スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第248話「言い『負かす』とはこれいかに。」

コソニチハ、ルイナでございます。

今回は簡潔に。前説もナシ!
…そのほうが(・∀・)イイ!というのは周知の事実ではあるが。



さてさて、今回のネタはこちらの記事を読んで。

ネットの人間関係を遠くに感じてみては? 「タケルンバ卿日記」

この世には実にたくさんのサイト・ブログがあります。
当然それだけ多くの管理人・中の人がいてるわけで、
それはそのまま、多種多様の考え方というものがあるわけです。

とある物事に対して、賛成か反対か。
対立というと大袈裟ですが、意見が分かれるということはままあるわけです。
意見の食い違い、というのも当然発生するのです。

それはもう仕方が無い。てゆーかあって当然のことで、
だからこそ様々な意見、自分とは違った意見が聞けて面白い…ということにも繋がるのです。


しかし元記事は、そういった意見の相違がヒートアップして、
口ゲンカに繋がっているのを見かけて、疲れるなーというような内容となっております。

ここで私の意見を先に述べておくと、論争…口ゲンカにまでなると確かにめんどくさい。
そういう時に私は「非常にめんどくさい」と言うのですが。
もうどっちゃでもええやんてきとうで…って思ってしまうのですよ。

しかし先に言ったとおり、世の中には様々な考え方をしておられる人がいるわけで、
どうしても相手を諭そう、論破しよう、はたまた言い負かしてやろうと意気込んで、
論争・口ゲンカを展開させる人がおられます。
そこから転じて、怒ったりネガティブコメントを応酬したりという事態になるのですね。

で、そりゃあ怒ることだけなら私にだってありますよ。ムカッとすることだってある。
ある意見を見て、ハラにドス黒いものが渦巻くこともたまにはあります。
ですが相手を罵ったりすることはできるだけしないようにしています。
なぜなら非常にめんどくさいから。

…と、私はあまりにヒートアップすると上記のように「めんどくさい」と思ってしまって、
後ろに下がって黙るのですが、論争を展開させる人を見ていると、
なんでこういう人たちは黙ってられないのかなーと思うわけです。

で、考えてみると、論争や口ゲンカに発展させてしまうというのは、
往々にして相手の意見が気に食わないからなんですよね。
そりゃまあそうじゃないと論争にはならないので当然といえば当然なわけですが、
「相手の意見が間違っている!おかしい!」と思い切って、
相手を論破しよう、言い負かそうとするんですよ。
まあ良いように言えば正義感がやたらと強いということでもあるのかもしれませんが、
それが度を越してくると、怒りに繋がって罵りあいに繋がることもあるのですね。


ここで人間の意識から考えてみると、相手を罵る、ネガコメをするっていうのは、

「相手の意見が間違いで、自分の意見が正しい」

という深層意識が働いているんですよ。

相手が間違っているから、相手を正そうとする。相手を論破しようとするのです。
「論破」とは、相手の意見を完膚なきまでに打ち負かすことです。
そして、論破された相手が押し黙るのを見て、「勝った」と感じて優越感に浸ろうとする、
それが快感だから、相手を言い負かそう、論破しようとするのです。
この「優越感」…これを得ることが最大の目的なのだと私は思うのですよ。

で、もちろん相手もそう思っているわけですから、そうやすやすとは言い負かされたりしない。
相手も自分を言い負かそうと強めの言葉を放ってくるのです。
それがどんどん積み重なって、罵りあい…ネガコメの応酬に繋がるのです。


罵りあい…ネガティブコメントの応酬っていうのは、
相手を打ち負かそう、泣かそうという言葉の殴り合いなのです。
キミが、泣くまで、罵るのをやめないッ!…っていう感じですか。
ある意味では、人間の動物的な本能といえるのかもしれません。

誰だって、負けるのはイヤです。
負けたくないからこそ、ともすればムキになって相手を負かそうとするのでしょう。



そして、私のスタンスは、以前に書いた以下の記事の通り。

第67話「ネガティブをぶっ飛ばせ!」

自分の非を指摘し、諭してくれる、薬になる意見はちゃんと飲み込むべきですが、
薬にもならんしょーもない意見なんてブッ飛ばしてしまえ!…って思っています。




次回予告ッ!
リアルで旅に出ていた管理人は、ほとんどネットの海にダイブしていなかったが、
たまたま空いた時間に飛び込んでみると、
極寒の地で異種格闘技戦が開催されているのを見かけたのであった!!!
次回、「北の国から2008・夏 ~ 鮫と熊 ~ 」!サメVSクマ!!!勝敗の行方は!!?

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。