スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1325話「きっとアイドルになれないお前たちに告げる」

どうも、48手の使い手たるルイナです。

何の?と聞かれてもお答えすることは出来ません。

…などと意味不明かつしょーもないネタで来るときはいつも通りの展開になるのです。


さて、話は全く別になりますが、今や日本の歌手グループで最も勢いがあるのは「AKB48」です。
かつてデビューした当初は非常に局地的なユニットでして、
初期ではAKBを好きだなんて言ってしまえばたちまちイロモノ扱いされること必至でしたが、
今や大手を振って宣言できますね。世の中の流れはわからんもんです。
結成当初のAKBは今で言うと「ももいろクローバーZ」みたいなもんか。

で、その人気にあやかってかどうかは知りませんが、
各地でいろんな48が結成されていますね。NMBとかSKEとか。
それはガンダムに対するガンガルとかロッテに対するロッチとかたまごっちに対するギャオっちとか
そんな感じの勢いを醸し出しています。

まあそもそも私は歌をほとんど聞かないので、ぶっちゃけAKBとかその他のユニットとかが
どんな感じになっているかとかチーム分けがどうかとか全然わからないですし、
誰がセンターとかそれ以前に誰がいるのかすら全く理解してなくて、
名前と顔が一致しないとかそんなレベルにすら達していないわけですが、
いろいろ露出しているのを見て、ふと思ったんですが、

「アイドルってどれだけいるんだ?」

っていうのが疑問と言うか単純に気になっちゃいまして。

いや、だってAKBだけでも48人いる(どころか今は60人くらいいるらしい?)し、
その他のグループもそれだけの人数いる(混ぜこぜになってるらしい?)し、
なんかもうワケがわからんくなってきまして。

仮にAKBとNMBとSKEが48人の所帯だとしたら、
それだけで144人の「アイドル」が活動していることになります。
そんなんでよく飽和しないなーとか思って。

で、あまり知らない私が言うのもなんですが、
150人近く存在する(?)アイドルの中でも、注目されるのってごく一部じゃないですか。
いわゆる「センター」って言われるようなヒト。
それってやっぱり「選抜」されてるわけで、まあ10人いるかいないかじゃないですか?
それ以外はそれこそディープなファンくらいしか逐一把握してなくて、
「その他大勢」くらいの認知度しかないように思えるのです。たぶん。

おそらく普通のアイドルグループだと、AKBとかでセンターを張るレベルのヒトが「アイドル」で、
それ以外のヒトは「最終選考落ち」みたいな扱いなんでしょうね。
そうなると「アイドル」と呼ばれるのは選ばれたメンバーだけで、
それ以外の「最終選考落ち」以下のヒトは「ただの一般人」なわけです。
でもAKBとかだとそうはならなくて、通常のアイドルグループだと最終選考落ちレベルのヒトでも、
センターにはなれなくても「メンバー」として扱われるわけで、
それはすなわち「アイドル」という称号を得ていることになるわけです。

だから、この世にたくさんいるであろう「アイドルを夢見る女の子」に対して、
「アイドルという称号の間口を広げている」のですね。
アイドルを名乗ることが出来なかったヒトでも名乗れるわけで、
すなわち閾値を下げているのです。
それでいて数が多いということはディープなファンのコレクター的な収集癖をくすぐるので、
人心掌握という観点から見ると実に計算されたシステムになっているなぁと思うわけですよ。


そう、AKBその他様々な「48」のグループのシステムとは、すなわち、

「きっとアイドルになれないお前たちに告げる生存戦略」

ということなのですよ!








…なんかヒドい暴言を吐いたような気が…




次回予告ッ!
人は苦行に耐えることで奥底に秘める力を解放する。
ただし解放されなければその苦行は身を痛めつけるのみと化す。
次回、「ゴマ」! アザラシではない。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。