スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第302話「あたし管理人」

あらあらうふふ、ルイナです。

本日はいつもと趣向を変えて、ちょっとした実験を行いたいと思います。



さて、少し前に「第3回日本ケータイ小説大賞」なる催しがありまして、
そこで栄えある大賞を獲得したのが「あたし彼女」なる小説。

この小説は、これまでの小説の常識を覆す技巧(?)が施されており、
読む者を圧倒した作品であるとかないとか。
とにかく一度見たら忘れられないであろう作品となっております。

で、今回はこの作品を評論するというわけではなく、
せっかくの画期的な(?)ギミックを私のブログでも使ってみようと思ったのですよ。
ただそれだけです。

しかし私もそれなりに忙しい身。
今から小説を書くのは時間的にも厳しいところです。
というわけで、このブログで以前に書いた小説の真似事的な記事を、
この技巧に当てはめてみました。

さてどうなったでしょうか?それではどうぞ。





…本来ならこの下に配置するつもりだったのですが、
想定していたよりも遥かにウザいことになってしまったので、
追記に格納します。なんという企画倒れ!


シャレにならないうざったさを許すことができる、心の広すぎる方は追記からどうぞ。







利用記事:第250話「学校スイムスーツ」



スク水…


かつて


これほどまでに


甘美なる響きの


存在はあっただろう





スク水


とは


「スクール水着」


の略


である


スク水は


見る者


聞く者を


魅了する


魔力を


秘めているのだ


スク水の


魔力の


一端は


その


使用条件が


限定されている


ところにある


スク水の


魔力


それは


学校という


制限が


課される舞台で


最大限に


発揮される


スク水とは


スクール水着…


すなわち


学校の水着


それは


学校指定の


水着


スク水は


学校で


着てこそ


スク水


足りえるのだ


学校で


着る水着


それが


スク水である


スク水とは


学校の


プールにおける


制服なのである


スク水…


その語感も


また蕩けるように


甘きもの


である


スク水は


「スク水」


だからこそ


我らを魅惑する


これが


「学スイ」


だったとしたならば、


スク水の


持つチカラは


激減したであろう


スク水は


肌触り


耳障り


目の保養


独特の香り


これら全てを


味わうのだ


スク水の


魔力は


人間の


五感を


最大限に


刺激する


のである


スク水の


エロさ…


それは


(ry









…うん、恐ろしいまでに鬱陶しいことこの上ないね。
やはりアレは携帯だからできるワザであって、
ブログでは話にならないということがよくわかったよ。


ここまで見た人はほとんどいないと思いますけど、
こんなしょーもないことして本当に申し訳ありません。陳謝。ペコリ。



…ところでこれ、実は400文字以内なんだぜ…なんという縦長!!!

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

コメント

No title

学スイじゃなくて学ミズじゃないのかな?

No title

コメントありがとうございます。

学スイと学ミズについてですが、「学ミズ」だと「スク水(ミズ)」と「ミズ」がかぶるからやりたくなかったのと、水着を英語に訳すと「swimsuit (スイムスーツ)」になるため、「学スイ」にしたという理由がいちおうあるんですよ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。