スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第230話「クソ暑いのはクーラーのせい!?」

ι(´Д`υ)アツィー

いやもうクソ暑いったらないですね!ホンマありえん。
ぜんぜん雨降らないどころか、夕立すらありゃしない。
しかも快晴ばっかしで直射日光がありえん!


…というわけで、挨拶を忘れていました、ルイナです。
暑すぎてもう耐えられないですねーほんと。
毎日毎日30度超えまくっていて、暑さに弱い私は泣きそうですよ。

で、この茹だるような暑さにとてもじゃないけど絶えられないわけで、
クーラーや扇風機など冷房のお世話になるのです。
私だけでなく、大多数の人は冷房なしで暮らすには暑すぎることでしょう。
冷房なしで暮らしている方には、「なんというエコ!」という言葉を授けましょう。

しかし、今でこそもう耐えられないくらいに日々クソ暑いわけですが、
昔はここまでクソ暑かったという感覚は私にはないのです。
クーラーなんて、寝る前くらいにしかつけてなかったですし。
何が言いたいかというと、昔って今ほど暑くはなかったように思うわけです。

その理由は温暖化が進行している…ということもあるのでしょうが、
そんな高尚なことよりも、もっと単純なところに原因があると私は考えたのです。


…というわけで、ようやく本題。
今回のネタは、なぜに日々クソ暑いかを私なりに考えてみる…というものです。

地域にもよりますが、毎日毎日クソ暑いです。暑すぎます。
正直言って耐えられません。昔は耐えれたけど、今はもうムリです。
よって冷房…クーラーをつけて涼しくします。

突然ですが、私が思うクソ暑さの原因…
それはこのクーラーにあると思っているのです!!!

クーラーを使うことで電気代がかかって、燃料の消費が激しくなって温暖化につながる?
いえいえ、そうではないのですよ。

クソ暑さ…「暑い」というのは「熱」を感じるということです。
「熱」とはエネルギーです。カロリー、ジュールです。

冷房とは、この「熱」を外に追いやることだと思っているのです。
室内の暑さを外に出すんですね。そうすることで室内が涼しくなり、快適になるのです。

そこでです。外に追い出した「熱」はどうなるのか?
消滅する?そんなことはないのです。エネルギーは保存されますから。


そう…ここ最近のクソ暑さは、

「クーラーで室内の熱を外に追い出した結果、外の熱が増えて温度が上がる」

というところに原因があると思うのですよ!!!

一部屋だけでは、熱を追い出してもその量は大気からすると微々たるものですが、
これが、多数の家屋、部屋、車内、オフィス等等で熱を外に追い出しているとすると、
その量は無視できないレベルまで多くなってくるのではないかと思うのです。

その熱が、大気の熱エネルギー…すなわち「温度」となって、
フィードバックされてしまっているのではないか…と私は考えているのです。


冷房、クーラーは室内を冷やして快適な暮らしを提供してくれますが、
そのしわ寄せは上記のようなカタチで私たちに還ってきているのではないかと思うのです。

そう…地球温暖化が騒がれている昨今ですが、
それは二酸化炭素が保温するとかなんとかいう難しい化学的なことが原因じゃなくて、
ごく単純に、室内の温度を室外に回してるだけなのではないでしょうか。


…だからといって、クーラーつけるな!なんて言えたモンじゃないくらいにクソ暑いですよね。
そんなこんなで、結局クーラーをつけてしまうのが現代人の悲しいサガといえるのか…




次回予告ッ!
理系のクセに漢字が結構好きで得意な管理人。
読書感想文はニガ手だったが、二字熟語や四字熟語はよく覚えたものだった!!!
次回、「天上天下唯我独尊」!あれ?管理人って結構エラそうなの?

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。