというと
案外そうでもなかったりするのが不思議に思うところなんですよ。


第617話「フェイマス・オア・インフェイマス」
有名人とはなんぞや?というところから、その影響力はとんでもないよねーというところを
語った記事になっております。
「ネットは平等である」という意見もあるみたいですが、実際はそんなことはありえない。
なぜならネットも人間が動かしているからなのです。
わかりやすい例で言うと「先駆者」はエラいのですよ。そういう序列は確実に存在しています。


第634話「書きながら考える管理人ルイナ!」
テキストサイト論…なのかな?
私がテキストを書く際に、どんなふうに考えてどんなふうに書いているのかを綴った記事です。
…っていっても、基本的に何も考えていないんですけどね。


第640話「20分で書ければ御の字です。」
「20分でテキストを書く」という行為が一時期流行りまして、
私もそれをやってみようと思い立ってやってみたというエントリーです。
テーマを選定せずに、思いつくままに勢いだけで書いていったら
とんでもないカオスが誕生してしまいました。


第652話「女の子に嫌われるにゅーすさいたーの○○自慢」
コマンドー系ニュースサイト「@nikutyせかんど」さんの記事を完全にパクって、
ニュースサイトに改変したネタ記事です。
なんかいろんなところに採り上げられてアクセスがエラい事になった記事でもあるんですが、
採り上げてくれた個人ニュースサイト管理人のコメントが結構マジレスが多くて
なんともいえない気分になりましたね。もちろんこの記事はフィクションですよ?


第677話「WRITING or TALKING?」
話すことと書くこと、どちらが得意かということを語った記事で、
私は書く方がやりやすいなーということを語っております。
話すという行為はアドリブの要素が強いと思うわけです。


第685話「海の水を掬う事」
サイト・ブログ論です。テキストを書く者にとって避けては通れない壁のひとつ
「ネタ切れ」「ネタが無い」ということについての記事です。
長く続けていると、どれだけ豊富なネタを用意していたとしても必ずネタが無くなってしまう
という状況に陥ることになってしまいますね。
それからは日常生活でどれだけネタを拾えるか、どれだけ探せるかにかかってくるのです。


第687話「意識の内に在りし拘り」
サイト・ブログ論です。厳密に言うとアクセス論ですね。
私もよく言っている「アクセスは飾り」にも繋がってくるのですが、
「アクセスなんて気にしちゃーいないんだぜ!」って言ってる時点で
アクセスについて言及しているということですよね。
ある程度意識してないとそういう発言は出ないのです。


第691話「ブログは気力・体力・時の運」
サイト・ブログ論です。
このエントリーを書いた日はものすごくしんどかったんですよ。
記事作るのサボろうかと思ったくらいにしんどかった。
エントリーというのは管理人が命を込めなければこの世には生まれ出てこないものなのです。
すなわち、管理人のエネルギーが少なくなってくると、記事に込める分のエネルギーを
捻出出来なくなってくるんですよね。
エネルギー、すなわち体力が減ると、更新しようという気持ち、すなわち気力も下がるのです。

…あ、「時の運」は他のサイトに完全に丸投げしちゃったんですけど、続き書いてくれましたw
関連:
第691.010話「ブログ・イズ・マターオブチャンス」


第699話「適当という名のPOLICY」
ニュースサイト論です。
この記事を書くちょっと前に「ニュースサイト更新におけるポリシーなんて無いッ!」と
言い切ったのですが、よくよく考えてみたらポリシーめいたものはあったなーと思って
書き出していったという内容です。
新参ニュースサイトは何かに特化したものでなければのし上がっていけないとよく言われますが、
私としては、何にも特化せず平凡にして普通なニュースサイトをやっていこうと思っています。


第700話「the second Anniversary of Ruins Memories」
2周年&700話記念記事です。
何があるというわけではないですが、2周年を記念して掲載。


第710話「ルインズメモリィ2009 The Best 10」
第712話「ルインズメモリィ2009 The Best Entries!」
第718話「ルインズメモリィ7変化2009」 
第721話「ルインズメモリィ・テンプレート」
第723話「ルインズメモリィ2009 ザ・ベスト・エントリー×3」
2009年のまとめ記事たちです。
第710話は「儚雪の空」さん主催の「2009年ニュースサイト10大ニュース」用の記事です。
第712話は710話のついでに集めた、ネタ中心に振り返ったエントリーです。
第718話は今年1年でブログ名を変えてきた遍歴を振り返りました。
第721話はニュース更新における記事コメントでのお約束の反応を集めたエントリーです。
そして第723話は今年最も出来が良かったと思う記事を3つ厳選したエントリーです。


第716話「やったー!M-1グランプリ2009見たよー\(^o^)/」
昨年の第370話に引き続き、今年も感想を書きました。
まあ今年は誰がなんと言おうと私の中では笑い飯の「鳥人(トリジン)」と「チンポジ」が
輝きまくったM-1グランプリでしたw


第724話「名前を出すのは反則です。」
サイト・ブログ論です。
かりすまにゅーすさいと「まなめはうす」の管理人まなめさんの名前を出して展開した
サイト・ブログ論は、そこそこ高い確率で「まなめはうす」に採り上げられる
(まなめさんをイジくってあげれば効果覿面?)という都市伝説があることを受けて、
「それを狙って名前を出して注目されてやろう」といった下心が見えてきてしまうような
サイト・ブログ論を書くのは、反則というか甘えているように思えるんですよ。
甘えてばかりじゃ「まなめはうす」を越えていけないし、のし上がれないよ?
…と下世話なことを言ったエントリーでもあります。







…まあ実を言うと、右のプラグインにある「ピックアップ記事」から流用しただけの
手抜きエントリーなんですけどね。
せっかくピックアップした記事の全てにコメントをつけているんだから、
日の目を見せてあげようと思った次第でございます。

それでは、今年の更新はこれで本当にオシマイです。
皆様、今年は残りわずかですが、良いお年を。



次回予告ッ!
元日から更新を行う管理人!!!
去年も言ったけど、よっぽどヒマなんだな!!!
次回、「あけますことしく2010!」! アケオメコトヨロ?やめてくれ言われたやないか!

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

No title

あけます、ことしく!!!
あえてこっちで。
昨年は何度か改変させてもらったりしましたがたぶん今年もそんな感じですw
個人的にはニュースのピックアップに下ネタが増えたなーとか思ってました。
では!

No title

あけますことしく!(←流行らそうと必死w)

>個人的にはニュースのピックアップに下ネタが増えたなーとか思ってました。

(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ (`・д´・ ;)
そんなアホな…!!!管理人たるわたくしルイナさんですら気づいていない傾向がにじみ出ていたというのか…!!?
ちなみにウチがエロスいネタと政治ネタを扱いだしたら本当にオールマイティーになると個人的には思ってるんですがw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する