スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第666話「プロ野球2009 クライマックスシリーズ・予想編」

どうも、的中率0%の予想屋ルイナです。

さて、日本のプロ野球もクライマックスシリーズ…ようするに日本シリーズが
まもなく開催されようとしております。

パ・リーグでは日本ハムファイターズが勝ち名乗りを上げ、
セ・リーグでは読売ジャイアンツ(巨人)が先程勝ち上がりました。

パ・リーグ、セ・リーグともに、シーズン1位の球団が勝ったという形になりましたね。
セの巨人は3年連続シーズン1位という栄冠を引っさげてもいます。
個人的には、1位チームが勝ち残ったほうが後クサレが無くて良いのではないかと思います。
まあAクラスの常連ではない楽天やヤクルトを応援したい気持ちもありましたけどね。

それでは実にあっさりとですが、
クライマックスシリーズの予選を振り返ってみましょう。


まずはパ・リーグ。


2位楽天対3位ソフトバンクの戦い。

楽天の誇る2枚看板、岩隈・田中両投手が力を発揮した形。
打線も第1戦でソフトバンクのエース杉内投手を打ち砕いたのが大きかった。


1位日本ハム対2位楽天。

総合力で勝る日本ハムと、第1ステージを制し勢いに乗る楽天との戦い。
第1戦は楽天の勢いが如実に現れ日本ハムを圧倒した…かに思えたのですが、
最後の最後にひっくり返され、神通力もここまでといった形に。
楽天としては、第1戦を取れていればまた流れが変わってきたというところですが、
第1戦の大逆転が楽天の勢いを殺し、日本ハムを勢いつかせましたね。



次にセ・リーグ。


2位中日対3位ヤクルト。

終盤に粘りを見せAクラス入りを果たしたヤクルトと、相変わらず地味に強い中日。
ゲームは第1戦、第2戦とも1点を争う好ゲームになりました。
そして第3戦でヤクルトが力尽きたという形に。
ヤクルトは第3戦直前にインフルエンザに罹ってしまった選手が出たのが不運でしたが、
結果を見ると、中日の総合力がヤクルトを上回っていたということかもしれません。


1位巨人対2位中日。

まさに強大なる戦力を擁しシーズンを圧倒した巨人。
昨年と同じ顔合わせになりましたが、戦力差は昨年よりも開いた印象。
また短期決戦の経験という点でも、昨年の経験が付与された巨人にもはや隙は無し。
第1戦は中日に軍配が上がりましたが、その後は巨人がシーズンの強さを
そのまま見せ付けるという格好となりました。



…と、だいぶあっさり目ですが、こんな感じでしょうか。


さて、日本シリーズはどうなるか。

パ・リーグ、セ・リーグともに戦力のまとまったチームが勝ち残りました。
若干巨人が総合力で上回るでしょうか。

予想としては、昨年と同じく実力伯仲した試合となるのではないでしょうか。
どちらに転んでもおかしくないといった感じですね。



…え?勝敗の予想?

あまりたてたくないんだよなー。だって私はパ・リーグファンだから、
どうしてもパ・リーグを贔屓目に見てしまうんですもん。
それに去年もやったけど、結局ぜんぜんハズレてたし。

それでも立てないとこの記事を書いた意味が無いですので、立ててみます。



4勝1敗で、読売ジャイアンツ。


私はパ・リーグファンですが、それでも今年の巨人に隙は無いと見ます。
日本ハムが一矢報いるという形になるんじゃないかと思います。



さあ、当たるかどうか。自信はまったく無いぞ!!!

数日後、このエントリーを晒して笑いものにされる(する?)私の姿が目に浮かぶようですよ。



そんなこんなで、今日はこの辺で。次回は決着後です。




次回予告ッ!
巡回も終わり、テレビを見ていた管理人。
すると画面の向こうでは驚愕のシーンが展開されていたのであった!
次回、「リモートクラッシャー」! まさに事故。

テーマ : 野球 - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。