スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第37話「管理人、ネットの海に釣り針を垂らす事。」

ルイナでございまーす!


今回のタイトルの元ネタがわかるヒトはとんでもないマニアです。


それはともかく、何でこんなわけわからんタイトルになったのかというと、

ブログはタイトルから? それとも結論重視? 「すちゃらかな日常 松岡美樹」

この記事を拝見したからです。

で、私はこれにどう答えていいのかわかりません(苦笑)。なんじゃそりゃ。

何かのシーンや心にひっかかる発想が突然わき、まずメモる。
で、それをテーマにしたりオチにしたりして1エントリを書く。
カケラから全体が生まれるパターンだ。

私が何か書くときは基本的にこのパターンです。
ところが全体を非常にテキトーに書いてしまうのでよく暴走します。
収拾が付かなくなって投げ出すことがほとんどだったり。

読む側にすれば、文章の冒頭で「それが面白いかどうか?」を素早く見極め、
つまんなかったら一刻も早く「次」へ行きたいって心理が働く。
逆に頭の3行で読み手の気持ちをキャッチすれば、
あなたのエントリは最後まで読んでもらえる。

特にネットユーザはリテラシーの高い人が多いので、
あんまりタイトルに力が入っていると「中身がないな」と見切られる。かえって逆効果だ。

以上、ブログはタイトルから? それとも結論重視?より引用

うう…ヒジョーに耳が痛い(苦笑)。

で、こんな記事も。

ブログを書くときのマイルール 「北の大地から送る物欲日記」

「マイルール」ということで、今回のエントリはわたくしRUINAさんが
記事とタイトルをどんな風につくり出すかをしるしてゆきたいと思います!


上記のとおり、私は何かひらめいた事柄を元に書くところから始まります。
そして記事内容にビミョーにあってそうなネタタイトルを考えています。
一発でひらめくこともあれば、唸りながら捻り出すときもあります。

タイトルで遊ぶ行為は、ブログ始めた時に後先考えずいきおいでやったことで、
今でもそれをやり続けているのですが、なぜこんなアホなことをしているのかというと、
記事がネタである以上、タイトルもその一部であると考えているからなのです。
中身がおちゃらけたモノなんだから、タイトルもそれに合わそうぜ!ってな感じです。

私は基本的に記事ありきでタイトルを考えています。
しかし「次回予告」なんていうこれまたアホなことやってるせいで、
ひとつ前のエントリでタイトルを決めるという意味のわからん状況になっています。
記事そのものが無いじゃねーか!

ですので、私の意識としては「記事ありきのタイトル」ですが、
記事を起こすときは、「前回予告したタイトルから記事を書く」という
非常に矛盾した、ねじれた状況になっています。
ニュースサイト更新のときは特にきつい。なかなかタイトル浮かびません。
紹介する記事があまり無い状況で考えないといけないですから。


実際のプロセスとしては、

「ネタを思いつく」→「おぼろげに記事を考える」→「タイトルを考える」→「記事を書き始める」

というカンジになっています。



…で、結局何が言いたいのかというと、

「タイトルと冒頭の3行で心をつかめ」

ブログはタイトルから? それとも結論重視?より引用



私のブログはこれに真っ向から反したブログであるということです。合掌。
…中身もたいしたこと無いけどな!グスン





次回予告ッ!
奇妙な釣り針(タイトル)を用いてネットの海へ釣りに出かける管理人だったが、
その釣り針は実はマチ針だった!それでもめげずに釣り針を垂らすが、
エサ(内容)があまりにも安物過ぎた!これでは何も釣れなくて当たり前だ!!!
次回、「釣れども釣れども海藻ばかり」だ!魚釣りに来たはずなのに!!!

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。