スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第716話「やったー!M-1グランプリ2009見たよー\(^o^)/」

どうも、微妙に緊張しているルイナです。

本日、年末恒例のお笑い番組「M-1グランプリ」が開催されました。
お笑いがそこそこ好きな私もご他聞にもれず視聴しておりました。

で、ツイッターでもブツブツとつぶやきながら見ていたので、
せっかくだからそれをもとに記事を作成しちゃいました。
旬のネタは早いうちに採り上げたほうが(・∀・)イイ!!というライフハックを実行するのだ!


…ボソッとヤラしい発言(本音?)が出ましたが、それでは以下からどうぞ。
実際の点数発表前に私が思った点数もついでに付け加えておきます。
(カッコ内の点数は実際の合計点数)

ちなみに、ここで挙げてゆく感想は全て私が個人的に思ったことなので、
他の皆様とは感じ方が違って当然であることを…って言わんでもわかってるよね?
あ、あと私は笑い飯がかなり好きなのでどうしても贔屓目に見てしまいます
よって、そこもご容赦をいただけるとこれ幸い。







1.ナイツ(私の予想…90点くらい)(634点)

いつもどおりの微妙に言い間違える相方をツッコミまくるスタイル。
しかし今年は「ヤホー」は封印。
毎回ナイツの漫才を見てて思うけど、非常に巧い。完成度が非常に高い。
だけど、淡々としているスタイルだからどうしても爆発力は無いんだよなー。
その上一番手になってしまったもんだから、哀しいかな会場の温め役に回ってしまう。
やっぱり一番手って不利ですよね。

私の評価は90点。どうしてもこれが「基準」になってしまう。
ちなみに最後のネタで「お願い」したのは微妙。


2.南海キャンディーズ(私の予想…87点くらい)(607点)

漫才というよりコント。昔から全くスタイルが変わってなかった。
まあこれが南海キャンディーズなんだけど、「M-1」は「漫才を競うコンテスト」である以上、
コントベースのネタは評価がどうしても低くなる。
「レゴブロック」みたいな家族はかなり面白かったw

私の評価は87点。内容は良くても、漫才じゃないとなぁ…


3.東京ダイナマイト(私の予想…88点くらい)(614点)

開始時にしゃべりながら向かうのはツカミとしてかなり新しくてイイ感じ。
前半は良かったんだけど、後半になって勢いが落ちた。
名前を挙げまくっていくやつもちょっと量が多すぎる。
「よっちゃん」(2回目)でやめとけば良かったのに、あの後も続けたもんだから
ダラダラいったという感じになってしまった。

私の評価は88点。ナイツよりは低いかなーという感じ。


4.ハリセンボン(私の予想…83点くらい)(595点)

緊張があるのはしょうがないけど、それが最後まで解れなかった。
最初にはるなさんが噛んでしまったのが尾を引いた感じ。
最初から最後まで停滞してしまったという漫才だった。
爆発できなかったって感じかな?

私の評価は83点。やっぱり一歩劣るかってところ。


5.笑い飯(私の予想…99点くらい)(668点)

流石過ぎる面白さ。今年に賭けているというのがひしひしと伝わるほどの勢いの良さ。
文句なく今年一番面白かった漫才だった。
設定は小学生が3秒で思いつくようなアホ過ぎるようなものでしかないのに、
その世界をありありと浮かばせるほどに作りこまれ、
そしてそれを笑いに、爆笑に昇華させるというのは凄まじいとしか言いようがない。

ちなみに、私は笑い飯を贔屓目で見てしまいますけど、
今年の1本目は贔屓目なしに見ても最高だと思いました。評価も100点付けたかったくらい。
99点にしましたけど。(そしたら紳助さんが100点つけてましたがw)


6.ハライチ(私の予想…88点くらい)(628点)

似た音の言葉でツッコミ的な反応をするという、ある意味で大喜利的なモノボケのスタイル。
最初から最後まで同じ勢いだったから、ちょっとメリハリが無かった。
あと、基本的に一人でやってたみたいな感じで、掛け合いがあまり無かったのはマイナス。
「水色のムック」とか面白いネタは有ったけど、このスタイルでは勝ち残ろのは厳しいな。
何よりも、笑い飯の最高の出来の後になってしまったのが一番厳しいところだったか。

私の評価は88点。


7.モンスターエンジン(私の予想…87点くらい)(610点)

去年より巧くなっている。しかしその分勢いが削がれた感じ。
去年のキングコングに感じたモノが今年はモンスターエンジンに来た感覚。
小慣れてくると、今度はがむしゃらさが失われてしまうのが難しいところ。
喋りの分量は多いのに、畳み掛ける勢いが無かった。

私の評価は87点。


8.パンクブーブー(私の予想…95点くらい)(651点)

漫才らしい漫才スタイル。最初は緊張のためか硬さが見られたけど、
後半になると解れていったのか、勢いが出てきて良い感じになった。
モンスターエンジンに無かった「畳み掛ける勢い」がパンクブーブーには有ったという感じ。

私の評価は95点。毎年新しい顔が台頭してくるのが「M-1」の面白いところだなぁ。

あと、審査員の松本さんと紳助さんの合間のコメントで、「笑い飯は燃え尽きた」とか
「笑い飯は炒飯(チャーハン)になった」とか言ってるのが面白すぎたwww
こんなところで笑い取ったらあかんやろwww


9.NONSTYLE(私の予想…97点くらい)(641点)

今回の敗者復活枠。昨年の覇者NONSTYLEが復活。

やはり昨年のNo.1、漫才の完成度は非常に高い。
マシンガンのごとくボケとツッコミが飛び交っているのに、
メチャクチャにならないところは流石の構成といったところ。
前半のボケを後半でも再利用する流れは非常に巧い。

私の評価は97点。しかしナイツと順番が入れ替わっていたらどうだったか。
やっぱり最初ってツラいよなぁ。



最終決戦には笑い飯、パンクブーブー、NONSTYLEが残る。
今年はこの3組が抜きん出ていた感じがした。
個人的には笑い飯が好きなので(って毎年言ってるな)、この結果には満足。



さて、最終決戦。ネタ順はNONSTYLE、パンクブーブー、笑い飯の順。
笑い飯が笑い飯で在れるのか、それとも本当にチャーハンになってしまうのか!?



1.NONSTYLE

一本目と同じような漫才…というよりは、これがNONSTYLEの漫才。
畳み掛ける勢いは流石に凄い。かぶせてくるところとか素晴らしい。
とはいえ、一本目と同じような印象を受けてしまったので、
やや評価が目減りしてしまうようにも感じた。


2.パンクブーブー

決勝の勢いそのままにネタに入った感じ。
一本目で緊張が解けていたのか、二本目は最初から硬さがあまり出ずいい感じで滑り出せた。
陶芸家で「マジでツボ」とか、壁に手をついて謝るネタは素晴らしすぎた。
NONSTYLEが一本目と同等もしくはややダウンしたのに比べ、こちらは一本目よりも良くなった。


3.笑い飯

最初にキャッチャーネタ、後半にラグビー(アメフトだったか?)ネタの2段構え。
一本目の「鳥人」ネタが神憑り的な出来だったせいもあって、
二本目はかなり失速してしまった感じ。
いや面白いんだけど、あまりにも一本目が面白すぎたからどうしても…
昔から笑い飯が好きな私にとってはネタの選別、特に最後のチンポジ修正とか
非常に懐かしいネタで来てくれてなんかしらんけど感動を覚えたような気がする。
ただ、チンポジネタは「M-1」決勝という場を考えると「苦し紛れ」の印象が出てしまう。



個人的な順位は、パンクブーブー>笑い飯≧NONSTYLE。



そして優勝はパンクブーブー!しかも審査員全員が投票するという完全勝利!



今年の総評としては、全体的にレベルは高かったけど、爆発力はあまり無かった感じ。
妙に収まりがよかった漫才が多かったって感じでしょうか。
決勝9組で爆発力を感じたのは優勝したパンクブーブーってところでした。
まあ最終決戦に残った3組は頭抜けていましたけどね。

最終決戦の出来で言えばパンクブーブーが、3組の中では勢いが落ちなかったですね。
笑い飯とNONSTYLEは一本目のほうが良い出来でした。
そこらへんが分かれ目になったかもしれません。

まあ、今年は笑い飯の「鳥人」が面白すぎましたけどね!
アレ最終決戦に持って来てたら確実に優勝出来てたくらい。
(まあ一本目にチンポジやってたら敗退してたでしょうけど)


ちなみに、私が感じた9組の決勝の順位はこちら。

1位…笑い飯 99点(668点)
2位…NONSTYLE 97点(641点)
3位…パンクブーブー 95点(651点)
4位…ナイツ 90点(634点)
5位…東京ダイナマイト 88点(614点)
6位…ハライチ 88点(628点)
7位…モンスターエンジン 87点(610点)
8位…南海キャンディーズ 87点(607点)
9位…ハリセンボン 83点(595点)


今年もついったーやりながらM-1見てましたけど、
去年にも感じましたが、人によって評価がぜんぜん違うのがすごく面白いですね。
人の趣味嗜好はまさに十人十色、千差万別ということがよくわかりますよ。
だから、絶対の評価なんてありえない。

私は上記のように感じましたが、他の人はぜんぜん違う印象を持っている。
それは当たり前のことなのです。
そこにあーだこーだ言うのはヒトのモラルが疑われるのですよ。




次回予告ッ!
かつてバイトをしていた管理人は、足元にあるアイテムを見つけていた。
しかしそれを利用したことは一度も無かったのだった!
次回、「百発百中カラーボール」! アレ当てるのすげーコントロールいるよなー。

テーマ : M-1グランプリ - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。