スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第159話「倣って習い、馴れて狎れる。」

いやはや、ルイナです。

今回の内容は、
第157話「その瞬間、閃光のように。」(別題「ニュースブログに主張の一貫性は必要か?」)
の続編です。といっても少ししか関連してはいませんが。

最近ブログ更新の為に睡眠時間を削っているフシがあるので、
できるだけとっとと書き上げてみせます。

※結果、約1時間でした。もうちょっと早く書きたかった。



というわけで珍しく前説が一瞬で終わったところで、今回はこちらから。

孫ニュースサイト管理人の掟 「さくらさんちの内緒話」様 (「ポ☆ニュー」様より転載)

まさに「個人ニュースサイトにありがちなこと」といった感じで突っ込まれまくっております。
なかなかグサッとくるところで、唸らざるを得ないです。

ですが、私としてはいくつか納得がいかないところがあるのですよ。
ちょっとまってよ、そんなことはないよ!…と言いたいところもあるのです。



というわけで、個人ニュースサイターの端くれたるわたくしルイナさんの、
上記記事にて挙げられている内容に対していくつか脊髄反射してみようのコーナー!


なんか最近、アクセスがどーととか、ニュースサイト論がどーとか、
普通にサイトに訪問に来てる人向けじゃなくて、
同じニュースサイト管理者に向けての記事が多すぎ。
そういうのやれば、同業者から取り上げてもらえるかも知れないけど、
ホームページもブログも持ってない人からすれば、
そんな身内ネタは、おもしろくもなんともない。

確かに、サイト・ブログ論はサイト・スログをやっている人向けの部分があります。
ただし、だからといってサイト・ブログを運営していない人にとって、
それが全部ツマランものではないと思います。面白いものは面白いんですよ。
例えば私の場合は、このブログを始める前からニュースサイトや
サイト論をみていろいろ思うところや考えるところを感じまして、楽しんだものですよ。
中の人が変わればサイト論も変わるなーとか思っていましたね。
まあ、ここら辺は価値判断というか、主観の問題でもあります。


たいていのニュースサイト管理人は、
「あっこれ面白そう、後でじっくり見よーっと」とURL収拾するだけで
実際全部見てない。

私の場合は、内容を見ていない記事は掲載しません。
だって、中身を見なきゃコメントつけられないもの。


クリスマスはエロゲで過ごしてこそニュースサイト管理人だ。

私はエロゲーなんて持ってません><
まあゲームで過ごすというのはあってますがね。


最近ニュースサイトに新しい風が吹かないよね。

はいてない四天王には選ばれましたが。
新しい風、吹かせてみせるッ!!!…私以外が。


ニュースサイト論をよく取り上げるニュースサイトほどつまらない気がする。

サーセンwww だって私が好きなんだもの。


ニュースサイトやってるやつらが馴れ合うのは構わないが、
いかに自分が私生活が忙しいのに更新頑張ってますよみてーに
アピールするのは見るにたえねーな。
ヒマだから、ネット回ってネタ見てまわってんだろ。
ニュースサイトは見る側が探す手間を省くために来る中継点だから、
中継点が偉そうにしてるのは勘違いもはなはだしいな。
客よりとりあげたネタ元サイト全部に感謝しろよ。

私のブログは皆様のお力を借りることで成り立っております。
偉そうにしたことはない(ハズ)ですし、客もネタ元にも感謝の意でいっぱいです。
もちろん経由先ニュースサイトにもね。
あと、私は忙しいことをブログ更新が困難だということの言い訳にはしたくないし、
するつもりもありません。
無論アピールするつもりもありません。


ニュースサイトはもう飽和しきってしまった。
これ以上増えても意味が無いと思う。

意味があるかないかは、誰が決めるものなの?あなたが決めるもの?
確かにその通りだけど、それはあなたのみの結論であって、他の人の結論ではないのです。


微々たる満足感を求め就職もせず毎日毎日ニュースを漁りつづける廃人、
それがニュースサイト管理人。

ふっふっふ…私にはその手は通用しないな!!!廃人かもしれんが。



もうちょっといろいろ突っ込みたいところもありますが、これ以上やってもしんどいですので、
ようやく本題に移ります。



今回のネタの本題はこの中の「馴れ合い」「内輪ネタ」についてです。

馴れ合いとはサイト・ブログ管理人が個人的にメッセージを送ったり、
個人的な絡みで記事を紹介したりすることを指します。

知らん人にとっては非常にどうでもいいというのはその通りです。
よくも知らない人どうしが交流していたところで、自分には関係ないところですし。

ただ上でも言いましたが、本当に全ての第三者がツマランと感じるのでしょうか?
中には他人どうしの交流を面白いと感じる人もいるでしょう。
あわよくば参加してみたいと思わせられるかもしれません。
そう思わせられたら素晴らしいと思うのです。
参加するともっと楽しい。それが交流であり、馴れ合いなのです。


そして、いつ何時でも馴れ合っているかというとそうでもないでしょうよ、と。
ニュースサイトにしても、全ての紹介記事が馴れ合いではないのです。

基本的に(個人)ニュースサイトは中の人が面白いと思った記事をピックアップします。
その中には当然自分が絡んだ記事だって入るでしょう。
なぜかというと、自分が絡んだ記事は自分にとってすごく面白かったことなのですから。
でも、そればっかりじゃない。基本的にはそれ以外の面白い記事で、
全体の一部に馴れ合ったような記事を混ぜているところがほとんどだと思いますよ。

また逆にいうと、全てが馴れ合いの範疇にあるともとれますがね。
ニュースサイトが他のニュースサイトから記事を転載するときに情報元として
経由ニュースサイトを記載するのも、広い目で見れば馴れ合いといえるかもしれません。



ここらへんでまとめますと、


・馴れ合い・内輪ネタは中の人どうしの交流。

・馴れ合い・内輪ネタの発信は楽しさ、面白さの共有を目指している。

・(個人)ニュースサイトのピックアップ記事で
 自分の馴れ合い・内輪ネタを紹介するのは、自分が楽しんだことの発露。

・(個人)ニュースサイトが馴れ合い・内輪ネタ記事を紹介するのは、
 それが楽しいことであるということを紹介する目的がある。



まとまってないかもですが。


私の考えとしては、馴れ合った相手や、ニュースサイトで言うなら同業者も
「読者」という点では変わらないと思っています。

馴れ合い・内輪ネタは、そればっかりだとよくないことなのでしょうけど、
読者が喜んでくれるネタを仕込むと考えりゃ、
別にそれををやったってかまわないと思ってるんですよ。

誰に見せるのか。それが初見の読者にも通用するのか。
よく語られることですが、私はそれらに対して神経質になる必要性は無いと思うのですよ。



あまり関連してない関連:「基準」はどこにあるのか、など。

「そんなの常識だろ」の「常識」は誰が決めたんだよ 「適応係数17♂」
「馴れ合い・内輪ネタは初見の人には楽しくもなんとも無い。」
これって「常識」なのでしょうか?まさに、「誰が決めたんだよ。」


要は、センスがないんでしょ? 「E.L.H. Electric Lover Hinagiku」
「普通」って何?まずそこがわからない…というようなことです。


オフレポをブログに書くこと 「304 Not Modified」
素晴らしいタイミングで私が言いたかったことを書き記してくださいました。
自分が楽しいと感じたから、それを他の人にも伝えたい。
それが、馴れ合い・内輪ネタを書いたり紹介したりすることなのだと思うのです。




次回予告ッ!
更新を終えた管理人は眠りにつく。そして次の日目覚めると、
いつもそこには前髪が大爆発した管理人が!!!
次回、「前髪だけ天然パーマな管理人ルイナ」!整えるの、めんどくさいんだよ?

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。