スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第205話「眠たい時、眠れない時」

春眠暁を覚えず。というわけでルイナです。

春眠もなにも、もう夏ですが。7月ですよ7月。
もう今年も半分を過ぎてしまいましたね。

しかしわたくしルイナさんは春だろうが夏だろうが、
季節にお構いなく眠たがりなヒトだったりするのです。昼食後はとくにキケン。
そして朝の弱さは一級品です。

…とかいいつつ、夜になるとぜんぜん眠れない不眠症のケもある私。
夜は眠れず、朝は眠たいという典型的ダメ人間だったりします。
よくこんなんで仕事できてるな私は。



しかし!こんな私でもこのままではヤヴァイと思っているわけですよ。
眠たいときに覚醒し、眠れないときに少しでも休む方法を日々考察しているわけです。

今回は、その方法を書き記してゆこうと思うのです。効率的かどうかはわかりませんが。



まずは夜、どうしても眠れないとき。

夜に眠れないということは夜更かしにつながり、次の日の体調と覚醒状態にかかわります。
しかし寝たくても眠れないという経験をした事のある方はそれなりにいると思われます。

そういう時はどうするか?


・睡眠薬を飲む。

って、これでは元も子もない解決方法やないか!
直接的すぎるっつーか、そんなの誰でも思いつくわ!!!


…オホン、ぜんぜんおもろくない一人ツッコミはおいといて、
寝たくても寝れないそんなときには、


・とりあえず、目を瞑る。

目を瞑ると、仮眠と同じ効果が得られます。
だいたい私の感覚として、『仮眠時間=睡眠時間/4』という計算があります。
具体的にいうと、1時間の仮眠は15分の睡眠に匹敵する休息を得られるのです。たぶん。

たった15分とお思いでしょうが、これがなかなかバカにならんのですよ。
まったく寝れなかったら徹夜になるわけですが、ずっと脳が覚醒しているわけですよ。
連続で覚醒していると、いずれどこかで糸が切れるわけですが、
それが仕事中とかになったりした目も当てられない惨状になってしまいかねません。

しかし目を瞑っていれば、視覚を遮断することで脳にかかる負担が低減します。
その結果、覚醒状態が中断されるわけですね。
実際には眠れていなくても、徹夜するよりはマシな感じになるのです。
仮眠を取っている間に、睡眠に落ちてしまえばしめたものです。


・寝ることをあきらめる。

これは徹夜をしろといっているわけではありません。
「寝ようとしないように心がける」ということなのです。

どういうことかというと、なかなか寝ようとしても寝れないというのは、
「寝ようと意識してしまって、逆に脳を活性させてしまう」からなのです。

寝よう寝ようと思うと寝れなくなってしまうので、ある種の諦観を持って、
「もう寝なくてもええかー」と開き直ることです。
そうすると、寝ようと意識しなくなって、脳ミソが落ち着くのですよ。
脳ミソが沈静すると、そのままいつの間にやら夢の世界にいざなわれることもよくあるのです。



次に、作業中などで眠たくなったときに覚醒したいとき。


授業中や作業中に、どうしても眠たくなってしまったときにどうするか?


・コーヒーを飲む。

…ある意味当たり前すぎる回答でサーセン。亜流で「栄養ドリンクを飲む」もアリ。
カフェインの力を借りて、強制的に覚醒させるわけですね。
ブラックが最も効果がありますね。紅茶やお茶でもいいですが。

ちなみに私の場合、ほぼ毎日ブラックでコーヒーを数杯飲むほどのカフェイン中毒者です。
ここまでくると、もはや効果は期待できなくなってしまいます…


・むしろ寝る。

これはあきらめて熟睡しろといっているわけではありません。
厳密な感覚としては、「ほんの少しだけ落ちる」といった感じです。

私が思うに、眠たいときに作業効率が落ちるのは、
「起きようと意識している」からだと思っているのです。
起き続けることに意識が取られて作業効率が落ちるのです。

また、起きようと意識しているということはそれだけ脳ミソを使っているということになり、
その分余計に疲労がたまって、余計に眠たくなってしまうという
マイナススパイラルが発生してしまいます。

だったら、いったん完全に寝てしまって、すぐに「( ゚д゚)ハッ!!!」みたいな感じで起きるのです。
そうすると、「眠たい」という感覚が吹っ飛んで、いい感じで覚醒するのです。

…ただ、この方法は人前でやると怒られますので、
できるだけ休みの時間やトイレの中でやりましょう。
それと、寝る時間は多くても5分間です。それで充分です。
睡眠による休息は求めずに、眠気を吹き飛ばすことを目的とするためです。



以上、私が考える、応急処置的な睡眠対策でした。
なんだかしどろもどろ感がぬぐえない文章ですが、まとめますと、


夜就寝時、眠れないときは、

・寝ようとしない…意識しないことで、リラックスできて眠りやすくなる。

・とりあえず目を瞑る…仮眠状態になるので徹夜するより幾分マシになる。


昼間作業中、どうしても眠たくなったときは、

・起きようとしない…起きようと意識すると、それだけ脳が疲れて余計眠たくなる。

・思い切って少し寝る…寝てすぐに起きると、眠気が吹っ飛んで覚醒できる。



要するに、意識しないことがキーポイントだと思うのですよ。
もちろんこれらの方法が正しいとは考えていませんし、
個人個人で効果が出たり出なかったりするとも思っています。

まあ、私はこんな風にして眠れないとき、眠たいときに対処しているよー的な感じです。





次回予告ッ!
なんだか根本的な解決にはなっていないような気がする文章を書いた管理人!
それもそのはず、このブログはエサをもらわないと飢え死にしてしまうヒナ鳥ブログであり、
誰かに育ててもらわないといまだに話にならないのであった!!!
次回、「このブログはわしが育てた」!…なーんて言える日ははたしてやってくるのかね?

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

No title

> 1時間の仮眠は15分の睡眠に匹敵する休息を得られるのです。
るいなさん、逆!逆!


人間は一日に2回眠くなるようでして、昼食後に眠くなるのは、その1回のようです。(昼食を食べたことによる睡眠効果もあるけど、それだけではないらしい。)

だから、下手に睡魔と闘わずに、5~15分くらいガッと眠ってしまうと良いです。睡魔と闘うと、午後の活動が睡魔との闘いメインになってしまいます。仕事や学校の授業にもよると思いますが、仮眠は大事です。私も最近昼食後の仮眠をとっています。目がぱっちり冴えます。

あと夜眠れないときは、文字数の多い本を読むとか、ボーっとしながら見られるテレビやDVDとかを見るとか、そういう風にするといつの間にか眠くなるようです。パソコンでネット巡回とかゲームとか、自分から意思を働かせたり、手を動かしたりするものはダメなようです。

まぁ、私もダメ人間ならぬ惰眠人間ですが。

ダミ人間

>>1時間の仮眠は15分の睡眠に匹敵する休息を得られるのです。
>るいなさん、逆!逆!
あ…あれ?1時間の睡眠が15分の仮眠に匹敵するんだったっけか?



というわけでご指摘ありがとうございました!15分の仮眠が1時間の睡眠に匹敵するんですね。
…む?なんだかアタマがこんがらがってきた


>睡魔と闘うと、午後の活動が睡魔との闘いメインになってしまいます。
そうです!これです、これ!今回私が一番主張したかったコトはこれなんですよ!
ちなみに、夜眠れないときは国会中継(録画)を(ある程度真剣に)見てみるといいですね。
93%の一般人は睡魔に耐えられなくなるでしょう。

No title

国会中継を録画しておくというのは、面白いですねwww
睡眠と共に戦いましょうwww


> はてなスターのnikutetuさんコメントw
私は、逆にRUINAさんに育てられた感が強いです。というか、はいてない四天王+界隈に育てられたのだと思います。はいてないネタに横乗りサクサクで便乗した感があるので。なにより、「はいてない」系以外の記事にも反応してくれる界隈+愉快な仲間達はすごく暖かいです。感謝。

このブログは皆様のおかげで成り立っています。

>nikutetuさん
>このブログはすくみうとまなめが育てた(はてスタ)
うはwwwそれを言っちゃあダメでっせwww
まったくもってそのとおりなんだからwww

>すくみうさん
はいてない三大ニュースサイトの設定者にして最初に言い出したお人が何をおっしゃるかw
育て、育てられ、育つ。相乗効果ってヤツですね。win-winの関係ともいうのかな。
互いにいい結果を与えられるというのはいいことですよね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。