スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第524話「真・Arts or Sciences?」

どうも、実は文系な性格をしているかもしれない理系のルイナです。

いやね、大学の2回生くらいのときにマジで思ってましたからね。
「私は文系のほうが向いていたんじゃないのか…!?」って。

論理的かつ理詰めで物事を考えるのが微妙にニガ手なんですよね。
なんていうか、フィーリングで考えることのほうが多いです。

…まあ、ただのテキトー人間だからだといわれればそれまでですが。



さて、本日のネタは前回の第522話「Arts or Sciences?」の続きです。
「真」が付いている以上、前回のようなわかったようなわからんような講釈を
たれるよりももっと根源的な理由について肉薄したいと思っております。
ちなみに、タイトルの「Arts or Sciences」とは「文系 or 理系」という意味です。


前回は理系に進む学生が少なくなる理由のひとつとして、
「費用対効果が悪い」という要素を挙げましたが、
自分で言っておいてなんですが、正味の話、進路を決めるタイミングである
高校1年生くらいの時点で、大学生活などの将来的な費用対効果を
把握しているなんてことはそんなに無いんじゃないかと思うんですよ。
費用の予測はともかく、効果(=リターン)なんて実際に大学・大学院生活と
就職活動を経験し、そして仕事に就いてようやく実感が沸くようなものですからね。


さて、そこで本題。
進路決定時点で費用対効果の実感があまり無いと言うのであれば、
だったら学生は理系か文系かを、何を基準に決定しているのか?

そう考えると、まず出てくるのが「得意教科」でしょうね。
数学や化学、物理が好きだから理系に進む、国語や歴史が好きだから文系に進む…など。
またその逆もありえるでしょう。数学が嫌いだから文系に進む…など。
ちなみに私は国語の読書感想文が大のニガ手だったから理系に進んだのです。
…結局感想文とか論文とか書かされまくって涙目になったけどな!


…しかし、この結論はあまりにも当たり前すぎる!
「真」と銘打ったからには、こんな当たり前の話に落ち着かせるのは据わりが悪い!

そもそも、得意教科うんぬんで話をするなら、ある程度の振れ幅はあるにしろ、
理系と文系の配分はフィフティフィフティになるはずです。
文系教科が好きだという学生がいるなら理系教科が好きという学生も確実にいます。
極端に偏るということは統計的に考えてもそうそう起こり得ないことだと思うのですよ。

にもかかわらず、現実は文系に進む学生が圧倒的に多いです。
8クラス編成で理系1クラス、文系7クラスという状況もザラです。
まあ、世の中には理系のほうが多い学校もあるかもしれませんが、
私が見聞きした限りではどこの高校でも理系はかなり少ないです。


ならば、なぜ文系に進む学生が極端に多くなるのか?

好き嫌いで分かれるのはあるとしても、それが全員が全員とはまた考えにくいですね。
オールマイティーにデキる学生や、そもそも勉強自体が好きくない学生、
別に理系教科も文系教科も好き嫌いの区別は無い学生など、
ニュートラルな立ち位置にいる学生がそこそこたくさんいてるでしょう。
ていうか、おそらく大部分はこういう学生なのではないかと思いますね。

で、文系に進む学生が集中してくるのは、このニュートラルな学生が
挙って文系に進むからではないか…と考えるわけです。


では、ニュートラル学生が進路を文系に選ぶ要素は何なのか?

理系と文系を選ぶ際に、教科の魅力が同等であるならば、何が魅力なのか?

こうなってくると、心理的な要素が働くのではないかと思うのです。


そこで注目すべきことは、理系には女子がかなり少ないことです。

男子はまだそれなりに理系に進みますが、女子はもうホント極端です。
男子が30-70の割合に対して、女子は5-95くらいの割合です。(個人的感覚)

なんていうか、「女子は文系に進むもの」といった常識めいた定説めいたものが
感覚としてあるようにすら思えるのです。偏見も甚だしいのでしょうけど。

そういった要素があって、女子はよっぽど理系カテゴリーが好きでない限りは
ほぼ文系に進むと感じるのです。上で言ったニュートラルな女子学生が
挙って文系に流れるといった感覚ですね。

そして残りのニュートラル男子学生が文系を選ぶのは、
こういった女子学生の流れを感じ取って、「文系に進めば女子がたくさんいる!」という
ヤマしい(?)考えのもとに文系を選んでいるのではないか!?
…などと思うわけですよ!



…なんか最後の話の持っていき方がムチャすぎるような気がせんでもないですが。

ちなみに、周りに女子がたくさんいるからといって、
その状況がモテることにつながるとは限りませんのであしからず。





次回予告ッ!
早朝…というよりも、深夜・未明の時刻から更新を始めていた管理人!
眼をこすりながら巡回していると、異彩を放つ記事を見つけた!
そのあまりの神々しさに管理人はただただ平伏すのみであった!!!
次回、「ゴッド・オブ・スレッド」!まさに神。まさにゴッド。

テーマ : 教育って何だ? - ジャンル : 学校・教育

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。