スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第363話「かつての幻影を越えられるか、越えたと認められるか。」

げっほげっほ!ルイナです。

咳のし過ぎでおなかが筋肉痛になるというワケのわからないことになっている私ですが、
かなり長引いているのでええ加減に治そうと思って咳止めの薬を飲んだんですよ。

そしたらなぜか咳がエンドレスに!

余計ひどくなってるやないかー!!!ヽ(`Д´)ノ


げっほげっほ!うう…とまらん…
しかたないので今回は手抜きエントリーです。


さて、本日の内容はこちらの記事を読んで。

ジャンプに何が起きているのか。鬼門のスポーツマンガで良作がゾクゾク。
「犬の本棚」

週間少年ジャンプの新連載に、2作続けてスポーツ漫画が出てきたお話です。

なお、今回の記事は私のmixi日記に書いたことの焼き直しです。(だから手抜きw)



元記事でも言われていますが、ジャンプではスポーツ漫画は鬼門なのです。
スポーツそのもので勝負するとグウの音すら出てこずに一瞬でお陀仏です。
ハチャメチャ超人バトル漫画に走るか、ギャグ漫画の一部としてしか続かないのです。
「アイシールド」なんてよく続いているほうだと思っていますよ。
あれもどっちかっていうと超人モノに近いようなところがありますが。


で、新連載はひとつめの「マイスター」がサッカー漫画で、
ふたつめの「黒子のキセキ」がバスケット漫画。

正直言って、私は(ノ∀`)アチャーって思ってしまいました。
2作続けてやってしまったか、と。


週間少年ジャンプではスポーツ漫画は鬼門だと先に言いましたが、
その中でも特にサッカーとバスケは鬼門中の鬼門です。
連載が続く可能性はかなり低いと思っています。

なぜなら、ジャンプにおいてサッカー漫画といえば「キャプテン翼」、
バスケ漫画といえば「スラムダンク」なのですが、これらが未だに神格化されているからです。
読者はもとより、おそらく編集側にとっても。
かなり昔の漫画なのにも関わらず、メチャクチャ面白い漫画として
今でも名前が挙がる漫画、という位置づけなのです。

サッカー漫画やバスケ漫画で連載を続けようと思うのなら、
「キャプテン翼」や「スラムダンク」を越えるくらいに面白くないとダメでしょうね。
実際それはかなりハードルの高いことだと思います。
不可能ではないでしょうが。

というより、今回の新連載2作が面白いか面白くないかははっきり言って関係無いのです。

もしも本当に「キャプテン翼」や「スラムダンク」以上の面白さだったとしても、
はたしてそれを認めることができますか?
という話。

先入観というか、インパクトというか、先人の幻影というか。
これを覆すというのは、並大抵のことではないと思います。
なにせ意識の根底に刻みつけられてしまっているから。

これが、今回の新連載2作を見たときに私が(ノ∀`)アチャーと思った理由です。
どっちか片方だけならまだよかったんですが、
2作続けて出されたから余計に感じてしまいました。

今回の新連載組は年末年始の合併号とも絡んでくる
(1週空くから勢いが遮断されてしまう)し、不遇だなーというのが私の感想です。


漫画雑誌において、スポーツ漫画、それもサッカーやバスケなどといったメジャースポーツは
鉄板のネタなんですが、ジャンプは鉄板を既にガチガチに固められていて
逆に攻めることができなくなったといった感じを受けますよ。
野球はまだマシかな?

かといってマイナーなスポーツを選択するのもバクチなわけでね。
囲碁とかアメフトみたいにブームを巻き起こすものもあったけど、
ハンドボールやスピードスケートなんかは当たりませんでしたし。
そういえばバレーボールも大して当たってないよなぁ。
格闘技に至ってはもはやどうしようもないですし。

それが「アイシールド21」しかスポーツ漫画がないジャンプの現状にも
繋がってくると感じていますね。
ジャンプでスポーツ漫画を続けさせようと思うのなら、とりあえず野球で行くか、
もうバクチ狙いでマイナースポーツを攻めるしかないかなーというのが私の感想です。



…まあ、2作続けてメジャースポーツを扱った漫画を出してきたということは、
どちらか片方当たれば良いという考えがあってのことかもしれませんね。
ただ、個人的にはどっちもどうかなーって感じですよ。

…と、こんなことを言っている私ですが、今のジャンプのラインナップのバランスの悪さ
(少年漫画なのにスポーツ漫画が1作しかない)はひしひしと感じていますので、
今回の新連載が当たってくれたらありがたいとも思っていますよ。




次回予告ッ!
インターネットの世界の端っこでヘンな叫び声を上げている管理人!
その声はあまりにもアンポンタンなものだったが、
リアルではそんな叫び声は上げてはいなかったのだった!!!
次回、「ここはどこ?わたしはだあれ?」!「ルイナ」とはいったい何者なのか!?

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。