スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1465話「第2次スーパーロボット大戦OG クリア感想(前編)」

今回のテンションは3倍です。

ついにクリアしたぞー!!!
ってなわけで、軽く感想を書いてみました。
レビューってほどでもありませんので、話半分にテキトーに見ると気が楽かも。
てゆーか真剣に吟味された日には涙目。
当然ながら多分にネタバレを含んでおりますので、追記にて。


ちなみに後編はこちら


…というわけで、第2次スパロボOGをクリア(1周目)しましたので、
記憶がフレッシュなうちに感想を書いてしまおうと思い立った次第です。
…とか言いつつもう半月くらい経ってるんですけど。

ちなみに1周目は地上ルート(スパロボDがメインのルート)を通りまして、
そちらの方のイベントしか見ていません。
よって宇宙ルートのイベントについてはあまり語れません。


[クリアリザルト]

・総ターン数…411
・レベル1位…リュウセイ(75)
・撃墜数1位…ジョッシュ(93機)
・SRポイント…62(全取得)
・エース到達人数…60人(全員)
・総獲得資金…14338162


発売日に買ってからほぼ毎日プレイしていましたが、クリアまで約1ヶ月半かかりましたね。
それもそのはず、戦闘デモを片っ端から全部見ていたためです。
弱い武器や特殊効果武器で攻撃するときでも見てました。
敵のザコ同士の戦闘とかいった場合でない限り飛ばしませんでしたね。
さすがに2周目からはある程度飛ばしていきますけどね。

SRポイントは当然のごとく全部取得しています。
撤退するボスキャラもほぼ全て逃さず撃墜していきました。
武器改造をまったく行わなかったので、色々とシステムを駆使してましたね。


[ボリューム・シナリオ]

シナリオは全63話(最終分岐で話数が若干変わる模様)。
今回のシナリオは序盤に「スパロボEX」のストーリーが展開していきます。
すなわち、魔装機神の世界であるラ・ギアスが舞台となります。
その後、地上に戻り「第2次スパロボα」「スパロボD」「スパロボMX」を
主軸としたストーリーが展開されていきます。

当たり前ですが「スパロボOGs」「スパロボOG外伝」の続きです。
さすがに今作からOGシリーズを開始しようとするプレイヤーは少ないと思いますが、
そういうことをするヒトがいてもある程度問題なくするために、
過去作品のストーリーダイジェストを採用しています。
まあそうは言っても所詮はダイジェストであって、あらすじをなぞる程度であり、
理解するには限界がありますので、おとなしく「OGs」「OG外伝」をプレイするか
アニメの「ディバイン・ウォーズ」「ジ・インスペクター」を視聴しましょう。

今回は「EX」が再現されるというのもなかなかにサプライズでしたが、
さらに初期シリーズ最後の「スパロボF」のストーリーも再現されており、
これは事前情報が全くなかったため本当にサプライズな参戦でしたね。
私は「F」は今回ではまだ参戦せず、次に持ち越すと思ってました。
マップBGMも当時のBGMが採用されているので、流れたときはものすごく懐かしかった。
「F」以外の作品でも発売当時から随分と期間が経ったものばかりですので、
それぞれのシナリオやBGMが再現されているのが懐かしくてしょうがないですね。

超絶的に個人的な話をすると、私のHN「ルイナ」の元ネタが
「D」の敵勢力「ルイーナ」からとったモノであるというのは何度か言ってますが、
今回ついに「D」がOGシリーズに参戦しまして、実際に戦う際にも味方キャラが
ルイーナと言いまくるもんですから、なんか妙にこっ恥ずかしい気分になってしまった。
まあこれは「D」の参戦が決まった時からこうなることは自明の理でしたけども。
いやぁ、サイト名を「あとりむめもりぃ」にしてHNをミストにするかどうか本気で悩みましたね…


[演出・システム]

戦闘デモにて機体が動きまくるのはいつものこととなっていますが、
今回はパイロットのカットインが複数用意されています。
機体のモーションに合わせて動くような感じになっていました。
セリフを喋っているカットインの場合、セリフの長さに合わせて口パクの時間が変わるなど
妙に細かい演出もありますね。
それと、今回はシナリオデモ中にもアニメーションを入れたり
機体を飛ばしたりしていて、戦闘以外のところにも力をかけていました。

また、今作も毎度のことながら特殊戦闘セリフがとてつもなく多くなっています。
戦闘を仕掛ければほぼ敵の組織名を喋ってくれますし、
援護のセリフもバリエーションが多すぎて全部聞くのは不可能に近いです。
私は援護セリフを聞くために全てのパイロットに援護攻撃を覚えさせる
(終盤に仲間になるスロットが全部埋まっているキャラにもムリヤリ覚えさせた)ので、
他のシリーズでもそうですが、「こんなセリフあるんか!」っていうのがすごく楽しいのですよ。

戦闘システムはOGシリーズ恒例の「ツインバトルシステム」を採用しています。
前作と異なり、インターミッションでツインユニットを組めるので、
感覚的には「K」や「L」の「パートナーバトルシステム」に近いですが、
分離・合流をほぼ自在にでき、しかも合流に気力制限が無くなったので、
ユニットの組み合わせの柔軟性はさらに高くなっています。

そして、今回の目玉のひとつとして、特殊攻撃「マキシマムブレイク」があります。
特殊技能「統率」を持つパイロットがメインのツインユニットを起点として、
別のツインユニットで援護すると、4機で同時に攻撃ができるというシステムです。
細かい条件が色々とあって発動させるのに手間がかかるのが難点ですが、
発動させれば敵の反撃を挟まずにフルボッコが可能であり、
序盤から大ダメージを狙えるシステムとなっています。
利点として援護攻撃を持っていないパイロットでも参加可能というのがありますが、
まあ私は前述のとおり全キャラに援護攻撃を覚えさせていたので、
その利点についてはあまり実感が得られませんでしたね…

また、「アビリティ」システムも新たに採用されています。
機体とパイロットにセットすることで攻撃力アップや命中率アップなど、
色々なボーナスが得られるシステムです。
…が、前回の「特殊弾」システムの時にも思いましたが、
数が少なくて組み合わせを考える余地が少ない感じになっています。
あと、換装武器の数も微妙に少なかった気がしますね。
種類は豊富にありますが、個数が少ないので奪い合いみたいな感じになっちゃいます。

他にも戦闘デモの早回しやSRポイント取得有無の表示、
特殊技能や特殊能力の発動有無の表示など、色々とインターフェースが改善されています。

ゲームバランスとしては、特に詰まるようなところはなかったですが、
終盤になるとそこそこ厄介な敵も多く出てきますので、難易度的には普通といったところか。
全体的に敵の攻撃力が低めに設定されているので、
リアルロボットでも1・2発くらいなら直撃を受けても耐えられますし、
スーパーロボットであれば底力も相まってボスの必殺技でも結構余裕で受け切れます。
それでいて味方機の攻撃力は基本的に高めに設定されています。
特にスーパーロボットはデフォルトで攻撃力5000を超える必殺技を持っているので、
特に武器改造を施さなくても最後までなんとかなりますね。
実際私は最後の最後まで一切武器改造を行いませんでした。
別に縛りプレイをしていたわけでもEXハードモードに備えたわけでもないんですが。

今回の特徴としては、命中回避が結構厳し目ですね。
特に命中率に関しては最後の手段「連続ターゲット補正」を活用しろと言わんばかりに
てんで安定しませんでしたね。「スパロボAポータブル」を彷彿とさせる感じ。
指揮官補正や信頼補正など、何らかの命中回避補正を受けないと
素の状態ではザコ敵相手ですら60%程度の数値になってしまいます。
90%を下回る命中率はスパロボではまったく信頼することができないので、
改造しない派のヒトでも照準値だけはおとなしく改造しましょう。
まだ照準値や地形適応を改善出来るだけ「Aポータブル」よりマシですが。


[機体・キャラクター]

私がプレイした中での使い勝手や運用法を総評していこうと思ったのですが、
アホみたいなボリュームになってしまった…っていうかまだ作成中で、
このままだとこの記事の掲載がさらに遅れてしまいますので、
機体・キャラ総評については次の更新に回すことにします。

ちなみに私は毎回「撃墜数調整プレイ」という、
微妙に縛りプレイくさいプレイスタイルでスパロボをやっているため、
誰かが飛び抜けて撃墜数が多くなることはほとんどありません。
そのため反撃での撃墜もほとんどやりませんし、無双プレイなんてもってのほかです。







まあこんなものでしょうか。まだまだいろいろと語ろうと思えば語れるけど、
これ以上やると収集がつかなくなりそうなので、このあたりにします。



というわけで、私の個人的ランクは「S」です。


待たされただけあってじっくりと、十分に楽しむことができましたね。
終盤の「第2次α」や「MX」の最終話シナリオではそれぞれの主題歌である
「SKILL」や「VICTORY」がフルコーラスで入ってて「こんなんアリか!?」って思いましたね。
いつか主題歌をバックにやれたらなぁとは思ってはいましたが、
今回ついにそれが現実のモノとなりましたね。まさか実現するとは…

そしてラスボスは久しぶりに登場したあの人。
まあ今回の敵組織の1つに「ガイアセイバーズ」があるのと、
中盤あたりから出てくるあの人がそのまんまな外見なので、
「スーパーヒーロー作戦」をやってたらとてもわかりやすいネタと言えるでしょう。
ってゆーか隠す気無いやろとツッコミを入れたくなるくらい。

いやもう、当分シミュレーションRPGやらなくてもいいくらいに堪能しまくりましたね。
若干燃え尽き感すらあるほどに。それほどまでに楽しかった!

…いつごろ2周目やろうかな…そういえば「魔装機神Ⅱ」の2周目もあったな…
もしくは「スパロボUX」の予行練習として「L」の2周目やるか…


テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。