スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第254話「自分の文章を読んでウププと笑みを零す管理人ルイナ」

ウヒャウププ…ルイナです。

このネタがわかる人はほうひを会得していることでしょう。



…微妙にくだらん冒頭の挨拶ですが、それでは今回の記事をどうぞ。
今回のネタは以下の記事を読んで。

サイトを色々な人に見てもらうにはどうすればいいのか。 「おちもなにもないただのにっき。」

面白い記事とは何ぞや?という記事でございます。

テキスト書きにとっては毎回面白い記事を書きたいものであり、
ニュースサイターにとっては面白い記事を採り上げたいと思うもの。

サイト・ブログ管理人にとって、「面白い」とはひとつのキーワードとなっているのです。
テキストサイター・ニュースサイターにとって、「面白い記事」とはひとつの目標なのです。


…え?面白い記事の書き方?そんなん私が教えてほしいわ!


…ゴホン。面白い記事を書きたいのなら、巷でよく言われているように、
「書き続ける」ことです。

なんだってそうじゃないですか。
スポーツだって、勉強だって、一朝一夕で身につくモンじゃないですよ。
日々の研鑽が実力、学力に繋がるのです。サイト・ブログも同様です。

やり続けることによって、文章を書くのが上手になるだけでなく、
「どんな文章がウケるのか」というコツみたいなものもだんだんわかってくると思うのです。


…え?コツを教えれ?だから私が知りたいっちゅーねん!


…オホン。冗談はともかく、そういうのは教えられて理解するようなものでもないと思います。
そこはやっぱり「経験」に勝るものはないですよ。
とかなんとかエラそーにいってる私もぜんぜん足りていないのですが。まだまだヘッポコです。


さて、テキストを書いている人がよく口にしているような気がする言葉、

「気合入れてじっくり書いた、自信のある記事だったのに、反応はイマイチ。」

などというセリフが、テキストを書いているとよく感じるところだと思います。
自信を持ってうpした記事だったのに、コメントがあまりつかなかったり、
ニュースサイトに採り上げてもらえなかったりすることはよくあることです。

これは結局、自分だけが楽しい、面白い記事であるだけの話だったりするんですよね。
しかも気合入れてるから、その分面白いと感じるのがいつもの5割増くらいに感じられるのです。

これは前にも書いたことがあるのですが、
自分の記事をいちばん面白いと感じてくれる読者は実は自分であることが多いのです。
なぜなら自分が面白いと思った記事・文章を書いているからです。
その文章を自分で読んだら、そりゃあ面白いに決まっているじゃないですか。

しかし、自分が面白いと感じるポイントと、読者…他の人が面白いと感じるポイントは
当然異なってきます。もちろん重なってくる部分もありますが、
まったく同じであることはありえません。どうしてもズレる部分が出てくるのです。

そこで上記の、「自信のある記事」です。

自信のある記事は、言うなれば「完全に自分の嗜好と合致した記事」なわけです。
そりゃあ面白い。自信も出てくるってモンですよ。

ところが、他の読者からしたら、面白いと感じるポイントからズレてくるわけです。
そのテキストを書いた人が感じる面白さほどには、面白い記事だと思わない。
だから、テキスト書きが思っていたほどにはリアクションは大きくならないのです。



…とまあここまでつらつらと書き連ねてきましたので、まとめると、


・「自信のある記事」だからといって、それは万人にウケる記事とは必ずしもならない。
 なぜならその「自信のある記事」は、「自分が特に面白いと感じる記事」だから。

・なぜ「自信のある記事」は万人にウケるワケではないのか?
 それはその記事を書いたテキスト書きと読者との、「面白さを感じるポイント」が
 多少なりとも異なってくるから。そのため、自分と読者との温度差が生じてしまい、
 読者のリアクションがテキスト書きが思っているよりも大きくならないのである。

・で、結局「面白い記事」って何?どうやったら書けるの?
 →ンなもんワカラン!ただし、日々の研鑽が「面白い記事」を書く近道となるだろうし、
   長く続けることで「面白い記事」がどういうものか感覚でわかるようになってくる。



…とはいえ、自信マンマンで書いた記事が見事にニュースサイトに採り上げられたり、
読者のリアクションが大きかったりするコトだって当然あります。

そういう場合は、心の中で「よっしゃー!」と叫んで、
リアクションを見ながらほくそ笑んでおきましょうw




次回予告ッ!
将来を誓い合った生涯の伴侶がいるのにもかかわらず、
伴侶以外の異性を寝取るようなコトがこの世の中あったりするものである。
しかし管理人には悲しいほどに縁の無い話だった!!!
次回、「『あなた!何なのよこのキスマーク!!?』『そ…それは満員電車で…』」!修羅場!!?

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。