スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第706話「愛でる心」

どうも、めでたいルイナです。

頭ン中身がめでたいとかそういった意味ではございま…す!?


さて、そんなことはどうでもいいので本日のネタを。

考察:貧乳好きの男では“貧乳に悩む女性”に何も出来やしない
「やまなしなひび-Diary SIDE-」

ウチのブログでは久々のひんにゅーきょにゅー論。

こういうネタになるといつも暴走して大変なことに(主に私が)なるのですが、
真夜中に文章を書いているならまだしも、朝っぱら(※この記事を書いたのは午前6時)から
はっちゃけたテンションになるのはこころぐるしいので、今回は控えめに行きたいと思います。


…と、そんな前置きはともかく、「男がひんにゅー好きをカミングアウトしても
女のひんにゅーコンプレックスを拭い去ることは出来ないのか?」という問題。

まあコンプレックスなんて当人の問題なので、カミングアウトされることで
救われる人もいれば、納得できずに救われない人もいるってことでしょうが。

この元記事を見てて、男のほうの対比例として「チ○コ」系のアレを示していましたが、
私はむしろ、

"ただし、イケメンに限…らない”女性も! オタクを選んだ美人女性
「オタクは紳士、一途で誠実、2次元にしか浮気をしない」
 「痛いニュース(ノ∀`)」

こちらのほうを思い浮かべましたね。

スレのレスでも想像通りの反応を示していますが、こんなことをカミングアウトされても
結局は意味無いんじゃないかなーと思うわけです。
いやまあ、「チャンスがめぐってきた!」っていう風に前向きにとらえる人も
いるかもしれませんけど、こういうのってやっぱりマイノリティなわけで。
「それが当たり前の世界」じゃないんですよねこの世の中は。

世間の空気って言えばいいのかな?
「空気読め」的なアレにもつながってくる話になるかもしれませんが、
「そっち系が認められること」が「当然な風潮」にならないと、
こういったひんにゅーコンプレックスやオタ・ブサメンコンプレックスを
消し去ることは出来ないんじゃないのかなぁ。

この世の中で、「男はみんなきょにゅー好き」だとか「※ただしイケメンに限る」な
感覚が跋扈している限り、なかなか無くならない問題なんでしょうね。



次回予告ッ!
しゃべるのが苦手すぎる管理人!
当然の如く、議論を戦わせることも苦手すぎるのであった!
次回、「ドSトーク」! ホンマどSだと思うよ。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。