スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第310話「今の時期が最も楽しい管理人ルイナ」

こ(・∀・)ん(・∀・)に(・∀・)ち(・∀・)は!ルイナです。

今日は久しぶりのサイト・ブログ論(のようなもの)を展開したいと思います!
…っていっても、ただの自分語りで終わる予定ですけどねー。


とりあえず、まずはこちらの記事から。

1日50アクセスに満たないブログを毎日更新し続ける奴ってどんだけ頑張り屋なんだよ
「電撃速報」

こちらは以前に採り上げた記事ですが、それを受けて以下の記事が。

アクセス数50くらいの時期が一番楽しいんじゃないかな。 「おちもなにもないただのにっき。」

まあここで言われている「50」というのは例えばの数字ですが、
この数字がまさに私の今の状況と似通いすぎていたわけでした。


さて、アクセスが50くらいの時期というのは楽しいかどうか?

私の場合を言いますと、今現在まさに50付近をウロついているこのブログですけど、
やってるのが楽しーてしょーがない。
まあ50じゃなくても、10くらいでも同じことを言ってただろうと思いますが、
私にとってはアクセスがあるかどうかが楽しさの源ではないのですよ。

元記事でも言われているように、どんな記事を書いたら反応が得られるかとか、
どういう風に見せたら面白くなるかとか、
どんなコメントをつけたら紹介記事や自分のブログが楽しくなるかとか、
そういったことを考えるのってとても面白いことなのです。

会心のコメントをつけることができたときの快感はそうそう味わえないものですよ。
まあなかなか出ませんけどね。いや、むしろなかなか出ないからこそ面白くもある。


で、アクセス数が増えるとどうなるか?

私のブログは見てのとおり場末にして断崖絶壁の先っちょに位置するようなブログで、
普段が1日50アクセス、たまに記事を採り上げてもらって100くらい、
今まででの瞬間最大風速にして500アクセスが関の山な感じですが、
おそらく、1日のアクセスが今の10倍くらいになっても、
やってることや感覚って変わらないと思うんですよ。体験していないので想像ですけれども。

なぜかというと、先にも書いたとおり、アクセス数自体が楽しさの源ではなく、
ブログをどう運営していくかをあーだこーだと試行錯誤することこそが
楽しいと思っているからなんですよね。

アクセスが増えると動きにくくなるということが懸念されていますが、
私はそんなことはないと思っています。変わらないと思います。想像ですが。
たくさん人が来ようが、ボチボチな感じだろうが、全然人が来なかろうが、
自分のやりたいこと、書きたい記事を書くことに対して、何の支障もないと思っているのですよ。
まあ明らかに人として問題があるようなヤバイ内容はいかんですけども。

私の意見としては、そんなに自重することなんてないと思うわけです。
なぜならここは私のブログなのだから。



というわけでいつもの如くに理路整然さに欠けまくっている内容ですが、
とりあえず私の想いをまとめると、

・サイト・ブログはどうしたら面白いかなどをいろいろ考えてやっていくのが楽しい。
・アクセスが多かろうが少なかろうが、やることに影響は無い。
・アクセス数は楽しさの十分条件ではあるが、必要条件ではない。


こんな感じでしょうかね。


いやまあ、数字が大きくなるとそりゃあ嬉しいものですよ。
アクセス数は飾りだと毎回言っている私でも、そこは否定しません。
でも、それとはまた別の問題なんですよ。ブログをやることの楽しさというのは。
数字なんてものは多ければ多いほどテンションが上がるものですが、
それが本質かというとそうでもなかったりするんですよね。

だからアクセスというのは、サイト・ブログを楽しくやっていく上では、
十分条件ではあっても、必要条件ではないと私は思っているのですよ。


だから、私にとってアクセス数は「飾り」なのです。




次回予告ッ!
今日もゲームの合間に巡回している管理人!
そんな管理人も自らをグレードアップさせるべく、
自分をよく表すキャッチーな二つ名を考えてみるのであった!!!
次回、「言い訳モンスター」!…だって…思いつかなかったから…!!!

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。