スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第402話「メイド・イン・ルインズメモリィ ~心得編~」

どうもどもどうも、ルイナですよ。

本日はやんごとない理由によりあっさりと更新してゆきたいと思います。

…ん?やんごとない理由が何かって?
簡単に言うと、ブッ倒れていた…ってところですよ!



さて、本日の更新内容は。

私のブログの書き方  「Geekなぺーじ [インターネット技術メモ]」
まなめはうす様より転載)

ブログを書く方針を列挙した記事です。
「ブロガーが心がけるべき20の心得」といったような感じでしょうか。

元記事中には20個ほど挙げられておりますので、
私もこれを利用させていただき、ブログを書く心得に即しているか反しているか、
また考えの相違などを項目ごとに考えてみました。

それではどうぞ。



1. 渋谷の交差点の真ん中で叫んでいる気持ちで

私としては「断崖絶壁の先っちょ」とか「遥か彼方の大海原に浮かぶ孤島」にて
あさっての方向に向かってさけぶような感覚ですね。
…え?たくさんの人に見られてないからって?そんな本当のことを言うでないわ!(グスン)


2. エラー処理の気持ちを忘れない

これは私もやりますね。書いた文章や記事、コメントは一度は必ず読み返します。
まあ理論の飛躍とかいったところは対処しきれないものもありますけど、
それ以外はおおむね気をつけるようにしていますよ。
あと誤字・脱字のチェックはかなり気をつけるようにしています。
…それでも発生しちゃうんだけど。


3. 自分の中の前提を可能な限り排除する

自分が得意な分野になると「ここら辺は当たり前」と思う範囲が深くなり過ぎて、
文章が味気なく読みにくいものになりがちです。

これに関しては大学で研究をしていたときによく感じていたことですよ。
専門的な知識や用語は、同じ専門にいる相手であれば速やかに理解されるものですが、
何も知らない相手だと、まず理解されることはありません。
ですので、できるだけ「何も知らない人でもわかるような」説明や語りをしたいものです。


4. 可能な限りソースを求める
5. 情報の入手経路も出来るだけ書く

ニュースサイトで言うところの、紹介記事のサイトと紹介元をリンク表示することかな?
ちょっと違うような気がしますが。なんでしょうね。


6. 必要な事は書く

文章を書く上で必要なことであれば書いたほうがいいのでしょうが、
これはあまりやれていないかなぁ。
よほどでない限りは「まあええか」と思って書かないことが多いような感じ。


7. 間違いは修正する

誤字・脱字をチェックしているとはいえ、間違いは起こってしまいます。
また、コメントなどが間違ったものをつける場合もありますね。
気づいた限りでは直すようにしてますが、徹底はできてないかなぁ。


8. タイトルをキャッチーにし過ぎない

私のブログの記事タイトルは基本的に(ノ∀`)アチャーです。


9. 煽らない

ごくまれにムチャ振りをやりますけど、普段は煽ったりはしないですね。


10. 怒らない

できるだけ温厚にいきたいなーと思っている私です。
まあ、全く怒らないということはないですが。


11. 公開して参考になりそうなら公開する

これは6と似たような感じかな。あまりやれてない。
ニュースサイトとしてもすべての記事を掲載することは不可能ですし。


12. ただし、極力公開しない

極力公開しないというよりは、スルーして公開しないということが多いですね。
また、確実にヤバいような情報(個人情報とか)はさすがに流出はさせませんよ。


13. 速度を求めない

「次回予告」なんてやってる時点でニュースサイトとしては(ry


14. 時事ネタには出来るだけ乗らない

うーん…興味があれば乗る、無ければ乗らないってところでしょうか。


15. 知らない事は知っているように書かない

いわゆる「知ったかぶり」をやるなってことですか。
私はビミョーに曖昧なことを言うときは「たぶん」とか「おそらく」とか付けますね。
ええそうです、逃げ道を作っているんですってば。


16. PVが伸びなくても気にしない

アクセスなんて飾り(ry


17. 反対意見と批判と嫌がらせを区別する

これは既に何度も言っていますが、ただの罵倒は毒でしかありません。
批判意見はすごく苦いときもありますが、苦い分効き目がある薬なのですよね。


18. 批判を忘れない

「あっちを立たせればこっちが立たず」ということはままあることですね。
両極な意見がある場合、片方に肩入れすればもう片方を支持する側から批判されるでしょう。
しかしまあダブルスタンダードというのもあまりよろしくない場合が多いですので、
対極を支持する側からの意見があることを忘れてはいけないというところでしょうか。


19. 最後に「まとめ」を書く

基本的に書き散らかしているので、まとめないとカオスっぷりがとんでもない。
しかしまとめがぜんぜんまとまってない事も多々ある…


20. 最後に

時期とともに書き方も徐々に変わっていたりするため、
このような書き方もいつまで続けているのか不明です。

今現在ではこういう考えの下、記事を作っているんですが、
これまでも、そしてこれからもずっと同じってことはありえないでしょうね。
時間が経てば変わってくることもあるでしょう。



まあ、結局は「てきとー」というところに落ち着いてしまうわたくしルイナさんでした。




次回予告ッ!

…といいたいところだけど、まったく巡回していなかったため予告不可能\(^o^)/オワタ

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。