スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1562話「バズワード・メモリィ2017 Part3」

どうもルイナです。

毎年恒例、バズワード・メモリィのお時間です。

『アニメ流行語大賞2017』投票結果

つい先日、2017年新語・流行語大賞が発表されました。
それとともにネット・アニメの流行語大賞も合わせて発表されました。
そこで今年もやっぱりやります、流行語大賞に選ばれた言葉に
テキトーにコメントをつけていくのコーナー!
ある意味12月の恒例行事パート3!
今回はアニメ流行語大賞の解説をやります。

ノミネートワードは33個ありますが、やっぱりクッソ多いので、
今回も上位10個までにします。



・金賞:ドーン!
   …今年の金賞は、
    深夜アニメ業界に一大ムーブメントを巻き起こし、
    放送終了後も勢いは留まることを知らず、
    朝アニメとして再放送され、
    2期も当然のように決定し、
    中の人たちがミュージックステーションで主題歌を披露し、
    監督降板の話題がヤフーのトップニュースに採り上げられ、
    現在をもってなお普通に広く使われ続けている、
    「けものフレンズ」の各種セリフ…




    ではなく!



    「笑ゥせぇるすまんNEW」の「ドーン!」でした。



    納得の行く結果ですね!当然の結果ですよね!



    …ん?何か文句ある?



・銀賞:わーい! たーのしー! すごーい!
   …アニメ「けものフレンズ」を象徴する言葉。
    主にサーバルキャットの「サーバル」ちゃんが使用する。
    書いて字のごとく、楽しい時や凄いと思った時に使われている。
    そのあまりにもストレートな感情表現に一切の嫌味は無く、
    現代社会に疲れた視聴者の心を洗い雪ぐのであった。


・銅賞:止まるんじゃねぇぞ…
   …アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」にて、
    主人公のひとり「オルガ・イツカ」が今際の際に絞り出したセリフ。
    このセリフの後には「俺も止まらねぇからよ…」と続く。
    本作終盤、オルガ率いる鉄華団はなんやかんやあって
    非常に切羽詰まった状況に立たされてしまい、
    1つ間違えればあえなく全滅の憂き目にあってしまうほどに
    追い詰められてしまっていた。
    そんな中でも何とか鉄華団の行く末に光明を見出したのだが、
    その矢先、オルガは刺客の凶弾に斃れるのだった。
    命の灯火が消え行くさなかにあっても、オルガは鉄華団の未来を案じ、
    鉄華団が歩みを止めず前に進み続けることを願い逝くのであった。

    …と、このシーンは作中終盤に主役級のキャラが退場する場面であり、
    極めて重要かつ感動的なシーンである。

    …であるハズであった。

    実際のところ、それまでの話の展開が微妙にビミョーであり、
    鉄華団首魁たるオルガが取ってきた行動もあまりよろしくなく、
    さらに言えば暗殺される流れが既に別のキャラでやっており、
    完全なる二番煎じ
だったこと、
    極めつけにはオルガの最期のシーンのポーズが
    サタデーナイトフィーバーっぽい感じ
になってしまったため、
    感動よりもネタじみた扱いを受けるハメに陥ってしまったのであった。


・◯◯が得意なフレンズなんだね
   …アニメ「けものフレンズ」を象徴する言葉。
    ◯◯の中には何を入れても成立する極めて汎用性の高いセリフである。
    いかにもサーバルちゃんあたりが言ってそうだが、
    なんとこのセリフ、アニメ本編では一度も使われていない。


・いっぺん死んでみる?
   …アニメ「地獄少女」の主人公「閻魔あい」の決めゼリフ。
    依頼者が恨みの対象者に呪いをかけた際に行われる
    「地獄流し」の締めのセリフとして用いられている。
    全文は「闇に惑いし哀れな影よ。人を傷つけ苦しめて、
    罪に溺るる業の魂。いっぺん、死んでみる?」
となる。
    今年、久しぶりに新作である第4期「宵伽(よいのとぎ)」が放送され、
    このセリフも過去作と変わらず使われた。


・マジやばくね?
   …主に「本当に危険ではないか?」という意味を持つ現代語。
    いわゆる若者言葉の一種であるが、
    近年「ヤバい」は「凄い」の意味でも使われるようになっており、
    「これ本気でスゲーんじゃないか?」という意味でも使われている。

    とまあ、ここまでは単に言葉の説明であるが、
    ここに挙げられたのはアニメ「小林さんちのメイドラゴン」にて、
    ドラゴンのひとり(一匹?)「カンナ(カンナカムイ)」の
    口癖になってしまったためである。
    そんじょそこらの若者が「マジやばくね?」と言っているのを見たカンナが、
    同じドラゴンの「トール」に「あれさえ言っておけば大抵の会話は何とかなる」
    吹き込まれた結果、カンナは事あるごとにこのセリフを言うのであった。
    マジやばくね?


・駄天使
   …神に仕える天使が傲慢、嫉妬などにより神へ反逆し、
    天界を追放された天使のことを指す。

    …間違えた。
    上記は「堕天使」の説明である。

    ここで解説するのは「駄天使」である。
    要するに「ダメ天使」である。
    主に駄天使呼ばわりされているのはアニメ「ガヴリールドロップアウト」の
    主人公「天真・ガヴリール・ホワイト」である。
    ガヴリールは天界では品行方正で模範的な天使オブ天使だったが、
    下界(人間界)に降り、下界の娯楽(主にネトゲー)にハマッた結果、
    どこぞのUMRちゃんを彷彿とさせる自堕落しきったダ天使になってしまった。

    なお、どこぞの水属性のダ女神とは何の関係もない。


・カドカワわからない
   …アニメ「宝石の国」のED「煌めく浜辺」の歌詞。

    え?意味がわからない?しょうがないにゃあ。

    …ゴホン。
    ちゃんと説明すると、上記EDの歌詞の中には、
    「~かどうかはわからない」というフレーズがあるのだが、
    この「かどうかは」が「カドカワ」に聞こえるという空耳アワーである。
    もちろん角川書店およびKADOKAWAとは何の関係もないし、
    どこぞの「Re焼肉day」とも何の関係もない。


・けものはいてものけものはいない
   …アニメ「けものフレンズ」を象徴する言葉。
    OP「ようこそジャパリパークへ」の歌詞に出てくるフレーズである。
    単に韻を踏んだ歌詞と侮るなかれ、
    本作に出てくる「けもの」は皆「フレンズ」であり、
    「フレンズ」に「のけものはいない」
のである。
    いじめ問題などに頭を悩ませる現代社会において、
    一石を投じる非常に深い歌詞と言えよう。


・わっかんね☆
   …漫画及びアニメ「徒然チルドレン」のキャラ「香取慎一」のセリフ。
    本作のジャンルはいわゆるラブコメであるが、
    香取先輩は「恋愛マスター」の異名を持ち、
    数々のブッ飛んだ言動を提供してくれる、
    とてもウザ…とてもアホ…とてもインパクトのあるキャラである。
    このセリフもどこぞの「ぬかしおる!」並みに中毒性が高い。



…というわけで、昨年の「バイバイバナナ」に引き続き、
「組織の力で賞」
に輝いた「ドーン!」はさておき、
今年はまさにけものフレンズ旋風が吹き荒れた1年でした。

流行語という意味では、「止まるんじゃねぇぞ…」の方が、
どんなアニメであっても、どんな話の流れであっても、
「止まる」的なフレーズがあれば、すぐさまコメントされるほどに
汎用性と使用頻度の高いセリフだなぁと個人的には思いましたね。



次回、「バズワード・メモリィ2017 Part4」に続く。

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。