スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第203話「プロ野球2008 ペナントレース・6月編」

あーっと!ボールをこぼした!!?…ってことでルイナです。



今回は6月の終わりの更新ということで、
月末恒例の2008年プロ野球ペナントレースの途中経過の感想をお届けしたいと思います!









[パ・リーグ 6月28日終了時点での順位]

1位 西武       40勝31敗1分け  (ゲーム差)
2位 日本ハム    40勝33敗1分け    1.0
3位 ソフトバンク   39勝35敗        2.5
4位 楽天        36勝35敗        4.0
5位 オリックス    32勝41敗         9.0
6位 ロッテ      32勝42敗         9.5



1位は西武。
交流戦では10勝14敗と、貯金を落とす結果となった西武。
6月に入る前はやや独走気配がありましたが、下位チームとの差が縮まってきて、
安心できる情勢ではなくなってきました。
交流戦終了前の6連敗が相当響いていますね。
ただ、チームホームラン数はダントツの100本で、強打は健在です。
しかし投手陣が粘れなくなってきているか?

2位は日本ハム。
相変わらずチーム打率は12球団最低ですが、防御率はリーグトップで
これも相変わらず守って勝つチームとなっていますね。。
そして交流戦では14勝10敗と、西武との差を4ゲーム縮めて、首位に肉薄してきています。
やはり守備が安定しているチームは強いですね。

3位はソフトバンク。
交流戦で優勝したソフトバンク。
その甲斐あって、首位と2.5ゲーム差と、首位の座は射程圏内に捉えています。
ネックはやや悪い防御率か?守備が整えば、勝ち続けるかもしれませんね。

4位は楽天。
ハーラーダントツトップの岩隈投手がやたらと強い印象の楽天ですが、
チーム打率はトップ、チーム防御率は2位と、かなり安定しているチームだと思います。
ただ、ホームラン数が最下位と、パンチ力に欠けるところがありますか。
しかし3位以内はおろか首位も狙える位置にいることは確かですね。

5位はオリックス。
監督がいないながらもどうにかこうにかやりくりしているオリックス。
投手陣は幾分マシにはなってきているものの、今度は粘りが足りない印象。
打線がやや湿ってきていますかね。
相手を威圧するほどに機能すれば、まだ上に行けるとは思うんですけど…

6位はロッテ。
前年まで調子の良かった交流戦でまさかの借金。
打線は元気なのですが、それ以上に失点することが多い印象です。



6月までの感想ですが、西武・日本ハム・ソフトバンクの三つ巴に
楽天が追走しているといった印象です。
交流戦を経て、上位チームのゲーム差がいい感じで縮まって、
ペナントレースが面白く演出されているような感じがしますね。





[セ・リーグ 6月28日終了時点での順位]

1位 阪神       44勝22敗1分け  (ゲーム差)
2位 中日       37勝29敗3分け     7.0
3位 巨人       34勝34敗2分け    11.0
4位 広島       31勝32敗3分け     11.5
5位 ヤクルト     30勝35敗        13.5
6位 横浜       20勝46敗1分け    24.0



1位は阪神。
交流戦でも勢いそのままに、15勝9敗と首位のソフトバンクと同率の結果を残し、
中日との差を一気に広げた阪神。さすがにここから落ちてくることはないでしょう。
なんしか波に乗りまくっているのでそうそう負ける気がしないです。
また、相手を威圧できる環境を持っているのが強みになっている印象ですよ。
相手チームは阪神の応援と藤川投手の名前に気圧されてるように感じますね。

2位は中日。
毎年、交流戦では調子が上がらない中日ですが、今年もやはりイマイチの結果に。
その間に阪神との差がさらに広がってしまい、独走を許してしまった感じです。
投手陣はそれほど悪くはなく、ここぞというときの粘りはあるのですが、
阪神の勢いの前にはかすんでしまった感じがしました。

3位は巨人。
交流戦で14勝10敗と調子が良かったにもかかわらず、いまだ5割付近をうろついている巨人。
打線、投手陣ともにどうにも爆発力がいまいちな気がします。
その上、上位2チームとの差があまりにも開きすぎているので、
このまま3位争いを続けていくのではないでしょうか。

4位は広島。
ルイス投手がやたらと強い広島。高橋投手もかなりすごい。
交流戦でも勝ち越し、3位巨人とのゲーム差も0.5と、プレーオフ出場圏内にいております。
問題は阪神と中日の上位2チームに対して勝てるかどうか。

5位はヤクルト。
どうにも語りにくい成績を誇る(?)ヤクルト。
3位を狙える位置にはいますので、まずは借金の返済からでしょうか。
巨人と同じく、いまひとつパンチに欠けているような気がします。

6位は横浜。
とことん負けまくっている横浜。5位ヤクルトとのゲーム差がすでに10を超えています。
交流戦でも、ありえないくらいに一人で負け続けてしまいました。
戦力的には見劣るところはないと思うのですが…



セ・リーグは阪神が独走しています。そうそう沈みはしないでしょう。
おそらくこの勢いのまま阪神が優勝しそうな感じがしますので、
焦点は巨人・広島・ヤクルトの3位争いになりそうです。









まあこんな感じでしょうか。なんしか阪神の強さは止まるところを知りませんね。
あと、●●●●●●○●●●○●●●●●○●●●は思いっきり吹いた。
(ちなみに結果は●●●●●●○●●●○●●●●●○●●●●●○○○でした)




次回は7月末です。その頃はどうなっているのやら。




次回予告ッ!
頭痛に苛まれながらも何とか巡回をした管理人の前に、
巷で流行のステータスチェッカーが立ちふさがった!
管理人もその中に飛び込んでゆくのであった…
次回、「『ルイナ』のステータス」!いろんなところで発表されてるアレです。

テーマ : プロ野球 - ジャンル : スポーツ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。