スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第438話「ネタバレが怖くてニュースサイターやってられっか!」

どうも、いろんな意味で正体がバレバレなルイナです。

ま、リアルでは私がネットの住人である事は知られてはいませんがね!

…これで実はバレバレだったけどヘンに気ィ遣ってバレてないよー的な空気を
作り出されていたら私は失意のあまり死ぬかもしれんな…



…まあそんな物騒な話はこのくらいにしておいて(現実逃避)、本題行くよ!

ニュースサイトたん4コマ第22回『ネタバレ』 「MOON CHRONICLE」

我らがニュースサイターはもとより、ネットで情報を得ている人からすると
ともすれば最も気をつけなければならないのがこの「ネタバレ」。

ウェブの世界は広くて深いもの。
やたらと情報を得るのが早い人もいれば、新作ゲームを発売日前にゲットして、
次の日にはクリアしているなんていう人もいてます。

そしてそのような超高速の情報は、一般的な人からするとまだ触れてもいない、
これから触れる情報であり、それらを見る(すなわち、ネタバレを踏む)と
ファーストコンタクトのインパクトが薄れてしまうという弊害を起こしてしまいます。

元記事(てゆーか4コマ)にもあるように、少し遅れて触れようとする場合だと、
一般的には既に終わった話題なので、どんどん情報が出回りますね。
そうなると、ネットに繋ぐとネタバレの危険度が非常に高くなってしまいます。



…と、ここまでが「ネタバレ」の説明。

確かにネタバレはファーストコンタクトの感動を奪うものだと言えます。
それを避ける感情もわかります。


しかし、私個人はへいきッ、へっちゃらッ!なのです!


ネタバレされたところで痛くもカユくもない!

なぜならネタバレといっても所詮はただの情報でしかない!

ファーストコンタクトの感動が奪われるって言っても、
実際にファーストコンタクトをしたわけではないのだッ!

アニメの先の展開を知ったところで、その情報を得るのと実際にテレビで見るのとでは
感情が動く度合いが違うのですよ!

ゲームにしてもそう!

攻略サイトで先の展開や情報を得たところで、その場面に辿り着くためには
実際にプレイしないといかんでしょうが!

攻略サイトにムービーシーンが動画で挙がっていることなどほとんどないでしょう!
「○○が死ぬ」みたいなネタバレをしたところで、どんなふうに死ぬかとか、
どういう流れでそのような展開に繋がるかとかは、
実際にプレイしてみやんとわからんわけですよ!

ネタバレがなんぼのもんじゃい!

ネタバレをしてしまった時点でその作品を楽しめなくなるなんていうのは、
所詮その程度しか楽しんでいないという事ですよ!







…(;・∀・)ハッ? わ…私はいったい…!!?

ど…どうやらかなりテンションを引き上げて、感情的に文章を書いていたようですね…!
それはいかん、いかんですよ。人がどう感じるかは人それぞれなのです。
私の意見を押し付けるようなことはあってはならないのです。

ネタバレをしてしまってアチャーな感覚も当然わかります。
ですが、私はぜんぜん動じないよっていう事が言いたかっただけです。おわり。



…ニュースサイターやってる以上、嫌でもアニメの話題とか入ってきますからね…
そこで気にしててもしょうがないんですよね。
実際に見て、そこでテンション上げていこうよっていうお話でしたとさ。





次回予告ッ!
かっこよさに憧れの念を抱く管理人!
どうすればかっこよくなるかを模索した結果、とある結論に辿り着いたのであった!!!
次回、「ビシッとキメるぜ!決め台詞!」!ヒーローお約束ッ!!!

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。