スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第563話「ABCD-Z」

どうも、一晩寝かせてもコクと旨味が出てくるわけではないルイナです。

※ちなみに上のあいさつ文は昨日書いたものですが、
  1日遅れてしまったために二晩寝かせる結果となりました。
  もちろんコクも旨味も生まれずじまい。


本日のエントリーは第561話「RX」の続きでありまして、
ここルインズメモリィではめったに採り上げることのない政治ネタをお送りします。

全力で小出しにする宣言通りに1日で終わらせずに2日に分割してのエントリーと
なったわけですが、1日の間(※結局2日間)文章を熟成させる期間があったにもかかわらず、
クオリティはまったくといっていいほど改善が見られなかったのが泣きどころ。

そんな、政治色まったく無し、ちゃらんぽらんの極みたるわたくしルイナさんの
身の程知らずエントリー、再開です。



前回は導入部分みたいな感じになってしまいましたが、
「児童ポルノ規正法の改正」の中身について解説のような駄文を垂れ流しました。
自民党案の「単純所持禁止」と民主党案の「取得禁止」の2つの案があり、
特に「単純所持禁止」がどのような影響を起こすか、その流れをまとめてみたものです。
まとまっているとは到底言いがたいですけど。

で、結局私はいまだによくわかっていないのですが、
政治家の皆様方が「何のために規制しようとしているのか」、
「どうしたいがために規制するのか」という、根底に流れる理由がよくわからないのです。
またそれと同時に、主にネットで(私の情報源の基本がネットのため)この規制に対して
これはおかしいとかなんとかかんとか叫ばれていますが、
そういった声を上げている人たちは「なぜ文句をつけているのか」という、
こちらも根本的な理由というものが見えてこないのです。

これらについて、搾りカスの如き私の脳ミソを振り絞ってコメントをつけてみようと思います。
なんというお門違い!!!



・児童ポルノ規制を行おうとする理由

法案を決めようとするときはいつもチマチマとしたペースでしか進まないよなーと
感じるところですが、「こういう」法案の場合は実にスピーディ。アッと言う間に決まる。
この即断即決さを他の場合にも活かしてくれんもんかと思ったりもしますが、
まあその話は置いといて。

根本の理由「なぜ規制をしようというのか」。言い換えれば「なぜ規制したいのか」
教えてエロいひと!…もとい、偉いひと!

…冗談はともかく、これに対する回答としては当然のことながら、
「児童ポルノの魔の手から児童を守るため」というところにあるでしょう。
逆に言えばこれ以外の理由はあまり考えられず、
そうでなかったらそれこそ一体何のために?という話になると思うのですよ。


で、この次に出てくる問題は、「児童ってどこまでが児童?」ってことと、
そもそも「(児童)ポルノって何ぞや?」ってこと。

「児童」の定義については、わが国では「18歳未満」と定義されていますね。
他の国ではもっと低く設定されているところもあるようですが、とりあえず置いておく。

で、「ポルノ」すなわち「猥褻」の定義については、はっきり言ってよくわからん!
それもそのはず、実際に法律上でも明確に定義されていないものらしいです。
「性欲を興奮させるもの」って言われても、なんやねんそれはってところが明確でない。
性欲を興奮させる「まさにそのもの」ってところが大事であるにもかかわらず。

これについては法律自体がこんなんだから、それこそなんでも猥褻に当てはめることが
出来てしまうわけですよ。もう何度も言ってるけど、人間の性欲はどこで刺激されるか
わかったモンではないですからね。
槍玉に挙げられている「ジャニーズの上半身ハダカ」で(性的に)興奮する人なんて
たぶん結構いるんじゃないかと思いますし。

で、ネットでの情報を見るにつけて、おそらく最も反発が多いと感じた部分である、
「創作物」、すなわちフィクションの児童ポルノ(と目されそうなもの)について。
これはまあ他のところでより詳しく書かれていると思うので私はあっさり流しますが、
「表現の自由」という言葉もありますけど、想像の産物に対してしょっぴくというのは
やりすぎなんじゃないのかなぁと思うところです。
それで現実の児童に迷惑をかけないという当たり前の事さえ守れれば。


さて、定義の話はこのくらいにしておいて、そもそも規制をする理由である(ハズの)、
「児童ポルノの魔の手から児童を守るため」というところに戻ります。

規制をすることで、「単純所持を禁ずる」ことで、「反復取得を禁ずる」ことで、
本当に「児童を守ること」ができるのか?そこに繋がるのか?というところです。

私の意見としては、

・児童ポルノの規制自体は児童の被害を減らす効果がある
・しかし、「単純所持を禁ずる」ことは直接的には効果が無い
・創作物を規制しても児童を守ることには繋がらない


と思います。

規制自体は「児童を守るため」といわれて納得できるものなのですが、
ポルノグラフィを「持つこと」を禁止しても何が変わるねんと思わざるを得ません。

そしてフィクションである「創造の産物」についてダメ出ししてくるというのは、
もはや現実の児童を守るという観念から外れており、
単純に「エロ漫画やエロゲーが気に食わない」と言っているのと同義にしか思えない。
こうなると「児童を守る」という目的がただの「エロいものの撲滅」に挿げ変わっています。
これをやるなら、「創造のポルノグラフィ」が「児童に悪影響を及ぼす可能性」
(創造の産物でハアハアすることに飽き足らず、現実の児童に手を出すなど)
について考えていかなければならないと思います。



・(主にネットで)なぜ文句をつけているのか

児童ポルノ改正案が通りそうなことに対して、(ネットでは)やたらと反発が多いです。
その主なるところは上にも記したように「単純所持禁止」と「創作物の規制」について
物申しているのがほとんどですが、
こちらもそもそも「なんでそんなに反論してるの?」という考えが私の中にあります。

正味の話、そんなに関心のある話なのか?とも思うわけです。
それほどまでに規制されて困るのか、という感じですかね。

規制されて困るというのは、もちろんいわゆる「表現の自由」に関わるところの
反発もあるのでしょう。また、関心が無いからっといって規制されても問題ではないという
考えに反発するというのもわかります。

ただ、こんなことをいうと怒られるかもしれませんが、何かを表現するに当たり、
「児童ポルノ(の創作物)」である必要があるのか?とも思うわけで。
自由だからってわざわざ危険なかほりのする題材を採り上げるというのも
表現者ではない私からするとよくわからんところではありますね。

で、(児童)ポルノ規制、とりわけ「単純所持」に対しての反発が多いというのは、
やっぱり「持ってる」からじゃないのかなーと思うわけですよ。
「持ってる」から、所持が禁止されることに対してちょっとマテと言いたくなるんじゃないかと。
まあ私だって別に持ってたりすることや、それでひとりでハアハアすることくらいは
それこそ自由だと思ってますけどね。



関連:2chスレ

【児ポ法】 自民党・葉梨氏「ジャニーズ上半身裸は『1つの思い出』だからOKと考えている。
ジャニーズがアウトになるのは民主党案」
 「痛いニュース(ノ∀`)」
スレタイに対して脊髄反射的コメントをつけるなら、「思い出」だったらええのんかいと。
そんな言い方してしまったらホンマもんの児童ポルノですら「思い出」にされたら
手も足も出せなくなってしまわないか?
あと、どうも責任のなすりつけ合いをやっているようにしか見えないんですよね。
規制する方向は一致してるんだから、折り合っていけばいいのに。

野田「えっちなのはみーんな規制なのだー!」 「働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww」
本当にちゃねらーは逞しい。たくましすぎるwww
しかし冗談抜きで何でもかんでも一緒くたに規制してしまえー的な
勢いで進めていかれるとたまったもんではないですね。
こういう流れってエロに限った話ではないですからね。


さらに関連:

MAS-Rさんの児ポ法改正議論に関する意見 「赤の7号」様(7月2日の記事)
「舞軌内雑筆店」様より経由)
この話題に関して、最もまとまっていてわかりやすい記事だと思います。
てゆーかこういう記事があったら私の記事いらんよな…っていう話にもなるなw

児童の写真も映像もステージもすべて禁止にすればいい
「Weep for me - ボクノタメニ泣イテクレ」
前回も書きましたが、人間の性欲というものは果てしないものです。
何に興奮するかなんてそれこそ人の数ほどあるのです。
(あまりにマイナーだとそれは「変態」扱いになるわけですが)
倫理的にも道徳的にも大多数の人が問題ないと思えるようなものであっても
「そういうもの」を性的興奮の対象にしてしまえる人間はいるものなのです。

性欲をもてあまさないための戦い 「負け犬のプライド」
外野であーだこーだ言っている人向けの記事(?)。
上の本文で書きましたが、文句を言ってる人は「なぜ文句を言うのか」っていう
根拠の部分がわからないんですよね。で、やっぱりみんな4なんですかね?

何のための成人規制なんだか・・・  「ダイアリエ「いないいないばぁ」」
この記事の中に出てくる「サバイバルナイフ」で言うなら、
規制されたことでサバイバルナイフの所持ができなくなり、
確かに「サバイバルナイフが凶器として使われた事件」はほとんどなくなりました。
しかし、ただそれだけのようにも思えるのです。
根本的な解決になっているのかどうかが私にはよくわからないです。
だって、サバイバルナイフが使えないっていっても、ぶっちゃけた話、
カッターナイフとかハサミとか包丁とかで代用利いちゃうじゃん?とか思ってしまうわけですよ。
要は「サバイバルナイフを規制することで犯罪が抑制されているのか?」ってところですよね。

「日本は児童ポルノの温床になっているから規制すべきだ!」と言われるけどさ
「やまなしなひび-Diary SIDE-」
記事中の関連記事も非常に参考になります。
なんていうか、目先の問題解決を考えているだけっていう思考回路なのであれば、
なんじゃそりゃと言いたくもなるというものですよね。

児童ポルノ規制について、結局どうなったらいいのか考えてみた。
児童ポルノ規制はどうなったら納得できるのか、自分なりの法案を考える
以上、「酔拳の王 だんげの方」
で、これですよね。
ただ単にあーだこーだ言うだけっていうのは芸が無いというか、ただの野次馬ですよね。
自分なりの考えを持つというのは凄く大切なことだと思うのです。

…私は対案を考えていませんでしたが。なんというただの野次馬!







…というわけで、ルインズメモリィ史上稀に見るとてつもなく無謀なエントリーでした。

よくわからんものに対してコメントつけるという行為が非常にムズかしいものであるということが
身をもって体験できたエントリーでもありました。

至らないところもある(てゆーか、至らないところだらけ)かと思いますが、
そこはひとつ穏便にw





次回予告ッ!
もはやご飯をおかずにしてご飯をおいしくいただけるほどにご飯が好きな管理人!
しかし夏バテからかご飯をたくさん食べるのがキツくなっているのであった!
次回、「おかわり!」! 4文字系萌えアニメ?

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。