スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第19話「意味があることにどんな意味があるのです?」

こんばんわぁ!ルイナさんですよ!

先日はビックリしました。なんか9ヒットもしてましたよ!

こんな絶海の孤島ブログに足を運んでくださるとは…なんて物好きな方々
頭が上がりませんですよ。ありがとうございます!


もともと私はヒット数などどこ吹く風で、勝手気ままにのほほんとサイトを続けるつもりで
このブログを始めました。今でもその思いは変わっていません。
今後もヒット数を稼ぐことを目的とは一切しません。ゼロでもなんら問題ないのです。

とは言うものの、やはりたくさんヒットするとうれしいものですね。
通常規模のサイト様からすると9ヒットなんてたいした数ではないでしょうが、
私にとっては「こんなに来てくださってありがとう!」ってカンジなのですよ。

これらの気持ちと心構えを忘れることなくサイトを続けてゆくつもりです。




…といった思いを抱えて巡回していたとき、以下の記事を拝見いたしました。

『それは人間が(もしくは貴方自身が)やるべき事なのか』という疑問。もしくは「原始人的な人間は情報発信なんてするなよ」という野暮な主張。 (「がぶるでぃぐく」様)
…上記記事に対する返信 (「愚者のニュース」様)
……上記返信記事に対する返信 (「がぶるでぃぐく」様)
………さらなる返信記事 (「愚者のニュース」様)

以上、「まなめはうす」様(11/28)、「明日は明日の風が吹く」様(12/15掲載記事「ウンチニュースサイトの管理者はこの手の文章は読まなかったことにすれば平穏ですよ」)、「儚雪の空」様(12/16)より。




上の4つの記事を拝見しまして、私はグサーーー!!!っときました。
ウンチニュースサイトの管理者とはまさに私のことではないか!
やはり私のサイトに存在意義などないのか…!?


…って、ここで終わっては取り上げた意味すらなくなりますので、
以下では見苦しくも自己弁論いたします。いわゆる言い訳。





サイトの存在意義について。

最近では山ほど個人サイト・ブログが存在します。重複したものも確かにたくさんあります。

私などはまさに他サイト様の足元にも及ばない下位互換・劣化サイトです。
私の色というものははっきり言って出せていません。

そういう意味では、全体を俯瞰すれば私のサイトなどあっても無くてもなんら支障は
ありません。換わりたり得るサイト様は山ほど存在しております。

しかし、これは完全に無意味・無価値なのでしょうか?

私は、意味や価値の有る無しは個人個人で変わると思っています。
ある人にとっては無価値でも、他のある人にとっては唯一無二のものであることもあります。

少なくとも、私は私のサイトに価値と意味を見出しています。他人にとってどうであれども。
これだけでも私のサイトが無意味なものでは既にないのです。

また、こんな私のサイトにも僅かながら読者様がいらっしゃいます。
読んでくださる方々にとっては、私のサイトは見る価値の無いものではないのです。
私がサイトをやめると、確かに99.99%以上の人々にとってはなんら影響はないですが、
それでも確実に存在する読者様にとっては多少なりとも影響が出るかもしれません。
(まあ全然困らない、というのは完全にその通りだと思います)


どんなサイトでも、誰かしらにとっては価値のある物なのです。
広く見ると同じようなものでも、限りなく狭めると違いが見えるのです。



コメントについて思うこと。

他サイト様には、基本1行の短レスコメントをされる方もいれば、
数行に渡って長文コメントされる方もいらっしゃいます。
(ちなみに私は各記事に対するコメントの分量がバラバラです。
1行数文字で終わるのもあれば10行以上書くこともあります)

短レスと長レス、どちらがいいのでしょうか?

短いコメントのメリットは、言いたいことを極限まで凝縮した非常に内容の濃いものである
ということです。うだうだ長々と言うのではなく、率直に一言で言い表すのです。一撃必殺。
デメリットとして、他と被りがちであること。内容が濃くないとただのショボイ言葉です。
それでは人々を惹きつけることなどできようはずもありません。

長いコメントのメリットは自らの言いたいことを素直に全て発信したものであるということです。
そのため他サイトとは一線を画したものになりますね。まさに自らの具現。
デメリットは、分量が多いと駄文になりやすいことと、長くなると内容が霧散しがちであること。
内容の薄いものをグダグダ長ったらしく書いても何の魅力もありません。


私は、コメントの長短には優劣など存在しないと思ってます。
どっちもどっち、でしょうか。内容が全てです。



個性について。

こればっかりは私には備わっていないものですので、論ずるのもおこがましいですが、
私が思うところを述べてゆきます。


個性とは、個人個人が気にかけていることだと私は考えています。
言い換えれば、自分のみのルールです。

サイト・ブログを手がけておられる皆様は何を思って更新しているのでしょう?

サイト・ブログを運営するに当たり、どこに注意しているのでしょう?

サイト・ブログのどの部分に心血を注いでいるのでしょう?

おそらく、本気で何も考えずに運営している方はいないでしょう。
誰しもが、自らのルールに従って運営しておられると思うのです。


私は、これこそが個性であると考えております。





まとめると、

価値とは人の裁量による

コメントは内容が全て

自分ルールこそが個性


ということです。(人としてあるまじき行為にならない程度にですが)


そして総じて、私が最も言いたかったことは、

この世には、まったく同じモノなど存在しない。

ということなのです。この世にまったく同じ人間は2人としていません。
価値観も然り。コメントですら。サイトにおいておや。





まあ、私は自由気まま風の吹くままにのほほんとサイトをてきとうに続けてゆきますよ。
そして、チラッと見てくださる読者様がおられる。

それだけでも、このサイトを作った甲斐が十分にあるというものですよ。

今回はこれでお開きです。



次回予告ッ!
荒野の遺跡サイトをほそぼそと続けていた管理人であったが、
ネット巡回という旅を続けていたとき、驚天動地のサイトを発見する!!!
管理人が心振るわせたそのサイトとは!!?
次回、「偶然は必然、必然は偶然」なのだ!管理人、感動す!

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。