スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第63話「コピーペーストは漢の料理?」

ひさびさに開放されたぞー!!!

ということでるいなです。
スゲー雪積もってる!!!ウチの地元では1年に1度積もるか積もらんかってとこなのに!



いやー、まさか私の駄文が他のサイト様にて紹介されるとは。
なんていうか、やっぱりうれしいものですね。と同時にすげーハズかしかったりもしますが。

自分の中ではかなり適当かつあっさりと書き連ねただけだったんですが、
案外そういう記事のほうが採用されやすいのかもしれませんね。
肩の力が抜けた記事は見るほうもいい感じで力が抜けてイイのかも。

よそさまのサイトに記事が載ると見に来ていただける人もやはり増えますね。
ニュースサイトに記事を載せていただけるというのはすごいことだと実感しました。
ニュースサイトやってる私が言うのもおかしな話ですが。

[追記 2/9 14:30]
記事に対するコメントを拝見させていただいて、私が特にハッとさせられたのは
「閾値は変化する・日によって、気分によって変動する」といった類のおことば。
確かにそうだなあ…と実感するとともに、(個人)ニュースサイトの管理人も
「人間」なのだということですね。
いつも一定の「機械」じゃないんですよね。そこがまた面白いところでもある。



とまあ、2日前の話はもうこれでおしまいにして、今日の戯言。


これまで半ば意図的に言及してこなかったのですが、私は現在大学院生でして、
ここのところ修士論文でてんやわんやしていたのです。

そして昨日ついに完成の目を見まして、提出を終えたところなのです。

まあこの時期の院2回生・大学4回生は皆そうだと思いますが、
ひーこらひ-こら言っておりました。

まあまだまだ終わってはなく、ダメ出しを当然食らうでしょうし、
これから発表の練習などもやっていかなくてはなりませんので
そうそう気を休めているわけにもいかないです。


「そんな状況なのにどうしてこんな更新を続けてきたのか」という
至極もっともな意見は当然あるでしょう。てゆーか私もそう思います。

これについてはすべてが終わってから言及するつもりでしたので、
またいずれということでひとつ。



で、これまで更新とかやりつつも本分たる修士論文をせっせと書いていたわけなのですが、
まあ一朝一夕には出来やしません。

内容や考察など、いち学生の脳ミソで完璧を求めるのは無謀といったところです。
そこで、内容を補完するために「文献」を参考にするわけです。

参考文献を利用しつつ修論を書いていくのですが、
内容を吟味して噛み砕くことを怠ると、ただのコピーペーストになってしまいます。

まあある程度は仕方のないところではあるのですが。
とはいえ、コピーペーストが大量になってくると文調がコロコロ変わっていって、
かなり気持ち悪くなってしまいます。というか、むしろ面白いくらいです。

こうなってしまうのは、コピーした文章をペーストしたままほったらかしにして、
同じ語句・表現が何度も出てきたりとか、接続詞を入れてなくて文を繋げていないとか、
文章を自分の手で改造・再構築することを怠ったりとか、
こういった感じで文章のつながりの整合性を取らないからなのです。

いうなれば、漁師が釣った魚をブツ切りにして鍋に放り込んだだけの「漢の料理」ですね。
調理をほとんどしないやつです。(素材の味を楽しむといった感覚はおいといて)

出来上がる「料理」が修論、「魚」が参照した文章、
そして「調理」が吟味して整合性をとることですね。
「調理」をしっかりやらないと「美しい料理」にはならないといったところです。

修論も、参照文をコピペするときにはしっかりと「調理」して文章の整合性をとらないと
美味しい料理、すなわち「完成された修論」にはならないのです。



以上、これまでに私が体験してきたことを基に話を展開してみました。
ブツ切りの漢の料理的な修論はもちろん私のファーストテイクですよ。
添削されたらまっ赤っかで帰ってきて涙目でした。(ありがたいのですけども)

皆様が私の失敗を糧に素晴らしい論文・レポートをお書きになられることを
せつに願うといったところでお開きです。魚だけに。



てかもうこれでゆるして…ここんとこかなりくたびれてるので記事もカオス続きですよ。
修論を料理で例えるとかムリがありすぎですね…どうかしてるな…



次回予告ッ!
連日のハードワークにくたびれ気味の管理人。
これはまずいと息抜きにゲームを始めるのであるが、
そこにはすでに堕ちるところまで堕ちてしまった管理人の姿があったのだった!!!
次回、「ヲタクスパイラル」だ!ついに管理人もシンカするのか!!?

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。