スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第335話「郷に入っては郷に従い、そして郷に染まる。」

はろー まい (はんどる)ねーむ いず るいな!

本日は少し前に流行った(?)英語の学習についての記事に
乗っかってみようという主旨でお送りいたします。


…初動が遅れて旬な時期を逃すのはもはや日常茶飯事なのだよ!

だがしかし!ここは「ルインズメモリィ」!

遺跡から記録を掘り起こすが如く、過ぎ去ったブームに乗っかってみるぜぃ!



…いつもの事ながら実に奇妙なテンションの前説はここまでとしまして、
それでは本題へと向かいます。

少し前に、英語の習得についての記事がネット上に現れました。

英語ができないたった1つの決定的な理由 「まなめはうす」様より経由

日本人が英語ができない、かなり一般的な3つの理由 「うるち随筆」
「白い戯言」様より転載)

英語ができない理由を語った記事となっております。

確かに英語の語彙力…いわゆるボキャブラリーの不足は英語の出来を左右しますね。
すなわち、単語力の不足…どれだけ単語を知っているか、ですね。
単語さえ知っていれば、後は定型文に当てはめるだけでさまざまな表現が可能になります。



ただ、この「英語ができる」という言葉。
これが何を指しているのかによって対処が変わってくると思うのです。


例えば、「TOEICや英語のテストでいい点が取りたい」という意味で
「英語ができるようになりたい」と思う場合であれば、
元記事の言うとおり単語力を鍛えれば成績は上がります。
単語は知らなければどうにもならないものですから。
まあリーディングの場合だと、自分の知らない単語が出てきたときに
文脈から単語の意味を推測する方法もありますが、
それですら根幹にあるのは単語を知っているかどうかというところなのです。

ですから、テストで良い点を取りたいのであれば、単語をしこたま覚えましょう。
まあ覚えた単語を当てはめるためには文法や慣用句も覚える必要がありますが。



では次に、「会話ができるようになりたい」と言う意味で
「英語ができるようになりたい」と思う場合です。

ここが目標の場合、上記の方法で単に勉強するだけではなかなか難しいのです。
英語の成績が良くても、ネイティブの人と会話ができるというわけではないのです。
(まあ成績が悪い人よりはできる確率は高いでしょうけど)


そこで、英語での会話がスムーズにできるレベルまで達したいと思うのならば、
英語のみが使用されている場所、すなわち日本語を聞くことのできない地域に
単身突入するべきだと私は考えるのです。
日本語にまったく触れない環境に身を置くのです。

私たちは日本人ですから、どうしても日本語に触れてしまいます。
これは英語を学ぶ、特に会話を学ぶ上でかなり効率が悪いと思うのです。
日本語に触れてしまうと、どうしても日本語が脳にインプットされてしまうのですよ。
そしてそのせいで、英語を脳に定着させるのを阻害してしまうのです

そこで、日本語を完全に排したところ(外国など)に行くのです。
英語しか使えない極限(?)の状況に身を置くと、とにかくなんとかしようとするものです。
なんとか英語を使ってコミュニケーションをはかろうとする。
そしてそのうち、コミュニケーションがスムーズに行えるようになり、
英語での会話能力がムリヤリ養われるわけです。

日常の習慣というのはたいしたもので、英語にしか触れていないと、
そのうち英語が理解できるようになってくるのです。英語に慣れてくるのですね。

そして、そこには文法など堅苦しいルールはほとんどないといっていいでしょう。
日本語だってそうです。そうそうお決まりの文法に基づいて会話したりはしないでしょう。
ある意味で適当というか、ルールに則っていなくても意思疎通できるものです。


昨今の英語教育において、「英語の勉強はできても英語を話すことができない」
人ばかりになっているのは、こういった理由からだと思うのですよ。
単語力や文法の理解力が優れていても、会話というコミュニケーションの場においては
それは必須のものではないと思うわけですね。



それでは、だいぶムチャクチャな文章になっているのでまとめると、


・英語のテストやTOEIC・英検などで成績を上げたいなら
   …単語力・語彙力・文法の知識を鍛えるべし。

・英語でスムーズに会話ができるレベルに至りたいなら
   …英語のみが扱われる状況に身を置き、英語を日常のものとして扱うべし。



とまあ、こんなところでしょうか。

今回の話は、私が中学生の頃に帰国子女がいまして、
ソイツは日本人でありながら英語がバリバリできていたのですが、
テストになると点数が思ったよりも高くなかったことから考えてみたものです。
(それでも良い点数っちゃあ良い点数だったんですが。
 楽勝でできるのかと思ったけどそうでもなかったという感じ。)

「英語ができる」という言葉には2つの意味があると言うお話でした。



関連:

英語に圧倒的に一人勝ちする7つの言い回し 「ハックルベリーに会いに行く」
2週間で外国語をマスターする方法について書いてみる 「circledの日記」




…ちなみに、私は英語がかなりニガ手です。
今回の記事も、実体験でこうしたら成功したというライフハック的なものではなくて、
全て英語が得意ではない私の想像による内容です。/(^o^)\ナンテコッタイ

ですので、今回の記事がかなりの的外れであることも否めなかったりするのです。
そこのところは…ゆるして。…だめ?(´・ω・`)




次回予告ッ!
管理人も今後の展望について悩むこともある!
そこで管理人はこれからの人生について占ってもらうことにしたのだった!
次回、「人生送りバント」!地味な存在です。

テーマ : 語学の勉強 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

No title

まいどです~

なんとなくトラックバックとか言うヤツをしてみたかったのでしてみました。
結構、新鮮な気持ちですw

「英語が二種類ある」という考え方は激しく同意です。
特に日本の英語教育には一家言あるつもりですが、
もう、今さらどうしようも無いような気がします。

No title

コメント&トラックバックどもです~

日本人が日常会話として日本語をしゃべっていて、でも「言語学」としての日本語を理解している日本人ってそんなにいてないなぁ…とか思いながら書いた記事でした。ひっくり返せば英語にも通じるよなーとか思ったわけです。

英語の授業を考えるにつれて、形式が「授業」である以上、知識を問うことが多くなりがちだとは思うんです。
まあ会話の空気を読むような感覚的なものを鍛えるということってやりにくいことだとは思うんですけどね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

謎の弁当 ~unknown~

お昼は弁当を頼む事が多い。 壁に貼っている弁当屋のメニューから選び、一人が代表して発注すれば持って来てくれる。 みんなは専用の\"発注...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。