スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第386話「隠れニュースサイター・ルイナ」

おはよおございます、ルイナです。

今日は何も前説が浮かんでこないッ…!
というわけで、いきなり本題。

「隠れオタクの覚悟」と、持ち物の羞恥と。ふしぎだね。 「たまごまごごはん」

オタクであることを隠すかどうか、という永遠のテーマについて、
いろんなパターンを挙げて境界線を語っておられます。

確かにこういった、フィギュアや漫画(特に「萌え系」のマンガやエロマンガ)、ゲームなどは
友人であってもなかなかカミングアウトしにくいですね。
そうとう気心の知れた、気の置けない友人であればまだいいかもしれませんが、
それでも「実は…こんなんあるねん」みたいにいきなりコアなブツを見せたら、
人格を疑われるところまでは行かないにしても、ドン引きされる可能性も無くはないです。

このような、ドン引きされるのを恐れてカミングアウトしにくいというところもあると思うのですが、
それ以上に、「なんかハズかしい…」という感情がどこからともなく湧き上がってくるんですよね。
出所は自分でもよくわからないけど、根拠無くハズいと思ってしまう感情。

相手に理解がある…ってゆーか、相手もかなりのオタクであれば、
カミングアウトすれば相手も同様にカミングアウトしてきて、
そこから話があらぬ方向に…じゃなくて、発展していったりもするんですけど、
わかってくれなかったらツラいところでもありますね。羞恥プレイになってしまう?


さて、なぜこういったオタク文化をカミングアウトしづらいと思ってしまうのか?

それは、「世間一般的に認められにくい…というか、社会的地位が低く感じられてしまう」

という感情を持ってしまうからではないでしょうか?


昨今では漫画やアニメなどといったサブカルチャーはわりと一般的になってきてはいます。
しかし、そうであるとはいっても、例えば「ドラマを見てる」と「アニメを見てる」を比較すると、
ファッショナブルな観点から見てもなんとなくドラマのほうが社会的にはセーフで、
アニメのほうはなんとなくドラマよりもコアっぽい扱いをされてしまいがちです。
最近のドラマは漫画が原作のものが多いんですけどね。
ドラマ化される前(そういう話が浮上する前)の原作漫画の愛好家だと言うと、
やや引かれた目で「えぇー…」みたいな扱いを受けるけど、ドラマ化された後だと
「おおー、すごい」みたいな扱いになる…ってこと、ありそうな気がするんですが。

まあわかりにくいたとえはともかく、アンダーグラウンドというと言いすぎかもしれませんが、
なんとなくまだ一般的な文化ではないのではないかと思うわけです。
一般的であるボーダーライン(これも別にここと決まっているわけではない)よりも
低い位置にあるものだと思いがちになるのではないでしょうか。
もちろん根拠はありませんが。


一般的ではない、もしくは世間一般よりも低いと思い込んでしまうことで、
それを愛好するのが恥ずかしいと感じてしまい、カミングアウトしにくくなってしまう。
その結果、いわゆる「隠れオタク」になってしまうのではないでしょうか。

上でも書きましたが、相手に理解があればいいんですけどね。
むしろ相手も隠れオタクであり、同好の士であることがわかれば、
話が一気に盛り上がるでしょう。しかし、それを確認する方法は
「自分からカミングアウトして、出方を窺う」くらいしかなく、なかなかバクチな方法なのです。
理解が無ければこちらの羞恥が倍増してしてしまいますし。
それと、元記事にもありますが、相手が受け入れることを強要することはしてはいけません。



…と、ここまでつらつらと書いたわたくしルイナさんですが、
「自分がブロガー・ニュースサイターである」ということはリアルでは最高機密です。
誰にもカミングアウトしていません。家族や友人でさえも。

それはなぜかというと、やはり「こっ恥ずかしいから」というところに行き当たります。
私のリアルの人格と「ルイナ」という人格は、同じ「私の人格」ではあるのですが、
いわゆる表と裏の如く、異なる表れ方をしています。
それをリアルの友人に見られると考えただけでも恐ろしい。

あとは、やはり周りで「サイト・ブログをやっている人がいない」からというのもありますね。
もちろん周りもカミングアウトしてないだけかもしれませんが。
また「mixi」に比べると、サイト・ブログをやるというのは敷居が高く、よりコアな印象を受けます。



…そんなこんなで、今日もコッソリとブログを更新しているわたくしルイナさんでした。





次回予告ッ!
まだ休みボケから脱出し切れていない管理人は目に見えて疲労していた!
元気がなくなってきているので、周りから元気を分けてもらうことにしたのだった!!!
次回、「俺様に元気をよこしやがれ!」!何が出来上がるのか!!?

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。