スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第634話「書きながら考える管理人ルイナ!」

どうも、行き当たりばったりの第一人者ルイナです。

いや、第一人者は言いすぎですけど、行き当たりばったり率は非常に高いですぜ。
「人生は適当に。」がモットーな私です。


そんなことはどうでもいいので、本題。

思考を文章にして、可視化するということ。 「マボロシプロダクト」

テキストを書くことと考えることについて。
考えたものをそのままアウトプットするのではなく、アウトプットしながら考えるということ。

私もどちらかというと…っていうか、ほぼ確実に「アウトプットしながら考える」方の人間ですね。
自分の頭で完成形まで構築していくのはかなり難しい。
それはテキストに限った話ではなく、元記事に喩えられた絵もだし、
よくは知りませんがプログラムなんかもそうだと思います。

とりあえず書いてみて、いったん自分の頭から追い出してから眺めることで、
新たな発想やより良いカタチが見えてくるというのはよくわかりますね。


さて、本日の本題とは多少ズレるかもしれませんが、
私のテキストの書き方は元記事の内容に近しい部分があるなーと感じました。

私がテキスト記事を書くときは、ひとつの「書きたいテーマ」が決まっていますが、
その内容にいたっては、まったくの白紙というか、何もまとまっていないというか、
何しかカオスな状態にあることがほとんどです。
最初から最後まで各内容を事前に考えておけるなんてことはまずありえません。

で、それこそまさに「書きながら考える」という状態なのです。
先が見えてない状態で、とりあえず書いてるんですね。
で、そのときに浮かんだり閃いたりしたモノをそこに書き連ねていく。
これの繰り返しで私のテキストは成り立っています。(「成立」してるかどうかは別の話w)

当然のことながら、今回のこの記事でも同じですね。
書きながら「どういう風につなげていくか…」と考えていますよ。


要は、私のテキストはある意味でアドリブのかたまりということでしょうか。
アドリブっつってもそんないいモンでもないですけどね。





次回予告ッ!
先日、とある診断を受けたところドン底であることが判明した管理人!
その汚名を返上すべく、再び戦場に身を投じるのであった…!!!
次回、「ラブランク」! 汚名は返上、名誉は挽回。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。