第1555話「バズワード・メモリィ2016 Part5」

どうもルイナです。

毎度おなじみバズワード・メモリィのお時間です。
もう毎年やってるので説明不要かもしれませんが、Part4のネタ元でもある
テキストサイト「karimikarimi」さんに乗っかって、
私も今年のアニメで(自分の中で)やたらと流行った言葉とか
気になる言葉とかを選んでいたのです。

というわけでせっかく自分でも選出したんだから、
自分で選んだワードの解説を自分で付けていきます。
特に順位を決めたりはしませんが。

以下、ノミネートワードです。
基本的に各クール5つを目処に選んでいますが、多少の増減はあります。


【冬クール(1月~3月)】
・シコ松
・駄女神
・サヤ師
・おほほ
・ギャラル式部


【春クール(4月~6月)】
・聞いてくれエブリワン
・原作と同じ声
・ぅンまああ~いっ!
・私が来た!


【夏クール(7月~9月)】
・アナタ…怠惰デスねェ/脳が震えるゥ!
・がんばルビィ!
・小公女のレガリア
・マルダーン成三
・Re


【秋クール(10月~12月)】
・首置いてけ!
・勝ったなガハハ!
・だが断る
・けじめ/日曜日のけじめ
・イオク様/日曜日のたわけ



それでは毎年恒例のノミネートワードを無駄に解説するコーナーをどうぞ。



・シコ松
   …アニメ「おそ松さん」の主人公である6つ子の1人「チョロ松」につけられたアダ名。
    名付け親は長男のおそ松。
    どうしてこんな不名誉なアダ名をつけられたのかというと、
    チョロ松が文字通りシコっていたからである。四股ではなくシコ。
    なお、その後もちょくちょくシコ松呼ばわりされている。

    ちなみに、シコ松の語感がよかったのか、放送されるやいなや、
    瞬く間にシコ松の文字が世の中に跳梁跋扈した。
    そのおかげ(?)で、NHKのつぶやきビッグデータに採り上げられるまでになった。
    しかしさすがにシコの由来が由来だからか、NHK放送ではシコが取り除かれ、
    流行ったのは「松」ということにされてしまうのであった。
    こんなしょーもないネタの対応に苦慮するNHKスタッフの苦悩がしのばれる。


・駄女神
   …ライトノベルおよびアニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」の
    ヒロインの1人「アクア」を指す。名前の通り水を司る女神である。
    美人でスタイルも良いのだが性格に相当な難ありで、
    能天気でお調子者で空気が読めない等、枚挙に暇がない。
    「黙っていれば美人なのに…」という残念美人を絵に描いたような存在である。
    冒険者としても初期レベルでパラメータがカンストしており、
    職業も上級職「アークプリースト」にいきなり就けるなど、
    女神ゆえに非常に高スペックを誇っているのだが、
    唯一「知性」のパラメータだけが異常に低くなっている。
    先にも書いたが既にパラメータは完成してしまっているので、
    とんでもなく低い知性はレベルが上がっても成長することが無い。
    …というわけで、「ダメな女神」だから駄女神、ダ女神である。
    要するに「アホの子」である。


・サヤ師
   …漫画およびアニメ「だがしかし」のヒロインの1人「遠藤サヤ」の異名。
    主にもう1人のヒロイン「枝垂ほたる」から呼ばれている。
    メンコやベーゴマ等、昔ながらの遊びがとてつもなく上手く、
    ほたるから羨望と尊敬の眼差しを一身に浴びることとなった。
    サヤ師の昔遊びスキルは「こち亀」の両さんに匹敵するかもしれない。


・おほほ
   …ライトノベルおよびアニメ「ヘヴィーオブジェクト」のキャラ。
    いつも「おほほ」と高ビーに笑うことから主人公クウェンサーたちからこう呼ばれる。
    非常に高い身体能力とコンピュータをも凌駕する情報処理能力を持ち、
    第二世代オブジェクト「ラッシュ」のパイロットも務めるエリートである。
    それでいてGカップでスタイルグンバツのナイスバディという、
    非の打ち所がないまごうことなきアイドルである。

    …のだが、ビジュアルについてはちょっとばかしサバを読んでいる。
    どれくらいサバを読んでいるかというと、Gカップのアイドルを想定していた
    クウェンサーが実物を見た瞬間血涙を流して嗚咽する程度。

    なお、アニメEDのキャストクレジットにも「おほほ」と表記されているのだが、
    なんと原作小説においても未だに本名不明である。出番はそこそこ多いのに。
    「マジンガーZ」におけるボスみたいなもの…なのかな?


・ギャラル式部
   …アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する、
    ギャラルホルン地球外縁軌道統制統合艦隊司令官「カルタ・イシュー」を指す。
    そのビジュアルから「麻呂眉おばさん」などとも呼ばれる。
    名家の生まれからか、型に嵌まった発言や行動が多く、
    かつ尊大な態度を取っているが、どこかズレた言動となっており、
    微妙にポンコツめいたキャラ設定である。
    …まあイオク様に比べたら随分マシではあるが。



・聞いてくれエブリワン
   …アニメ「甲鉄城のカバネリ」のキャラ「鈴木」のセリフ。
    BD・DVDのCM冒頭にて発言する。なお本編にこのセリフは無い。
    このアニメは和風「進撃の巨人」と喩えられるような作品なのだが、
    鈴木のキャラ設定はエセ外国人のような英語交じりのカタコト日本語を
    話すという作中でも屈指の異質キャラとなっている。
    なんでこんなキャラ設定になったのかマジで不明である。


・原作と同じ声
   …漫画およびアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第4部「ダイヤモンドは砕けない」の
    メインキャラ「虹村億泰」を指す。
    もう少し正確に言うと、億泰の中の人である高木渉さんを指している。
    億泰の声については、数年前に放送された第1部のアニメ放送時に、
    ウルトラジャンプのCMに4部キャラを用いており、
    その時点で億泰は高木さんが演じていたのだが、
    これがジョジョ読者の思い描く億泰の声に恐ろしいくらいドハマリしており、
    聞いた瞬間から億泰の声は高木さん以外想像できないレベルに至ったのだった。
    その後、時が経って第4部がTVアニメ化されることとなり、
    仗助の中の人がCMやゲームで演じた羽多野渉さんから小野友樹さんに
    変更になるなど、メインキャラの声優が結構色々と変更になっていた中、
    億泰の声は高木さんが続投となり、皆がホッと胸を撫で下ろすのであった。
    そして第4部アニメで億泰が登場し喋ると、これがまた完全に億泰の声であった。
    そのあまりにも億泰の声としか言い様がない高木さんの億泰ボイスに、
    視聴者は自然に「億泰の声が原作と同じ声だった」とつぶやくのであった。


・ぅンまああ~いっ!
   …漫画「ジョジョの奇妙な冒険」第4部「ダイヤモンドは砕けない」における、
    もはや説明する必要もなさそうな名ゼリフ。
    一応解説すると、億泰がトニオさんの料理を食べた際に発したセリフである。
    原作漫画の有名シーンの1つであり、アニメにおいても完全に再現されていた。
    億泰はこのセリフの後にグルメレポーターも真っ青なくらいに
    トニオさんの料理が如何に美味しいのかを事細かに表現している。
    そのボキャブラリーの豊富さは自他共に認める頭の悪さなど微塵も感じさせない。
    ちなみに、億泰はトニオさんの店に行きつけになったらしく、
    アニメ最終回のエンディングでは父親と猫草(ストレイ・キャット)と共に
    料理を食べている。ここでももちろん「ぅンまああ~いっ!」と叫んでいた。


・私が来た!
   …漫画およびアニメ「僕のヒーローアカデミア」に登場する
    メインキャラ「オールマイト」の決めゼリフ。
    一般人や他のヒーローに絶対の安心と勝利を約束するとともに、
    犯罪者や敵(ヴィラン)に絶対の絶望と敗北を叩きつける究極の一言である。
    本編で何度も使われているのだが、使い勝手が良すぎるのか、
    BD・DVDやゲームのCMでもほぼ毎回使われており、
    とにかくオールマイトが来すぎていた。物には限度ってもんがある。



・アナタ…怠惰デスねェ/脳が震えるゥ!
   …ライトノベルおよびアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」に登場する
    「怠惰」の魔女教大罪司教「ペテルギウス・ロマネコンティ」のセリフ。
    ペテルギウスはその言動の全てが紛うことなき狂人のソレであり、
    中の人である松岡禎丞さんの人智を超えた強烈なイカレキャラ演技も相まって、
    非常にインパクトの強いキャラクターである。
    なお、「テルギウス」ではなく「テルギウス」である。
    VやBではなくPである。
    私もここで調べるまで普通に「ベテルギウス」だと思ってた。

    ペテルギウスの能力の1つに「憑依」があり、これは色々と条件はあるものの、
    他者に乗り移ることができる能力である。
    これによりペテルギウスは自らの肉体が滅びても精神が憑依先で生き続け、
    イカレた言動を取り続けるというハタ迷惑極まりないキャラである。
    これがアニメになると、ペテルギウス本人の声優である松岡さんではなく、
    憑依先のキャラの声優がイカレ演技をするという演出になっていた。
    もちろんそこはプロの声優なのでそれぞれイカレた言動をするのだが、
    どこか照れがあるように感じられた。
    まあこんなキャラをやるんだから照れがあっても当たり前っちゃ当たり前なのだが、
    ペテルギウス本体に戻ってくると松岡さんが超絶的なイカレ演技をするため、
    視聴者は「やはり松岡くんのがしっくりくる」と評価するのであった。
    だもんで、どっちかって言うと松岡さんの演技が凄すぎるため、
    他の声優さんの演技は松岡さんの演技に引きずられてしまって、
    松岡さんのモノマネみたいな演技になっていたと言った方が正しい気もする。


・がんばルビィ!
   …アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のメインユニットである
    「Aqours」のメンバー「黒澤ルビィ」の決めゼリフ。
    元々はルビィの中の人である降旗愛さんがアニメになる前から
    ちょくちょく使っていた持ちネタだったらしい。
    「NEW GAME!」の「(今日も一日)がんばるぞい」との関連は不明だが、
    もしかしたら「がんばるぞい」を元ネタとして、
    これをアレンジして「がんばルビィ」が生まれたのかもしれない。
    なお、派生に「ふんばルビィ!」というのもある。


・小公女のレガリア
   …アニメ「クオリディア・コード」の第5話サブタイトル。
    これだけなら何の変哲もないただのサブタイなのだが、
    クオリディア・コードと同時期に「レガリア」というアニメが放送されており、
    第4話が終わったところでレガリアの放送休止が発表されたのである。
    タイミングが良いのか悪いのか、レガリアが第5話以降の放送休止を
    発表したのとほぼ同時にクオリディア・コードの第4話が放送され、
    第5話の次回予告に「小公女のレガリア」というサブタイが表示されるという、
    なんか示し合わせでもしたかのような微妙な符合が重なるのであった。
    このため「レガリアの5話はクオリディア・コードに引き継がれた」とまで
    言われる始末になるのであった。


・マルダーン成三
   …アルスラーン史の研究家。
    アルスラーンとはもちろん小説および漫画「アルスラーン戦記」の
    アルスラーンである。むしろ他に何がある。
    アニメ第2期「風塵乱舞」放送時にスマホゲーのCMキャラとして登場した。

    念のため言っておくが、もちろん架空の人物である。


・Re
   …「再び」「やり直す」「逆に」「後ろに」を意味する接頭辞。
    2016年夏クールのアニメ作品では「Re」が付いた作品が
    なぜかやたらと多かった。以下に例を挙げていくと、
    ・「Re:ゼロから始める異世界生活」
    ・「ReLife」
    ・「Rewrite」
    ・「機動戦士ガンダムUC Re:0096」


    …と、何か示し合わせでもしたかのように「Re」アニメが多く放送されていた。

    「Re」の意味からして、ガンダムUCは除くとしても、
    昨今は「やり直し」がテーマのアニメが急増している印象がある。
    今年のアニメでは「Re」アニメを除いても「僕だけがいない街」や
    「迷家-マヨイガ-」「orange」がこれに該当している。
    夏アニメに至ってはガンダムを除く上記の「Re」アニメに
    「orange」を含めて4つも同時にやり直し系アニメが放送されていた。
    近年のやり直し系アニメの隆盛っぷりを鑑みるに、
    そこまでみんな人生をやり直したいと思っているのか、
    そこまでみんな悔いの残る人生を歩んできたのか、
    そこまでみんな現実が辛くて逃避したいのかと思うと、
    得も言われぬ悲しみを覚えてしまう。
    私だって「あの時ああしていれば人生変わったやろうなぁ」と
    思い当たるフシは当然いろいろたくさんあるけれど、
    だからっつって今の自分を捨ててまでやり直したいとは思わないですよ。



・首置いてけ!
   …漫画およびアニメ「ドリフターズ」の主人公「島津豊久」の決めゼリフ。
    史実においても島津家は「鬼島津」という異名を持つ戦闘集団であるが、
    豊久もまた鬼島津を体現したかのような戦闘狂であり、
    このセリフと共に立ちはだかる敵の首を挙げに行くのである。
    あまりにも連呼するので「妖怪首置いてけ」などと言われる。
    なお、妖怪ネタは公式である。本編でも言われている。


・勝ったなガハハ!
   …アニメ「ガーリッシュナンバー」の主人公「烏丸千歳」の決めゼリフ。
    文字通り勝利を確信した時によく言っている。
    とは言いつつ、このアニメの作風および千歳のキャラを考慮すると、
    いわゆる「何の根拠もない自信」というアレである。
    言葉としての使い勝手はそこそこ良い。


・だが断る
   …漫画「ジョジョの奇妙な冒険」第4部「ダイヤモンドは砕けない」における、
    もはや説明する必要もなさそうな名ゼリフ。
    一応解説すると、岸辺露伴が噴上裕也のスタンド「ハイウェイ・スター」に
    囚われた時に、助けに来た仗助を差し出せば開放してやると言われた際に
    露伴が発したセリフである。
    原作漫画の有名シーンの1つであり、アニメにおいても見事に再現されていた。
    その再現っぷりたるや、漫画での構図をそのままトレースしたかのごとく、
    露伴先生の首の角度まで完全に計算された完璧な出来栄えであった。
    もしかしたら色まで完全に再現していたかもしれない。

    なお、現在に至ってはもはやジョジョが元ネタだと思われないくらいに
    様々な作品でネタにされているこのセリフであるが、
    ただ単純に断る場合でも使われているフシがあり、それは間違いである。
    正しい使い方は「自らにとって有益な提案をあえて拒否する」である。
    だからこその「『だが』断る」なのである。


・けじめ/日曜日のけじめ
   …失敗や非難に対して、明白な形で責任を取ることを指す。
    用法は「きちんとけじめをつける」など。

    ここで挙げたのはアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」による。
    このガンダム作品はいわゆる「任侠」がテーマとなっており、
    そんじょそこらのヤクザ作品など歯牙にもかけないくらいに
    ガチのヤクザモノのアニメとなっている。
    日曜夕方に放送して良いのか心配なほどガチガチである。
    作中においてもオルガをはじめとして様々なキャラが「けじめ」と発言している。
    その言葉が含有するのは「死んで詫びろ」くらいのマイルドな意味合いである。

    あまりにもけじめ発言およびけじめシーンが多くあることから、
    誰が言ったか「日曜日のけじめ」とも呼ばれている。
    元ネタは毎週月曜に社畜の皆様にお送りされる「月曜日のたわわ」から。


・イオク様/日曜日のたわけ
   …アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する、
    ギャラルホルンの名門クジャン家の当主「イオク・クジャン」を指す。
    イオク様のキャラ設定としては、無駄に正義感が強く自信家であり、
    名門の生まれからくる尊大さ、MSの操縦技術に難がある(要はヘタクソ)など、
    属性てんこ盛りすぎて挙げきれないが、基本はポンコツである。
    まあこれだけならただのポンコツキャラだったのだが、
    アニメ本編にて語られる、過去に発生した「厄災戦」の要因であり、
    マウンテンサイクル…もとい、ハーフメタル採掘場にて機能を停止していた
    モビルアーマー「ハシュマル」を静止されたにも関わらず
    目覚めさせてしまうという事態を引き起こしてしまう。
    この時点で作中でもマクギリスに「愚かにも程がある」と言われ、
    視聴者も「完全に同意」くらいの感覚となったのだが、
    ここまでなら話を展開させるためにそうなったのだろうと理解できる部分もあった。

    だが、イオク様の真骨頂(?)はここからである。
    起動したハシュマルを迎撃するも全く歯が立たず、
    イオク様は部下の犠牲と引き換えとして、部下の敵討ちを誓い戦場から離脱した。
    そして場面は鉄華団に移り、ハシュマル迎撃プランを立案、実行に移すのだが、
    鉄華団がハシュマルを迎撃ポイントに誘導している最中に、
    イオク様があさっての方向からハシュマルを狙撃してしまう。
    その結果、誘導が逸れてしまい、民間人の避難が済んでいない農業プラントに
    向かっていくというとんでもないやらかしをしでかしてしまうのであった。
    これには普段口数の少ない明弘も「一体どこの馬鹿野郎だよ!」とブチギレ。
    視聴者にとっても全く同じセリフが脳内に浮かび上がっていく。
    イオク様はこの時「一矢報いたぞ…!」と自己陶酔していたのだが、
    現実はハシュマルが農業プラントをビーム兵器でなぎ払い、
    そこにいた人々は為す術無く焼き尽くされてしまった。
    それまではポンコツキャラとしてネタにしていた視聴者も、この惨状を見た瞬間、
    「こいつシャレにならんぞ…」と冗談で済ませなくなっていった。
    さらにイオク様の暴走はとどまるところを知らず、
    鉄華団がハシュマルを再度迎撃するため誘導していたところに、
    またしてもあさっての方向から狙撃を行ってしまい、
    鉄華団の迎撃プランは完膚なきまでに叩き潰されてしまうのであった。
    ここまで徹底的に致命的な大ポカを連発され、かつ自己陶酔に浸る姿を見ると、
    さしもの視聴者ももう冗談半分に扱うことはできなくなり、
    かなりガチで怒り心頭に発することとなるのであった。
    まさしく「駄目だこいつ…早くなんとかしないと…」という心境である。
    イオク様のもたらした損害は上記のプラント全滅やミカが半身不随になるなど
    多岐に渡っており「鉄華団に最もダメージを与えた人物」と評される。
    さらには「1人の人間が引き起こした損害」として、
    歴代ガンダム史上最大
とも言われている。
    このことからイオク様こそが真の「厄災」とまで言われるのであった。

    あまりにもシャレにならない大ポカや自己陶酔が多くあることから、
    誰が言ったか「日曜日のたわけ」とも呼ばれている。
    元ネタは毎週月曜に社畜の皆様にお送りされる「月曜日のたわわ」から。
    なお、イオク様の中の人である島崎信長さんは、
    一応自分のキャラなので途中まではある程度擁護していたのだが、
    度重なるやらかしを経てついにお怒りになられてしまわれた。
    中の人にまで怒られるイオク様の明日はどっちだ。



イオク様の項目が長すぎたw 他と比べてボリュームに圧倒的な差があるw
書けば書くほどさらにネタが湧いて出てくるイオク様恐るべし。



というわけで、今年の更新はあと1回です。
やるのはもちろんアレ。…間に合うかな…

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する