スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第137話「誰が為に記事を書く」

こんにちはみなさま。私がルイナです。

ゴールデンウィーク直前のラストスパートでか知りませんが疲労が蓄積されているので、
ここはひとつネットの海を騒がすホットな話題に便乗してお茶を濁したいと思います。



さて、今回のネタは昨日紹介したこちらの記事、

ブログのアクセスアップに必要な3つの“S” 「Half Moon Diary」

こちらの記事がうねうねと巻き起こした荒波に巻き込まれようと思います。

昨日はニュースサイト更新ということもあり、ネタにするに留めましたが、
どうやらこのエントリーを元として各所で言及されているみたいですので、
私もそれに乗っかってやろうと思いたった次第です。



私が今回気になった部分はこちら。

世間では「一番のアクセスアップ方法は面白い記事を書き続けることだ」
などと言われているようですが、自分はそう思っていません。
なぜなら、クソ面白くない記事ばかりアップしているブログでも、
平気で数百、数千単位のアクセスを集めてしまったりするからです(暴言
いや、もちろんまっとうに面白い記事を載せてるウェブサイトだってたくさんありますが。

しかし、この記事を見てくださっている皆さんは、ニュースサイトから
リンクされている記事をクリックして読んでみたら思ったよりつまらなくてがっかりした、
という経験をお持ちではありませんでしょうか。(後略)


別に否定したいわけでは決してありません。むしろよくあると思います。
てゆーか私もこんなことを思っちゃったりしますし。



…さて、ここで考えるのは、ブログの面白さとは何なのか?ということです。

ぶっちゃけて言ってしまうと、面白さなんてものは定型的に決められるものではないのです。
まさしく人それぞれな部分が多分に含まれており、かなり恣意的なものであるのです。


まずは、どんなブログが面白いのかを考えてみましょう。

人が面白いと感じることは、その人個人の感性であります。
言うなれば人によって感じ方が違うのですね。
ある人は漫画ネタが好きでも、他の人は見向きもしないなんてことはよくあるのです。

そう考えると、どんなブログが面白いかは自ずとわかってくるでしょう。
自分にとって面白いブログはなんなのか?どんなネタが好きなのか?
まさしくこの部分を考えるのです。
すなわち、自分自身をプロファイリングするのです。
それにより自分にとって面白いと感じるであろうブログの傾向が掴めて、
その方向でブログを探すので自分にとって面白いブログに出会いやすくなるのです。
あくまで、「自分にとって」ね。他人にとっては知りません。心を読めるわけじゃあるまいに。


そして上記を満たす最たる存在が「個人ニュースサイト」なのです。
そう…個人ニュースサイトで紹介されている記事は、
そのニュースサイターの趣味・嗜好の顕れなのです。

個人ニュースサイトで掲載されている記事なんて、
所詮はその中の人が面白いと思ってピックアップしたものです。
だからこそ、ニュースサイトで紹介される記事があまり面白いものではないという状況が
起こったりもするのです。
どれだけ特定のニュースサイトが好きであれども、ハズレをひくことはままあるのです。


次にテキストブロガー側からも面白いブログとは何かを考えてみましょう。

この場合も上記と同様に考えることができます。
ブロガーが文章を書くとき、それが新規記事であれ言及記事であれ、
自分が共感できる、もしくは興味を持った事柄について文章を起こすのです。
語りたくもないことについて記事を起こすなんて人はめったにいないでしょう。

言うなれば、ブロガーがアップしたエントリーは、
そのままブロガーの興味や思考を反映しているといえるのです。
転じて、そのブロガーが好きな記事・文章になるのです。
人の趣味・嗜好はそれぞれ違いますことから、万人にとって面白い記事というものは
なかなかないのです。


でも、それはそれでいいのだと私は思います。


あまねく人間が異なる趣向を持っている中で、すべての人間を満足させられるような
記事・文章など存在しないといってもいい。
それは個人ニュースサイトが記事を紹介する際にも同じです。
すべての読者に対して有益な記事を提供することはどだい無理な話です。



誰のために記事を書くのか?一体誰に向けて発信するのか?


全ての読者をターゲットにしても照準は定まりません。
ならば、自分のブログを好きでいてくれる人をターゲットにしましょう。
そうすると当たりやすい。面白いと思われやすい。
さらにいうなら、究極的にはターゲットは自分。命中率100%です。
自分に向けて記事を書けば外れはないといえるでしょう。



途中から話の方向が反れてきた気がしますが、まとめてみましょう。


どんなブログが面白いのか?

それは、自分が好きなネタについての記事。




…ものすごく当たり前なことを実に長ったらしくくどくどと駄文にしたルイナでした。




関連:各所の言及記事。一部別。

人を呼びたいなら高みに立つな 「ネットの片隅で適当なこと書く人のブログ」
いちおう気をつけてはいるんですけどね、軟らかな表現をとることを。
自分自身、あまり高圧的な文章は好きくないってのもありますし。
ただ、難しい言い回しは結構好きってところがあるのも
厄介なところだと自分では思っているんですよね…


アクセスアップに必要な事は何? 「明日は明日の風が吹く」様の「ひとりごと」
私もタイトルの時点では取捨選択はしないですね…と言いたいところですが、
まあ羅列型ニュースサイトの紹介記事はスルーしたりもしますけどもね。
それでも私のスタンスとしては、斜め読みでも目を通して、
特別に面白いと感じた、もしくは気を引いた記事・文章だった場合に
もういちど精読してみて、コメントと共にこのブログで紹介しています。
宣伝力とかより何より、「面白い」と思わない記事を紹介したりはしませんね、私は。


たとえアクセス数が増えても、面白いことを書いているという確証はどこにもないわけで
「空気を読まない中杜カズサ」
他人や読者にとって面白いかどうかはもうどうしようもないですが、
自分にとって面白いかどうかは判別つけることができますよ。
その基準に従って、私は記事を書くのです。
ぶっちゃけて言ってしまうと、他人や読者や一見さんがどう感じようが関係ない。
私は、私が面白いと胸を張って答えられる記事を紹介するし、
私は面白いと思ってテキスト(駄文)エントリーをアップするのです。


自覚しよう、「万人ウケ」を目指す時代は終わったのだと。 「Thirのはてな日記」
人間は誰しも自分自身のみの趣味・嗜好を持っているものです。
その振れ幅も人によって異なります。
だからこそ、誰にも当てはまるというものはありえないといえるかもしれませんね。





次回予告ッ!
どんなに疲れていても日々の巡回を欠かさない管理人!
しかし脳ミソに血が回らないせいか、全然記事がヒットしない!
このままでは白紙でうpしてしまうではないか!!!
次回、「ニュース・ZERO」!ニュースサイトとしてあるまじきことに!!?

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント

こんにちわ♪

突然失礼します。
気になったのでコメント残させていただきました。
よかったら私のブログにも遊びに来てくださいね^^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。