スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第390話「ニュースサイト・リレー」

しゅくじつ、しゅくじつ…('A`) というわけでルイナです。

本日は大多数の人間にとってはお休みな祝日です。
どようび、にちようびからの3連休になっている歓喜の日です。

しかし、私にとってはハッピーマンデーなどただのげつようびでしかないのだ!
というわけで、今日も今日とて通勤電車に揺られていたわたくしルイナさんでした。

あ、成人の方、おめでとうございます。
ここを見ている新成人がはたしているのかどうかは疑問が残りまくりですが。



さて、今日の話は前回の更新、第388話「ニュースサイトは発掘者?」の続きです。

前回の話ではニュースサイトが新規発掘をしている割合がかなり低めであることを挙げて、
テキストサイト側で紹介されたいとか、もっと広く認知させたいと思っているのなら、
ジッとしているだけではなかなか拾い上げられないよということを語りました。

ニュースサイトに定点観測されるくらいにまでなれば拾われることも多いでしょうが、
そうではない、あまり知られていないサイト・ブログが採り上げられたいと思うのであれば、
まずは記事を人目につかせるところから始めないと、なかなか知られないと思うのです。

「良い記事は必ず発掘され紹介されるはずである」という、
サイト・ブログにおける格言は決して間違いではないですが、
紹介される確率を考えると、知名度の有無はかなり大きくなってくるのです。



さて、ここまではテキストサイト側から考えてみましたが、
今度はニュースサイト側からこの「知名度」を考えてみました。

個人ニュースサイトもピンからキリまで存在しています。
とんでもなく有名なところもあれば、ウチのように小っさいところもあります。
取り扱う内容も千差万別です。…ウチは結構何でもありですが(カオスともいう)。

で、新参のサイト・ブログは、それまでに別方面で有名だった場合を除いて、
まず確実に知名度はありません。それはテキストサイトも個人ニュースサイトも同じです。

そんな、まったく知られていない新参の個人ニュースサイトが記事を紹介しても、
アクセスを送ることもできなければ広く知れ渡らせることもできないわけなのです。
やはり集客力があり、有名なニュースサイトに紹介されたほうが
周知させられますし、アクセスもたくさん稼ぐことができるのです。


で、例えば今の私のニュースサイトのように、
有名でも集客力があるわけでもないけど、他のニュースサイトの中の人に
それなりに見られている(ハズ)ようなところで記事を紹介されるとどうなるか。

私のニュースサイト単体からはたいしたアクセスは望めません。
しかし、私のニュースサイトからその記事を見た他のニュースサイトの管理人が
その記事を紹介し、またそこのニュースサイトを見ている
さらに別のニュースサイト管理人がそこからその記事を拾って紹介して…
これを繰り返すと、いつしか「大手ニュースサイト管理人が閲覧している」
個人ニュースサイトでその記事が紹介され、最終的に集客力のある大手ニュースサイトで
その記事が紹介されると、アクセスもとんでもないことになり、広く知れ渡るのです。

上記はいわゆる「津波アクセス」の流れですが、広く周知される流れでもありますね。
今回の記事の元になった「BOX」さんのエントリーの中にあった、

その記事が多くの方に触れてもらえるのかは、
大手ニュースサイトさんか、そこと関係の深いサイト
運良く止まってもらえるかどうかで決まる訳です。

というコメントはまさにその通りだと思うわけです。


個人ニュースサイトをやってる人がおそらく経験したことがあると思われる、

「自分が紹介した記事が、少し期間が経って有名なニュースサイトで紹介されると、
 他のニュースサイトなどでも紹介され一気に広まる」


という現象も、ニュースサイトの知名度と中の人の信頼によるところが大きいのです。
「あのサイトが紹介してるから拾っておこう」みたいな感覚もあるかもしれません。
この現象を「ウチが最初に拾ってたのにィ!くやしい!」と思うか、
「おお?今になっていろんなところで紹介されてるなぁ」と思うかは自由ですが。
(ちなみに私の場合は後者で、さらに「私はちょっと前に拾ってたぜフッフッフ!」とか
 ワケのわからんドヤ顔を浮かべながら眺めている人です。)



まあ今回の話に結論なんてないんですが、
サイト・ブログをやっていく上で、広く知れ渡らせるにあたっては、
知名度というものがどうしてもついてまわるというお話でした。



…え?ニュースサイトが有名になったり大手になるにはどうしたらいいのかって?
そんなもん私が知りたいわ!!!

…まあとりあえず、5~10年くらいは泥のように更新し続けたらいいのでは?(元ネタ)
もしくはオフ会に出て、中の人とリアルでも知り合いになるとか。
まあこの方法はニュースサイトもテキストサイトも変わらない手段ですね。





次回予告ッ!
「ラピュタ」を見て食パンに目玉焼きを乗せて食べるようになった管理人!
そんな管理人がせっせと巡回していると、またも食パンに別の食べ物を
乗せているという情報を手にしたのだった!!!
次回、「焼きプリンパン」!こ…これは…(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

はじめまして

 今頃気付いてすいません、BOXです。
 なんというか、大手ブロガーさんの力はすごいですよ。
 うちの
「50万円貯まる貯金箱」は本当に50万円貯まるのか?http://blog.livedoor.jp/tomov808/archives/51873229.html
は、記事に書いたとおり、everything is goneさんとかひろぶろさんとかTBNさんとか情報屋さん。とかで、4万くらいアクセスありましたからねえ。驚いたのは、Livedoorのポータルサイトに「人気記事10傑」みたいな項目があって、そこからも5,000くらいアクセスあったことですね。そんなとこみたことないっつうの。
 もうなんというか、すごい世界ですよ。

Re: はじめまして

コメントありがとうございますっ! 何べんもネタとして使っちゃって、なんていうかどうもです~

4万アクセスとか、ウチのブログは1年以上やっててもトータルですらはじき出していない領域ですよwww 有名なサイトの集客力は凄まじいですね。
良い記事でも見られないとなかなか広まらないけど、いったん広まりの発端が生まれたらもうイッキですね。私もニュースサイトとしてもテキストサイトとしてもそういう感覚ってどんなものなのか体験してみたかったりもしますねー。なかなか上手くはいかないけどw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。