スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第169話「アイニアイシテ、コイコガレ。」

ようこそお越しくださいました、私がルイナです。

今日は私のセキララな恋愛トークとしゃれ込みたいと思います!



…どしたん?

…何なの?そのなまぬるい目ェは?



………



…ええいチクショウめ!ああそうですよ!私にそんなリア充経験などあるはずがないでしょう!
もはや周知の事実にしてこの世の黄金律といっても過言ではないくらいだ!
くちおしや!



…無駄にテンションが高い前説はここまで。

さて、本題はこれらの記事を拝見して。

「愛」と「恋」に関するどうでもいい考察 「エッセイ的な何か」
照れずに語ろう「愛」と「恋」 「タケルンバ卿日記」

「愛」と「恋」についての記事です。

この2つの言葉はかなり似通っておりますね。
また、2つあわせると「恋愛」という言葉になります。
英語で言うと「LOVE」のひとことで表せるものです。

これらの記事中にて「愛」と「恋」の違いを語っておられますが、
私も少し「ここらへんに差があるんとちゃうかなー」と思うことを言ってみようと思います。



まず、「愛」について。
「愛」には恋愛感情を表すほかにもいろいろあるのです。
例えば「親子愛」とか「兄弟愛」といった「家族愛」の相です。
そう考えていくと、ぬくもりと言うか、相手を自分ごと包み込んでいるような感覚、
これが「愛」なのではないかと思います。

次に、「恋」について。
「恋」と言うと未知なるモノへ対する憧れといったような感覚を覚えるのです。
相手が自分のことをどう想っているのか分からないけど、自分は相手を想っている…
こういう感覚が「恋」だと感じるのですよ。


これら2つを纏めるならば、


・「愛」は双方向の思いやり。「恋」は一方通行の思いやり。


まあこんな感じではないかと。



…と、てきとうに語ってきましたが、実にツマラン結論ですね!
そこでもうひとつ「愛」と「恋」の違いを考えてみましょう。

「愛」と「恋」。どこが違うのか?

よーく見てみてください。「愛」と「恋」というこれら2つの漢字を。



「心」という漢字が入っているでしょう。

そして、「心」が入っている場所を考えてみてください。



「愛」は真ん中に「心」がある。
「恋」は下に「心」がある。




これらが表す「愛」と「恋」の違い、それは、


・胸に想いを秘めて、想いを込めて相手に接するのが「愛」。相手が主体。

・下心を秘めて、自らの欲求が先立って相手に接するのが「恋」。自分が主体。



という結論も考えてみましたが、どうでしょうかね?



まあ実はこの「愛と恋の『心』の場所」ネタは結構昔に聞いたことのあるものなので、
今更なにいうてんねんと言われるとどうしようもないんですけどね。


てきとうな感じでてきとうに語った、恋愛からは程遠い人種の管理人ルイナでした。




次回予告ッ!
休みの日はどっぷりとネットに浸かる管理人。
ずぶぬれになっていると、とあるところで非常にホットなアイテムを発見した!
次回、「今日は『るいんずめもりぃ』について書くよ!」!…いつも何について書いてんねん。

テーマ : 愛を語る - ジャンル : 恋愛

コメント

No title

愛は見返りを求めない物。
恋は自分主体な物、と何かの本で読みましたよ。
出来ればまっさらな気持ちで、
相手を愛したいものですね。

遅れましたが1万ヒットおめでとうございます!!

心変わって、恋。

漢字の文字遊びで、もうひとつ聞いたことがあるのは、

『「恋」という字は、「変」という字の下に「心」がついていることから、心変わりし易いモノ』

という話です。まあこれは「愛」と対比できなかったからパスした話なんですけどねー。

あと、祝辞ありがとふございまつ!ホンット涙がちょちょ切れますよ!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。