スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第360話「紹介記事と意見のシーソーゲーム」

ぅおっほん!ルイナです。
風邪をひいている間は冒頭も咳き込みモード!

いやもう喘息かと言いたくなるくらいに呼吸が浅くてすぐに咳き込んでしまいますよ。
この時期、皆様も風邪には充分ご注意を。



さて、今日は2日前の記事、第358話「記事を並べるだけの簡単なお仕事です!?」の続きで、
コメントなしの羅列型ニュースサイトをやってみた感想の続きです。

普段のニュース更新ではひとつの記事に少なくとも1行以上、
多いときには7~8行くらいのコメントをつけるスタイルで行っている私ですが、
1度くらいはコメントなしで大量に記事を掲載してみよう!と思い立ってやってみたのですが、
思っていたよりも上手くいかないものだよなあという感想を書いたのが前回の記事の内容です。


さて、コメントなし・コメントありの両方のニュース更新を体験してみて
思ったこと…というのが今回の話です。

意識的に感じたことは、

・コメントなし…紹介した記事を見せることが主体

・コメントあり…管理人の意見を見せることが主体


というような感覚があるのではないかと思ったわけです。


コメントというものは、どのような形であれども基本的には自分の意見の記述です。
それが多くなるということは、その記事に対して自分がどう思っているかを
たくさん発信しているわけですね。

それに対して、コメントの無い羅列型は、「とりあえず記事を見てみー」という感じで、
自分の意見を発信するのではなく、純粋にニュースとして各種記事を紹介していますね。
ある種の滅私奉公といったような感覚でしょうか。


言い換えてみると、「管理人がどれだけ出てきているか」という風にも取れますね。
コメントをたくさんつけているニュースサイトだと、コメントを通じて管理人の個性を
垣間見ることができるといった感じですね。
コメントが無いと、なかなか管理人そのものを感じる機会がないといったところでしょうか。

「ニュースサイト」の本来の意味を考えると、メイン情報を紹介記事に据えているという点では
コメントの無い羅列型のほうがいわゆる「正統な形」のようにも思えます。
コメントが多くなるにつれて、メイン情報が紹介記事からコメントに移り変わっていく…
というふうに感じましたね。
1行コメントスタイルだと、その中間といった感覚でしょうか。


…などと、取りとめもなく語ってきましたが、要するに、

・コメントが無い、または少ない…紹介記事メインで、管理人を感じる機会が少ない。

・コメントが多い…コメントがメインになってくるので管理人の個性を感じ取れやすい。


という風に思えたのですよ。

まあ、上ではコメントなし羅列型のほうが「正統」といいましたけど、
だからといって「正当」というわけではないと思います。
コメントをしこたまつけて紹介記事を食ってしまうくらいに情報を発信しても、
それがよろしくないというわけではないですからね。
だって所詮は「個人」ニュースサイトなんだし。


…というわけで、コメントの量によってどちらに傾くのかというお話でした。




次回予告ッ!
巷ではいろいろな王子が存在しているが、ついに管理人も王子に認定された!
はたして管理人に与えられた王子の称号とは!!?
次回、「純愛の果て」!まな…ゲフンゲフン!

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

No title

私もコメントは重要視してますね。
他サイトとの差別化の意味もありますが。

>だって所詮は「個人」ニュースサイトなんだし。
その通り!
別に義務感持って更新する必要ないもんね♪

メシ食って、ウンコして、ぐっすり寝て
早く風邪治せよ~( ´∀`)ノシ

No title

ありがたいお言葉…(´;ω;`)ウッ…
週末までには治したかったんですが、体の気だるさはなくなったんですけど、咳が止まらなくてキビシイです><

コメントって、そう滅多なことでは他人と同じものにはならないんですよね。似たようなものでも細部が異なってきたりしますし。で、中の人の意見が滲み出てきやすいって感じですかね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。