スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第41話「ネット界の果てで大手を騙る管理人RUINA」

どうもです。ルイナですよ。

おかげさまで我が闇鍋ブログもついに41話です!!!



…え?ハンパすぎるのに何言ってんだってか?

ふ…甘いな…

更新休止中にコッソリ(?)続けていた「閑話」を合わせると
今回のエントリが50回目の更新になるのだよ!!!(閑話は現時点で9回)


だからといって記念になんかやるわけでもないですが。
私はただただこの超零細駄文ニュースサイトブログをテキトーに続けてゆくだけですよ。


零細といえば、世の中には数限りないサイト・ブログが存在しますが、
私の知る限り、たいがいのサイト様が自らのサイトのことを
「弱小サイト」だといっておられますね。

私はそれを見るにつけていつも思うのですよ。

どー考えても私のサイトブログよりでかいぢゃないか!!!!!!

と。


私の感覚でモノを語るのは危険ですが、私からすると毎日のアクセスが
3桁もいってればいわゆる「大手サイト」だと思うんです。すげーと思う。
アクセスが全てではもちろん無いですが、取り敢えずの指標として。
少なくとも、私のブログと比べるとどこのサイト様も大手でしょ!ってことを言いたい。


まあ、ある意味では実に日本人らしいですね。謙遜・へりくだりの文化です。


んで、どっからどう見ても大手だと思うのに大手と言わずに弱小だと言う。


そこで私は思ったのです。

この広いネットの世界に、大手サイトなるものは存在しない、
少なくとも公言しているところは無い、と。


それはなぜか!!?

それは、各サイト管理人様の理想に達していないからではないか!!!と。

大手たる目標があり、そこに至っていないから皆様「弱小」だとおっしゃるのではないかと。


ようは、自らの気の持ちようなのだと思うのですね。「弱小」と「大手」の境目は。


ある意味、自らの満足度にもよるのかもしれません。



そこで私は考えたのです。

自分のブログを「弱小」だと思わなければ、
自分のブログに満足していれば、

自分のブログは「大手サイト・ブログ」なのではないか?と。



すなわち、私の思い込みようによっては、

我がブログが大手であると公言できるのではないか!

と。


…というわけで、大手サイト「るいんずめもりぃ」をよろしくお願い致します☆












…真に受けないでくださいね。ネタですから。
論理展開も最後のひとことのためにやってます。ネタですから。



関連:
弱小サイトであることのススメ
それでも弱小サイトのススメ
「アホ理系青年の主張~窓野マサミ☆ネット街の悪夢~」
弱小であることに誇りを持つ考えですね。気が楽ともいいますが。
気楽にやっていけるのはいいことだと思いますよ。少なくとも私はそう思います。


大手サイトの定義を考える 「とあるブログの舞台裏」
チェックやってみました。
すべて当てはまっていませんでした。
あふぃりえいとってナニー?? SEOってナニー???
…んで、
「自分のサイトは弱小だから」でおなじみの”弱小弱小詐欺”にご用心 「どらみそら。」
こちらのチェックもやってみたところ、
Bが7コでした。
やっぱり我がブログは大手だー!!!(オイ)
てゆーか、今回の私の記事の本質はここで既に語られています。


「弱小」という名の虚栄心 「白い戯言」
自虐から発展するものはないということでしょうか。
だから、皆様も「大手」と公言しましょうよ!(まだいうか)


自虐を書きたくなる理由 「よなかのとり」
ま、結局はネタですよ。
弱小うんぬんの話は、これがすべてのような気がします。



…1年以上前に既に語り尽くされていますね。

結局は他力本願な私でしたとさ。ちゃんちゃん。





次回予告ッ!
どこからどう見ても零細ブログのクセに大手といってはばからない管理人。
真面目な話をしているのにくだらないことを言ってヒンシュクを買う管理人。
そう…管理人は空気の読めない子だったのだ!!!
次回、「KY=空気読めない子には厳しい世の中」でどうだ!タイトルもKYッ!

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。