スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1315話「スイープ・メモリィ2011」

今年もあと12時間! というわけでルイナです。

本日が正真正銘2011年ラストの更新となります。
そこで、本日は年末に行う行動のひとつである大掃除にかけまして、
このブログをちょっと整理したいと思います。
要は、今年書いてきたテキストのまとめを行おうといった魂胆です。
ええ、毎年やってるアレですとも。冒頭のセリフはほぼコピペですとも!

まとめといえば去年までは色々なまとめ記事を作ってましたが、
今年はロクに出来ませんでしたね。
こういう状況を見ても、如何にショボくなっているかが如実にわかるというものですね。







第1044話「オープニング・メモリィ Ver.2011・1st」
第1113話「インプレッション・メモリィ Ver.2011・1st」
第1125話「オープニング・メモリィ Ver.2011・2nd」
第1187話「インプレッション・メモリィ Ver.2011・2nd」
第1200話「オープニング・メモリィ Ver.2011・3rd」
第1264話「インプレッション・メモリィ Ver.2011・3rd」
第1270話「オープニング・メモリィ Ver.2011・4th」
第1318話「インプレッション・メモリィ Ver.2011・4th」
今年のアニメ感想記事です。
また今度総括的な記事を作成する予定です。


第1052話「レトロスペクティブ・ゲーム Part2」
このサイトでもたまに話題にする「昔のゲームは良かった」うんぬんかんぬんの話です。
そうは言うけど、ゲームを主にプレイする世代である今の小中高校生に対しても
それが通ると思いますか?
ぶっちゃけた話、昔のゲームなんて客観的に見ればグラフィックもショボいし
システム周りや操作性も悪すぎるし、難易度調整もロクにできてないようなモンですよ?
昔のゲームがいいなんていうノスタルジーな意見はマイノリティなんです。

ちなみにPart1はこちら。あまり関連性は無いけど。
第436話「レトロスペクティブ・ゲーム」


第1057話「リメイク・メモリィ」
第1052話の続きのような記事です。
昔のゲームが良かったって言うからリメイクしたのに、
「制作費抑えて儲けようとしている」とか、「新しいゲームを作ろうとしない」とか、
あまつさえ「昔の栄光を利用している」とか、文句ばかり言ってますよね。
それでいて完全新作を作ったら「クソだ」とか「新しいゲームを作る力はない」とか、
やっぱり文句ばかり言ってますよね。じゃあ何がやりたいねん。


第1099話「IMPRUDENT MOOD」
東日本大震災から半月後の記事。
もしもあのクラスの大災害が九州とかで発生していたとしたら、
報道はあそこまで特別体制を敷いたでしょうか?


閑話55「るいんずめもりぃ?」
第1101話「真実も嘘も見えないままで(前編)」
第1102話「真実も嘘も見えないままで(後編)」
毎年恒例の4月1日エイプリルフールネタと反省会。
来年は出来るかどうか…


第1108話「こっちとこっち、あなたはどうしたい?」
相談された場合にどう答えればいいのかを検討する記事です。
とはいえ、人間というのはゲンキンなもので、迷っているといっても
心の奥底では既に自分自身としての答えを選んでいるのです。
それにもかかわらず相談してくるというのは、
自らの選択に対する責任を少しでも分散させたいがためなのです。
自分一人で決めたらその責任は自分一人が100%負わなければなりませんが、
誰かに相談した時点で、「その誰かに責任の一部を担保させる」事になるのです。
要は「ヒトのせいにできる環境を構築したい」という潜在意識の顕れなのですよ。


第1110話「スーパーロボット大戦Z プレイ感想」
第1144話「第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 クリア!」
第1146話「スーパーロボット大戦L クリア!」
スパロボの感想記事です。
で、第2次Z再世篇の発売…っていうか情報公開はいつですか?


第1119話「Magia・Magica」
第1242話「Achievement Gate」
アニメの個別感想記事です。
第1119話は「魔法少女まどか☆マギカ」、第1242話は「Steins;Gate」です。
っていうか、感想と言うより解説ネタになっているような気が…


第1133話「ココロのスキマは埋めるべき?」
「失敗をするためには無駄を無くせばいい」という意見から転じて、
「成功を収めるためには無駄を織り込むべき」という意見に展開した記事です。
バッファを計算に入れておくということですね。
だというのに、現実は「全てが理想的な運び方をした場合」しか想定することを許さない。
それでいてちょっと計算が狂って失敗してしまったら烈火のごとく叱責される。
バッファを計算に入れたスケジュールを提出したら一蹴したのは誰なのさ。


第1142話「機械仕掛けの宴 第二幕」
第2次スパロボOGが発表された時のニュース更新です。
採り上げた全ての記事が第2次OGの記事になっているというネタでもあります。
で、いつになったら発売日が確定するんですか?


第1150話「ダイバーティング・オア・アンファニー」
ネガティブなことを言いたくなるときもあるという記事です。
愚痴もそうですが、吐き出してしまうことで自分の中の黒い澱みが取り払われて、
スッキリさせる効果もあるということですね。
投げつけられた方はたまったもんじゃなくなることもありますが。


第1156話「COMSUMMATION CONTENTS」
新しいモノが見つからないことに対する応えのような記事。
自分の部屋でジッとしてても、そりゃあ新しい出来事なんて発生しないですよね。
探しに行かなければ見つかるものも見つかりません。
…とは言うものの、探しに行くという行為はジッとするよりも当然エネルギーを消費します。
そこを天秤にかけて、どうするか判断しましょう。
ただし、何もしてないのに文句だけ言うのはやめましょうね?


第1166話「誰が言ったかその台詞」
言葉を名言たらしめる要素は発言者が有名であるかどうかです。
ネットやブログ等の普及によって「誰が言ったかよりも何を言ったかが重要視される」という
言論を展開しているのを目にすることがそれなりに多くなりましたが、
そんなモノはまだまだ幻想の域を抜け出していませんよ。


第1174話「オリジナルVSイミテーション」
第1166話の続き。
「替え玉更新」はどこかが実施してくれないかなーって、
それこそサイト始めた頃くらいからずっと画策しているネタなんですけどね。
有名なサイトとそうでないサイトの中の人が入れ替わって、
互いのサイトで記事を書いて反応を見てみるってネタです。
ほぼ100%、内容は関係なくサイトの知名度で判断されるでしょうけど。


第1183話「GLOW OF GROWL」
「怒り」に関する記事です。
余程のことがない限り、怒るという行為は打算を含んでいます。
その真の意図は「怒りを表明して相手をビビらせ、自分の意見を飲ませる」こと。
飲ませられない相手や自分にマイナスが発生する場合には決して怒ることはありません。


第1185話「3rd PARTY」
第1195話「オーバー・ザ・ボーダー」
ブログ企画「No Border」の参加表明記事です。
各お題の感想は以下のまとめ記事にてどうぞ。


第1208話「Chapter.1 怒髪天のサンダーシャウト」
第1214話「Chapter.2 水面下のアクティベート」
第1220話「Chapter.3 千差万別のシャングリラ」
第1226話「Chapter.4 三千世界のランダマイザー」
第1232話「Chapter.5 変革のアップルシード」
第1238話「Chapter.6 昇天のデザイア」
第1244話「Chapter.7 混沌理論のセブンスセンス」
第1250話「Chapter.8 臨界突破のテクノブレイク」
第1254話「Chapter.9 厚顔無恥のフェイス」
第1258話「Chapter.10 猪突猛進のブラインドラヴァー」
第1262話「Chapter.11 存在証明のテスタメント」
第1268話「Chapter.12 黎明のワールドワイドワード」
第1274話「Chapter.13 延長線上のファイナライズ(前編)」
第1286話「Chapter.13 延長線上のファイナライズ(後編)」
こちらが各お題の感想記事です。
それにしても私の記事(特にタイトル)は厨二病過ぎて浮きまくっているな…(;・∀・)


第1282話「No Border Fiesta」
第1283話「No Border Fiesta (番外編)」
そしてこちらは参加者の打ち上げオフ会に参加した時のレポート記事です。
当然ですが初めて会うヒトばっかでキング・オブ・チキンハートな私としては
心拍数ダダ上がりでしたよ。


第1222話「濡れたサンクチュアリ」
3度のメシよりスク水を愛するサイト「すくぅうみうぎ」さんにて行われた企画、
「2011スク水自由作品コンテスト」に対する一言感想を述べた記事です。
私は「伝えたい想い」というテーマがどうしても浮かばなかったのでパスしました。


第1248話「唯我独尊のサティスファイド」
「ソーシャルゲーム」からネトゲーに関する私の意見を述べた記事です。
このサイトでも何度か言ってますが、私のポリシーとして、
「ゲームは一人(独り)でプレイするもの」というモノがあります。
ソーシャルゲームやネトゲーって、この理念を完全に否定されてしまうゲームなんですよ。


第1252話「英雄伝説 零の軌跡 プレイ感想」
タイトル通り、「英雄伝説 零の軌跡」というRPGの感想記事です。
そういえばこの続編の「碧の軌跡」クリアしたけど感想書いてないな…


第1266話「信じる者は救われる。信じる者はそれが自らのみに都合の良い存在であると信じている。」
黒ルイナ炸裂エントリー。
もしそれでダウンしてしまったら「大勝利!」って言うんだろうか?
それを永遠に繰り返して、誰もいなくなるまで続けるのだろうか?


第1302話「バズワード・メモリィ2011(前編)」
第1304話「バズワード・メモリィ2011(中編)」
第1306話「バズワード・メモリィ2011(後編)」
第1309話「バズワード・メモリィ2011(延長戦)」
「流行語大賞」に関するネタ記事です。
これもなんだか解説芸みたいになってしまっているな…


第1313話「テンカウント・メモリィ2011」
2011年まとめ記事です。
去年は6つもまとめ記事を作っていたんですが、今年は1つか…







今年は右のプラグインにある「ピックアップ記事」を全然メンテナンスしてなかったので、
最初から掘り起こすところから始めましたよ。
後半になるに従いリアルの状況と相まってテキスト記事が作れなくなってきたので、
選出できるほど記事作ってたかな…って思ってましたが、
やってみれば案外ピックアップできるものですね。


それでは、今年の更新はこれで本当にオシマイです。
皆様、今年は残りわずかですが、良いお年を。



次回予告ッ!
元日から更新を行う管理人!!!
毎年言ってるけど、年末年始はよっぽどヒマなんだな!!!
次回、「あけますことしく2012!」! アケオメコトヨロ?んなもん既に死語だ!

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。