スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第472話「プロ野球2009 順位予想! ~パ・リーグ編~」

プレイボール! …というわけでルイナです。


さてさて!先週のきんようびからプロ野球が開幕いたしました!
野球ファンにとっては半年間にわたる娯楽イベント、
ファンじゃない人にとってはテレビ番組枠がつぶれる厄介イベントです。
…といっても、近年では野球の放送枠が縮小されてしまっていますが…


野球ファン、特にパ・リーグファンであるわたくしルイナさんは
ペナントが始まるのを非常に楽しみにしておりました。
ちなみにオープン戦のときにほとんど反応していなかったのは
オープン戦に調子が悪かったのに蓋を開けてみるとやたら活躍するとか、
逆にオープン戦で活躍していたのにペナントでからっきしだったりとかあるので、
あまり一喜一憂するのもなんだかなーという思いがあるためです。
そんなこんなで、私はオープン戦はたいして重視しないのです。


というわけで、今シーズンの順位を予想しちゃおうのコーナーを今年も開催いたします!
当たっても何も出ませんが!


野球好きな素人が語る戯言のコーナー、スタートです!!!



[パ・リーグ順位予想]

1位 西武
2位 ソフトバンク
3位 オリックス
4位 日本ハム
5位 楽天
6位 ロッテ



1位は西武。
昨年優勝、日本一に輝いた西部が今年も優勢ではないかと予想。
なにしろ、去年と比べて戦力がほとんど変わっていないのです。
やや防御率が悪かった昨年の投手陣ですが、投手の枚数は相変わらず揃っており、
試合を作れる投手には困らないです。中継ぎ・抑えもまずまずといったところ。
打線のバランスも昨年に引き続き良いと感じます。
巨人ではあまり活躍の機会を与えられなかった印象のある清水選手ですが、
西武に移籍したことで実力を発揮できるか。

2位はソフトバンク。
王監督から秋山監督へ世代交代したソフトバンク。
昨年は最下位に沈みましたが、その屈辱をバネに出来るということと、
もともとの底力は群を抜いているというところから、西武と優勝争いをするのではないかと。
杉内・和田両左腕の安定感は毎年のことですし、抑えには馬原投手。
打線も昨年と変わらず、小技も大技も利かせられるラインナップですね。

3位はオリックス。
昨年はまさかの大躍進で2位にまで駆け上がったオリックス。
その勢いを買い、今年もAクラス争いを演じてくれるものと予想します。
昨年の初期は投手崩壊状態だったのですが、一度ドン底まで落ちれば後は昇るのみ。
悪くても悪いなりに整えてきて、終盤では計算できるまで整備されました。
抑えには加藤投手が座っていますし、なかなか安定してきたのではないかと。
一方、昨年12球団1の超重量打線を誇ったオリックスですが、
今年は楽天からフェルナンデス選手を獲得して、重量にさらに重みをかけるという
もはやワケのわからんとんでもない打線に。まあ大村選手の出戻り(?)など、
かつて俊足を誇った大石監督らしく、足を絡める戦法も取れる布陣でもありますが。
破壊力は凄まじいですが、打線は水物でもあるので、機能するかどうかが問題かも。

4位は日本ハム。
守護神マイケル中村投手を巨人に放出した日本ハム。
近年はロースコアの接戦に強いチームカラーを築き上げていますが、
だからこそ絶対的な抑えがいなくなることのダメージは大きいのではないかと思います。
打線は二岡選手が加入したのが目玉といえば目玉ですが、
劇的に梃入れされたかといえば、なかなかそういうわけにもいかないのではないかと。
打撃力に難があるのは今年も変わらないように思います。
チームとしての底力はあると思うので、Aクラス争いの中心となると予想します。

5位は楽天。
今年もやはり戦力バランスが取れている印象の楽天です。
ただ同じくバランスが取れたソフトバンクと比べると、まだどうしても底力で劣る感じ。
投手は岩隈選手、田中選手が二本柱としてもはや不動の存在ですが、
後に続く選手がどれだけ活躍できるかにかかっているのも昨年と同じ。
打線の最大の目玉は中日から移籍した中村選手と、日本球界に戻ってきたセギノール選手。
長距離砲が揃ったことで、打線のバランスがさらによくなった印象です。
総合的に考えると、昨年よりもAクラス入りの可能性は高いのではないでしょうか。

6位はロッテ。
昨年は中継ぎ3本柱が根こそぎいなくなってしまい、防御率もパ・リーグ最下位。
投手陣の整備が必要のように思われますが、先発投手は枚数が揃っているので
リズムに乗れば抑えることは難しくないでしょう。
打線は昨年までメジャーリーガーだった井口選手が加入し、中心軸が出来た感じ。



今年のパ・リーグの感触ですが、昨年と大きく印象が変わったチームはありませんね。
しかし、さらに予想が難しくなったように思います。

近年のパ・リーグは各チームの戦力差があまり浮き彫りにならないように思いますね。
野球ファンとしては、かなり良い傾向だと思います。
突出したチームが無く、全チームが均衡しているからこそ、
1試合1試合が緊迫した好ゲームになる可能性が高いのです。
ハッキリ言って、どのチームも優勝する可能性は十分にあります。

今年の、いや今年もパ・リーグは、絶対面白くなります!!!



…とまぁ、野球素人たる私の予想はこんなかんじです。
当たるかどうかはわかりませんが、ペナント終了時にこのエントリーをひっぱってきて
おもいっきりツッコんでやろうと思います。



それでは今回はこの辺で。どうなるかなーっと。
…あ、セ・リーグはまた今度ね。




次回予告ッ!
もったいないことをするのは気が引ける管理人!
食べ物を床に落としてしまっても、すぐに拾い上げて食べるのであった!
次回、「15秒以内なら落とした食いモン食っても大丈夫!?」!そんな長かったっけ?

テーマ : プロ野球 - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。