スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第569話「タイトル力が磨かれた!?」

タイトル力5か…ゴミめ。…というわけでルイナです。

もしかしたら5すら無いかもしれませんが。

…さて!本日のネタはこちら。

ブログ。タイトル力が欲しい。―タイトルの良し悪しでアクセス数は左右される
「かみんぐあうとっ」

タイトルでほぼ全て内容を言っていますが、まさにこのタイトルの通りで、
タイトルの良し悪しでクリックされる可能性は変わってきます。
クリックされる可能性が変わるということは、そのままアクセス数にもつながるわけです。

(個人)ニュースサイトに採り上げられる可能性ももしかしたら変わるかもしれませんし、
採り上げられた後も、数あるラインナップの中からニュースサイトの読者にクリックされる、
すなわち読んでもらうには、やはりタイトルが重要になってきますね。

では、どんなタイトルが良いか?
まあこればっかりは見る人の興味がどこにあるかによって変わってくるものでもありますね。
興味のある内容であれば見るというのが基本でしょうから。

不特定多数が全般的に興味を持っているような話題というのはなかなかないですね。
そういった記事というと…やっぱり…エロスい記事とか?


さて、こういうネタになると必ずといっていいほど私は自分のブログのタイトルをネタにします。
私はこのいわゆるタイトル論に真っ向から立ちはだかってるようなモンです。
今でこそある程度タイトルにも内容を持たせていますが、昔はひどかった。
書いてある内容とタイトルが全然一致しないことなんて日常茶飯事でした。

どうしてこうなった…のかは、これまでにも何度か言ってきましたが、
私はタイトルも記事の一部だと考えていまして、記事がネタに走るならば
タイトルもネタに走るべきだろうという勝手な思い込みのためです。

それの発展系がブログのタイトルすら変えてしまうというネタですがw

ただ、ネタに走るのは良いんですが、ネタに走った状態で
そのまま他のニュースサイトで紹介されると、かなりこっ恥ずかしい!
なぜかって、たいがい他のニュースサイトで採り上げられるときは
そのまま載せられるわけですよ。ネタに走ったタイトルのまま。

いろいろ記事がある中で、なんていうか空気を読まずにいきなりヘンなタイトルが
どどーんと混ざりこんでいるのを見ると、悶え死にそうになってしまうw

まあそれも、タイトル力があってウィットに富んだタイトルをつけることが出来るならば、
何も悩むことなど無いんですけどね。世の中それほど甘くはないということか。





次回予告ッ!
ドラクエ9が発売されておよそ1週間。
管理人は未プレイながら、各所の感想を見ていると、どうにもやるせなくなるのであった!
次回、「ブラック・フェイス」! 何を求めているんかなー?

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。