スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第506話「美しき言の葉」

どうも、美しきブロガーのルイナです。

何がと言われると苦しすぎるって言うか、冗談なんですけどね。

まあそんなことは置いといて、早速本題。

あなたの文章を(ほんの少し)綺麗に見せる九つのテクニック。 「Something Orange」

私も「巧い」文章を書くことを目標に日々更新していますよ。
まあ実践できているかはともかく、心がけとしては意識しているのです。
ですので、出来るだけ文章におかしなところが無いかチェックしたりしてるんですけどね。

で、この記事では上手な文章を書くに当たって留意すべきポイントを列挙されています。
そこで、私もこれらのポイントを実践できているかチェックしてみましたよ。


一、理想をもつ。

もちろんこれは持っています。美しく、巧みな文章を書きたいと。
ただまあ、その理想に近しい文章を書けているかといわれると
首を傾げるようなものばかりではありますが。


二、リズムに留意する。

リズムですか。これは意識できているのかな?
感覚的であれですが、一行の文字数とかを操作しているという点で
リズムというかバランスをとっているのですが、
たとえば韻を踏むとかそういったものはあまり上手くやれてないですかね。


三、ただひたすら削る。

…や、やばい…ムダだらけや…(;・∀・)
私の文章のほとんどはムダによって成り立っております。


四、句読点に気を配る。

これはあまり意識していなかったかなー。
一文が長くなりすぎないように読点を打ったりはしてますけど、
なんていうか、わざと打つということはあまりしてないですかね。
あまり多すぎてしまうと、なんか読む間につまずくような感覚があるんですよ。


五、改行を意識する。

今回の項目の中ではこれを最も意識していますね。
文章のひとかたまりがあまり大きくならないように、
名詞や形容動詞などのひとつの単語が分離しないように、
また何よりも見やすい(と私が感じる)ように、
出来るだけ改行を駆使して美しい文章になるようにしていますよ。


六、仮名を使いこなす。

…これはちょっとやられてしまうかもしれないな…
私は結構漢字が好きなもので、文章にも漢字を入れたくなってしまうんですよね。
確かにひらがなのほうが見やすいしわかりやすいんですよ。
それでも、なんか漢字を入れてしまうのは元記事にあるような、
「無意味に知識をひけらかしている」ということなのでしょうか。


七、記号を避ける。

おいおい、入れまくってますよこれ。さっきも(;・∀・)←コレ使ったし。
まあテキスト記事では「w」とか上記の顔文字とかはあまり使わないですけど、
ニュース記事のコメントだと使いまくっていますね。
便利だから使うけど、確かにキレイではないかも(;・∀・) …ってまた使うか。


八、詩を殺す。

リズムに注意するのとはまた違うのかな?
詩的な文章というもの自体がまだ私には出来ないところですので、
これに関しては実践するとかそういう以前の問題ですね。
「韻を踏む」とかはこっちになるのかな?


九、コンビネーション・ブローをめざす。

う…これはぜんぜん出来ていないな…
文章を作るに当たって、私の場合は最初から最後まで行き当たりばったりですから。
その瞬間瞬間で文章を生み出しているというか、まったく計算してないですね。
だからよく文章がムチャクチャになったり、支離滅裂になったりするんですよね。
たまには最初から計算尽くな文章を書いてみたいけど、
それをやるには時間が足りないんだよなぁ…



とまあ、9つのテクニックを自分に当てはめて考えてみました。

巧い文章を書きたいとは思っているんですが、なかなか上手くはいかないんですけどね。

それに、

【ネット】確かに“読めてしまう”コピペに2ch住人が「人間すげー」と驚く
「痛ニュー速報!」

こういうのもあって、文章がヘンでも案外普通に読まれたりするものですし。


でもまあ、こういった「上手な文章を書いてみたい!」という意識って、
なんていうか自己満足みたいなものですから、
目指すべき目標として設定し続けるのは問題無いようにも思っています。





次回予告ッ!
美しい文章を書こうと躍起になる管理人!
ちょっと疲れた拍子にふと部屋の隅に目をやると、そこには黒く輝く存在があった!
次回、「Gの歩行」!カサカサカサ

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。