スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第662話「最後の良心」

おはようございますルイナです。

さて、昨日はウチのアイデンティティたる「次回予告」をやらなかった、
すなわち本日の記事のタイトルの予告を行いませんでした。

昨日は「時間切れ」などともっともらしい言い訳を並べたのですが、
実は次回予告をしなかった理由は別のところにあったのです。

そう、ここにきてついにテキストのネタが尽きてしまうという事態に陥ったのです。

基本的に私のテキスト記事は、他のサイトの記事をひとつ引っ張ってきて
それについてウダウダ語るという、要は「孫テキスト」な感じでやっているのですが、
そのストックがなくなってしまったのです。

ネタが無ければ予告など出来はしない!みたいな感じで、
逃げの一手を打ったというのが真相なワケです。


さて、本日の更新をどうするか。

テキストサイトは「ネタがなくなったときが勝負」と言われているらしいですが、
私は一応ニュースをメインにしてるからなー。
てゆーか私のテキスト記事って「やたら長いコメントをつけたニュース紹介」みたいな感じやし。

オモロい話をやろうにも、それが本当に面白いかなんてわかりゃせんわけで。
まあそこは気にせんでもいいところではありますが。


しかし、昨日の記事の最後にも書いたけど、昨日の朝起きたときはビックリしたわ。
何かこう、下半身がスースーするなと感じたら、パジャマのズボンははいてるのに、
なぜかパンツだけが脱げていたというありえない事態に。

まさに「な…何を言っているかわからねーと思うが、俺も何をされたかわからなかった…」
の世界ですよ。

キャストオフ状態で外出するわけには当然いかんので、
あらためておもむろに装着し、仕事に向かうわたくしルイナさん。

時は過ぎ、1日の仕事が終わりに差し迫ったとき、
もよおしてきたわたくしルイナさんはトイレへ駆け込み、
便座に腰を落ち着かせたのですが、このとき初めて気づいた。

裏表逆にはいていたことに。
1日中リバーシブルな状態で活動していたことに。

光速ではきなおしたわ。
てゆーか、朝起きたときに気づけよって話ですが、無意識って恐ろしいね。


…とまあ、いわゆるパンツネタで本日の更新を終えさせていただきますが、
これからどうするかなー。ネタがあればいいんだけど。
(ちなみにネタって言ってるけど、上の話はモロに事実です)




次回予告ッ!
ついに寝たが尽きた管理人は、新たなネタを求めて巡回していた。
そこで管理人が見たものは、やたらとやかましい集団であった!
次回、「マジック・オフ」! バリバリバリバリ

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。