スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第518話「儲けることってネガティブ?」

パンデ(ry …もうええ加減にしときなさいと言われそうなルイナです。

しかし昨日も書きましたが、生活圏内のマスク着用率がハンパないことになってます。
まあ私の会社でも、通勤中と業務中にマスクをするようにとのお達しがあったわけですが、
どこもかしこもマスクだらけですよホント。

以前にも言いましたが、私はマスクをするのはニガ手なんですよ。
マスク内が自分の吐息でモワァーってなるのがどうにもキショク悪くて。
ですからあまりマスクしたくないんですが、マスクをしろといわれれば
それに従わざるを得ない、げにかなしきは社ちk…もとい、社会のルールかな。


で、この騒動(?)が巻き起こったとき…もっと言えば、GW直前に豚フルエンザの
ニュースが席巻したときに、私の脳ミソに湧き出でる感想は、

「これ、今のタイミングでマスク売り出しまくったら大儲けやな…」

というもの。

だって、確実にマスクの需要があるわけですよ。なにせ社会問題にまで発展し、
半ば強制的にマスクを準備しなくてはならないわけです。
それも、1日で収束するようなものでもないですから、大量に必要になるのですよ。
もうバカ売れは必定、マスク業界にとっては特需といえる状況なのです。

そして現在、マスクは売れに売れて、どこに行っても品切れ状態です。
なぜGW前くらいからこういう状況を予測できなかったのか!と思えるほどに。


…と、ここまで思って少し期間を置いてみると、ちょっと自分にゲンナリしてしまったんですよね。

マスクをするというのは、もちろんインフルエンザウィルスから身を守るためです。
もしもインフルに罹ってしまおうものなら、当然仕事にはなりませんし、
その上ニュースに取り沙汰されて、やれ責任問題だとか対策がどうのこうのだとか、
びみょうにめんどくさいことになってしまいます。

インフルエンザに罹るというのは、言ってしまえば不幸なことなのです。
健康だったのが不健康になるということから考えても、決してラッキーなことではない。
不幸になるのを少しでも防ぐために、マスクという対処をするのです。

それを…ですよ。この機会を特需と考えてマスクを大々的に売り出して大儲け!
…なんて考えてしまうというのは、人の不幸につけこむ行為ではないのか!?
って思ってしまったんですよ。


実際、儲けること、お金が入ることはネガティブなことではないです。
金は天下の回り物。マスク業界に金が入ることによって、
より高性能でコストがさらに安くなるマスクの開発につながるとも取れるのにもかかわらず、
なんでこんな風に思ってしまったかっていうと、
これは「大儲け」というキーワードのせいなのかなと。

「特需」という単語だけなら私もそこまで深読みはしませんでしたが、
「大儲け」という言葉だと、なぜかネガティブな方向に考えが向かうのです。

それはどうしてかと言われても、感覚的なものとしか言いようが無いところですが、
「儲ける」ということに対しての僻み成分が入ってしまっているのか、というところでしょうか…



…とまあ、ここまでのネタは某所に投稿して、自分で勝手に自己嫌悪して
詫びコメントをつけたというところから来ております。
自分のところでやればよかったのに…という後悔(のような感覚)から、
今回のエントリーが生まれたというわけでした。





次回予告ッ!
…って言いたいけど、まったく巡回していないため次回予告できず。スマヌ。

しかし昨日と今日のエントリー、2回連続で予告と違うタイトルつけたんだよな…
これじゃ次回予告の意味が無いではないか!ジャンプの次回予告じゃあるまいに!

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。