スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1445話「ヱヴァQの感想書くよ! …見てないけど。」

どうもルイナです。

本日のネタはそこかしこで話題になってる「ヱヴァQ」の感想ですよ!





私、ヱヴァQ見てないけど。





見てないのに何をどう感想書けばいいのか?
ついこないだまでやってた「ガンダムAGE」の放送直後にツイッターで
「ガンダムAGE面白かった」って言ってその後にガンダムAGEとは全く関係のない
素っ頓狂なことを言い散らかすみたいなノリであるコトないコト言いまくればいいんですかね?


…と、自分で言っておきながら自分で疑問の淵に沈むという
近年稀に見るワケのわからん言動を重ねているわたくしルイナさんですが、
本日はヱヴァQの感想記事をお送りいたします。

…と言っても、今やってる劇場版を見てない私が何を語れるというのでしょう。
一応TV放映で「序」と「破」は見てますが。


そもそも、私は年齢的、年代的にはエヴァという作品はどストライクな世代でして、
TVアニメがリアルタイムで放送されてた頃から周囲ではなかなか流行ってましたが、
実のところ、私は一切エヴァのアニメを見ていなかったのです。
理由は流行りモノに迎合しない俺カッコイイ!みたいなアレではなくて、
単純にローカル局が映らなかったので見ようにも見れなかったというのがあったんですが。

そのままTVアニメを全く見ないまま、何故か友人に誘われて劇場版(今で言う「旧劇」)を
見に行ったんですが、当然ながら事前知識が完全にゼロでさっぱり理解できませんでしたね。
当時の私は何を思って映画を見に行こうと思ったのか。

その後、漫画を読むようになったんですが、1年に1冊出るか出ないかのアレなので、
読んでもすぐに忘却の彼方に追いやられる始末。
でもってスパロボやるようになって、スパロボに出てくる程度の知識は覚えるようになって、
そして今に至るというわけです。


で、本題の「ヱヴァQ」の感想ですが、ちょっと趣向を変えまして、
アニメの内容ではなく、俯瞰した時の周囲についての感想を言ってみるとします。

こないだ公開されたばかりですが、もう既にとんでもないほど動員したと聞いています。
ちょっと前まで「魔法少女まどか☆マギカ」の劇場版がどうとか言ってたのが
遥か過去のようです。ちなみにどうでもいいですが私はまどマギ映画も見てません。
アニオタにあるまじき存在か…?

それはともかく、公開されてからこっち、私の巡回範囲でも非常にたくさんのヒトが
劇場版を見に行ったようで、それぞれ個々に感想を述べていますね。
今更巡回範囲で見た感想記事を並べ立てるようなことはしませんが。

内容については私は見てないのでそもそも語る気もありませんが、
こうやって巡回してて各々の感想記事をチラ見していて私が思ったのは、

「こんなにたくさんのヒトがエヴァ見てるのに、何で巷で話題にならないんだろう?」

と。

「巷で」っていうのはネットの流行じゃなくて、実生活、要はリアル世界での話ですが。

いや、だって、ネットで見る限りめっちゃたくさんのヒトがエヴァの映画見てますよ?

そんなに見てるんだったら、私のリアル実生活においても、
見に行ったとかまだ行ってないとかいった話が聞こえてきてもいいじゃないですか。

「わけがわからんかった」というそれなりによく聞くであろう感想すら一向に耳にしないですよ。

なんでだろうか?と。

アレか、「エヴァ見に行ったよ!」なんてリアル生活で言った日には、
アニメとか2次元系統が好きだといういわゆる「そっち系」のレッテルを貼られてしまい
ヲタ認定された後に人間の深層心理にあると言われる他人のランク付けカースト制度において
最底辺に落とされてしまい後ろ指をさされることを恐れて、
見に行っててもそれをおいそれとクチにすることは出来ない…みたいなアレか?

…まあこの感覚はちょっとひねくれすぎのような気もしますが、万が一そうだったとしたら、
エヴァほど大盛況してかつ観客動員数もとんでもなく多く見込めるアニメをもってしても、
まだまだ「アニメ」の「ランク」ってそんなもんかって思っちゃいますね。
「ドラマ」とはえらい違いのような気がしますよ。

ジブリ作品とサザエさん以外のアニメは一般人が見るモノではないのかなぁ。


テーマ : ヱヴァンゲリヲン新劇場版 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。